<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
醸し人九平次 吟醸 山田錦[萬乗醸造]
f0138598_835531.jpg


醸造元:株式会社萬乗醸造
URL:http://kuheiji.co.jp/
住所:名古屋市緑区大高町西門田41
電話:052-621-2185
創業:寛政元年(1789)

使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
購入価格:720ml:1,575円(税込み)

江戸時代から続く東海道の旧道に沿って往事を偲ばせる宿場町のような古い伝統的な町並みが残る名古屋市緑区の有松と鳴海地区。その南西に接する大高地区もまた伝統的な佇まいの酒蔵が集まる場所です。

この地は古くから知多半島や東日本へ通じる交通の要衝として開け、中世には当時今川義元の配下であった松平元康(徳川家康)が「兵糧入れ」をおこなったことで知られる大高城の城下町でもありました。江戸時代には農商兼業が多く酒造業の盛んな地域で、大高焼という陶器も焼かれていたといいます。

現在も3軒の酒蔵が集まるこの大高の地で、彗星の如く現れ今や全国的な知名度を誇る愛知県、いや東海地方を代表する銘柄となった銘酒『醸し人九平次』を醸す萬乗醸造の創業は江戸時代中期の寛政元年(1789)。

代々の当主が「九平治」を名乗る久野家の9代目から日本酒を造り初め、現在は蔵元・杜氏・ほか平均20代の蔵人で吟醸・大吟醸酒のみのお酒を造る約800石の小さな酒蔵です。また伝統的な佇まいの蔵、及び付帯施設はみな国の登録有形文化財に指定されています。
この蔵を知ってから8年。なかなか触れる機会がありませんでしたが、ついにその時が来ました。栓を開けるときは緊張しました。

ああ、お米のお酒、と口に広がる落ち着いたフルーティーさを感じる間にさっと引いていくキレ。ほのかな果実の香りと酸味。価格もリーズナブルでラベルのバリーエーションもいろいろ飲んでみようと思わせます。やっぱりうまかった。うまいです。

お気に入り度:4


一路一会>東海>愛知>大高

↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒


[PR]
by tztom | 2008-02-27 07:55 | 愛知 | Comments(0)
初亀 吟醸 富士山 酒門 [初亀醸造]
f0138598_8142052.jpg


醸造元:初亀醸造株式会社
URL:http://www.nipponnosake.com/kuramoto/hatsukame/
住所:静岡県志太郡岡部町岡部744
電話:054-667-222
使用米:富山産雄山錦
精米歩合:55%
日本酒度:+2.0
酸度:1.2
アミノ酸度:-
購入価格:720ml:1,260円(税込み)

岡部は東海道五十三次のうち江戸から22番目の宿場町。初亀醸造は初め現在の静岡市で江戸時代初期の寛永12年(1636)に創業し、明治初年に現在の岡部町に移転した歴史の古い酒蔵です。
静岡県を代表する全国的に有名な酒蔵。

この蔵の酒は全体的に酸が少ないようですが、この吟醸酒富士山は一言で「キレイ」。やわらかく、静かでほのかな甘み。それでいながら深いキレ。シルキーなのどごしの上品なお酒です。うまい。うますぎる!!

お気に入り度:5


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-02-27 07:49 | 静岡 | Comments(1)
じょっぱり 吟醸酒 [六花酒造]
醸造元:六花酒造
URL:http://www.joppari.com/
住所:青森県弘前市大字向外瀬字豊田217
電話:0172-35-4141
精米歩合:60%(華吹雪)
日本酒度:+5.0
酸度:1.2
アミノ酸度:-
720ml:1,365円(税込み)
弘前市中心部郊外に建つ大手の蔵。昭和47年に3社が合併して誕生。
「じょっぱり」とは津軽弁の一つで、「意地っ張り、頑固者」の意味。
大手らしい商品展開と首都圏でも知られる知名度のある酒。
飲んだ感想として・・・まずきれい。なんか素直で深みがありながらも爽やかな酒。
結構の見飽きしないかも。こういうお酒も好きだったんだとあらためて感じました。
お気に入り度:4
f0138598_19152291.jpg


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-02-25 20:35 | 青森 | Comments(0)
白神 山廃本醸造 [白神酒造]
醸造元:白神酒造
URL:なし
住所:青森県弘前市大字米ヶ袋字村元22
電話:0172-86-2106
精米歩合:63%(華吹雪・むつほまれ)
日本酒度:+5.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
720ml:1,070円(税込み)
岩木山の南麓、世界遺産「白神山地」の入口に建つ蔵。
やや琥珀色。上品な淡麗辛口。料理をじゃませず、淡麗だけどこってりした肉料理にも負けずに合いそう。飲み飽きしないお酒でもあります。
お気に入り度:4
f0138598_19155064.jpg


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-02-25 20:31 | 青森 | Comments(0)
龍勢 初しぼり 蔵生原酒 吟造り純米無濾過生[藤井酒造]
f0138598_519916.jpg


醸造元:藤井酒造株式会社
URL:なし
住所:広島県竹原市本町3-4-14
電話:0846-22-2029
使用米:八反錦
精米歩合:60%
日本酒度:+7.0
酸度:-
アミノ酸度:-
購入価格:720ml:1,470円(税込み)

瀬戸内海に面した「安芸の小京都」と呼ばれる竹原は製塩業で栄えた町で、また海運が盛んだった時代には「安芸の小灘」ともいわれ、今もなお重厚な伝統的な古い町並みが多く残り映画やドラマのロケもしばしば行われています。早くから酒造りが盛んな地で、江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。
伝統的な古い町並みが残る本町地区には、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝の生家でしられる竹鶴酒造とこの藤井酒造があります。

メインストリートから一本裏手の水路沿いに建つ白壁の藤井酒造は明治40年(1907)の創業で、今は町の観光案内所として一般開放しています。酒銘の『龍勢』は蔵の裏山の龍頭山の湧水で酒を醸したことにちなむとか。

マンゴーのような香り、マスカットのような風味が口に広がり、後からピリリとした辛さがきてドライな余韻。
非常に濃醇でいて、キレもある。炭素ろかしていないので、野趣あふれる酒。やや荒いかも。ロックがいいいかも知れません。

お気に入り度:3



関連地域情報「一路一会」山陽>広島>竹原

おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-02-25 07:48 | 広島 | Comments(0)
出羽ノ雪 寛造り槽前酒 本醸造生[渡會本店]
f0138598_7341123.jpg

醸造元:株式会社渡會本店
URL:http://www.net.sfsi.co.jp/watarai/
住所:山形県鶴岡市大山2-2-8
電話:0235-33-3262
創業:元和年間(1615~24)

使用米:雪化粧
精米歩合:63%
日本酒度:+1.0
酸度:-
アミノ酸度:-
720ml:1,000円(税込み)

庄内地方の中心都市である鶴岡市は江戸時代より酒井家庄内藩(鶴岡藩)17万石の城下町として発展した町です。その鶴岡市の西郊外に大山という町があります。

この大山は江戸時代初期より幕府直轄地「天領」の町として栄え、酒造りも盛んで最盛期には約40軒もの酒蔵が軒を連ね、広島の西条、神戸の灘と並び「東北の小灘」と称せられた出羽の酒どころでした。現在も4軒の酒蔵が残ります。

大山川近くに蔵を構える『出羽ノ雪』の渡會本店の創業者、渡會(わたらい)新右衛門氏の祖先は、伊勢国(三重県)の度会郡(わたらいぐん)よりこの地に移住してきたそうです。

f0138598_21332516.jpg

創業は江戸時代初期の元和年間(1615~24)で当時の屋号は『橘屋』、銘柄は『志ら雪』『八薫』『冨士正宗』といったもの。

しかし明治になって他社との商標が重なるという問題が現れ、主力銘柄だった『志ら雪』を他社が先に商標登録してしまった為に、現在の銘柄『出羽の雪』になりました。

酒蔵資料館も併設しています。

本醸造の生酒。水の如く自然でいながら存在感があり、新潟の酒に近い感じですが、やや濃醇な辛口酒で生酒らしいみずみずしさがあります。山形らしい酒です。うまいです。

お気に入り度:3


昭和24年創業・山形の地酒なら株式会社丸俊「まるごと山形」


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!





[PR]
by tztom | 2008-02-22 22:29 | 山形 | Comments(0)
栄光冨士 しぼりたて本醸造生 仙龍[冨士酒造]
f0138598_7361974.jpg

醸造元:冨士酒造株式会社
URL:http://www.e-sakenom.com/
住所:山形県鶴岡市大山3-32-48
電話:0235-33-3200
創業:安永7年(1778)

精米歩合:60%(美山錦)
日本酒度:+2.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
購入価格:720ml:1,250円(税込み)

庄内地方の中心都市である鶴岡市は江戸時代より酒井家庄内藩(鶴岡藩)17万石の城下町として発展した町です。その鶴岡市の西郊外に大山という町があります。

この大山は江戸時代初期より幕府直轄地「天領」の町として栄え、酒造りも盛んで最盛期には約40軒もの酒蔵が軒を連ね、広島の西条、神戸の灘と並び「東北の小灘」と称せられた出羽の酒どころでした。現在も4軒の酒蔵が残ります。

冨士酒造は江戸時代中期の安永7年(1778)創業で、大山メインストリート沿いに建つ、黒い重厚な旧家の建物は映画やドラマのロケでも使われています。この冨士酒造の創業当時の屋号は「加茂屋」。

f0138598_21323758.jpg

蔵元の加藤家は元々はこの地の庄屋ですが、その祖先は戦国武将、加藤清正だそうです。

仙龍は生酒らしい、濃醇なフルーティーさと初々しさと、とがったような酸味が同居する、荒々しい酒でした。
飲み応えはありますが、ちょっと疲れました。ロックにするとちょうど良いかも。

お気に入り度:3

昭和24年創業・山形の地酒なら株式会社丸俊「まるごと山形」



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!





[PR]
by tztom | 2008-02-22 16:10 | 山形 | Comments(0)
特別純米 大雪の蔵 [合同酒精]
f0138598_16474010.jpg


醸造元:合同酒精株式会社(旭川工場)
URL:http://www.oenon.jp/index.html
住所:北海道旭川市南4条通20-1955
電話:0166-31-4131
使用米:-
精米歩合:55%
日本酒度:+4.0
酸度:1.7
アミノ酸度:-
720ml:985円(税込み)

一大酒造・バイオ関連グループ「オエノン」の傘下で酒造部門の一翼を担う合同酒精。この合同酒精自体も全国各地の酒蔵を合併・統括する大メーカーです。創業は大正13年(1924)で、北海道内の焼酎蔵、神谷酒造旭川工場・東洋酒精醸造・北海道酒類・北海酒精の4社合併によって誕生しました。の後は全国の酒蔵を買収して傘下に収め、2003年にオエノンホールディングス株式会社に社名変更しました。
現在の合同清酒はその時分社化された醸造部門です。

ほのかに乳酸香。飲み口は甘く、ライトなふくよかさ。非常に安定した灘の大手のような、当たり障りの無い「さらり」とした酒。すっきり淡麗辛口的な、飲み飽きしないうまい酒です。

お気に入り度:3

おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-02-22 11:39 | 北海道 | Comments(0)
鷹来屋五代目 純米吟醸[浜嶋酒造]
f0138598_1165896.jpg


醸造元:浜嶋酒造合資会社
URL:http://www.takakiya.co.jp/
住所:大分県大野郡緒方町下自在381
電話:0974-42-2216
使用米:若水・山田錦
精米歩合:55%
日本酒度:+4.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
購入価格:720ml:1,575円(税込み)

浜嶋酒造のある大野郡緒方町(現・豊後大野市)は大分県の南部山間部に位置する町で、ほぼ全域が祖母傾国定公園内にある農村地帯です。江戸時代には岡藩(竹田)の重要な穀倉であり「緒方五千石」と呼ばれていました。緒方平野には江戸時代初期に開削された水路の「緒方井路」が張り巡らされ、水田を潤しています。この風情ある水路沿いに2軒の酒蔵が並んでいます。浜嶋酒造の創業は明治22年(1889)で、当時鷹が浜嶋家によく飛来してきていたことから屋号を『鷹来屋』としました。

蔵元五代目・浜嶋弘文が自ら杜氏となり、昔ながらの道具と製法で醸した酒というふれこみ。
品があり、ほのかに甘い香り。名水のように透明感がありつつも清冽な味、稟とした飲み口。うまいな〜、うまい!!

お気に入り度:4


関連地域情報「一路一会」北九州>大分>緒方

鷹来屋五代目 特別純米酒 手作り槽しぼり

f0138598_1141555.jpg


使用米:レイホウ・山田錦
精米歩合:55%
日本酒度:+5.0
酸度:1.4
アミノ酸度:0.8
720ml:1,260円(税込み)

ヨーグルトのような香りで、まろやかな風味ながらも、ほどよく心地よい酸味と後半はキリッと引き締まる酒。
燗にするとさらに丸みがでて、まろやかさも倍増。しかしキレがある。うまいな〜。

お気に入り度:4


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-02-22 10:56 | 大分 | Comments(0)
丹誠 純米吟醸[丹誠酒造]
f0138598_5461045.jpg


醸造元:丹誠酒造株式会社
URL:http://www14.plala.or.jp/tansei/
住所:大分県大野郡緒方町下自在519-1
電話:0974-42-2125
使用米:山田錦・こいごころ
精米歩合:40%
酸度:-
アミノ酸度:-
購入価格:720ml:1,575円(税込み)

浜嶋酒造のある大野郡緒方町(現・豊後大野市)は大分県の南部山間部に位置する町で、ほぼ全域が祖母傾国定公園内にある農村地帯です。江戸時代には岡藩(竹田)の重要な穀倉であり「緒方五千石」と呼ばれていました。緒方平野には江戸時代初期に開削された水路の「緒方井路」が張り巡らされ、水田を潤しています。この風情ある水路沿いに2軒の酒蔵が並んでいました。浜嶋酒造のすぐ近くに構える丹誠酒造。
昭和46年に朝地町の牟礼鶴酒造と、緒方町の吉良酒造の共同瓶詰、販売場として設立され現在に至ります。
酒銘であり屋号でもある『丹誠』は丹誠込めて造る志を表したもの。

ほんのり柑橘系の香り。やや褐色。淡麗旨口。
おどろくほどクセが無く、そしてやわらかく、ほのかな甘味。うまい。

お気に入り度:4


関連地域情報「一路一会」北九州>大分>緒方

おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-02-22 10:45 | 大分 | Comments(0)



私の飲んだ地酒(日本酒)と酒蔵の記録
by tztom by 太泉八雲
カテゴリ
タグ
全国各県の地酒が買える店
外部リンク
お気に入りブログ
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
人気ブログランキング
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
真稜(しんりょう)「純米..
from 日本酒ブログ(由紀の酒)
「竹鶴」 竹鶴酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雨後の月」 相原酒造株..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「富久長」 株式会社今田..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「天寶一」 株式会社天寶一
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「神雷」 三輪酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雑賀の郷」 株式会社 ..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
最新のコメント
はじめまして。 良い酒..
by tztom at 19:06
初めまして。 このお酒..
by 伊 謄 at 20:29
豊麗潤酒とは、面白いサブ..
by 明@由紀の酒 at 12:54
明さま、ご無沙汰しており..
by tztom at 21:37
いかにもお土産っぽい銘柄..
by 明@由紀の酒 at 16:24
検索
ファン
ブログジャンル


Skin by Excite ism