<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
久美の浦 純米吟醸 [熊野酒造]
醸造元:熊野酒造有限会社
URL:http://www.kuminoura.com/
住所:京都府京丹後市久美浜町45-1
電話:0772-82-0019
精米歩合:60%(丹後産・五百万石)
日本酒度:+1.0
酸度:1.6
アミノ酸度:1.5
アルコール度:15.5度
購入価格:720ml:1,050円(税込み)

丹後半島最北端にある久美浜町は、小さく口を閉ざした湾の入口にはミニ”天橋立”ともいえる小天橋があり、湖のように穏やかで風光明媚な久美浜湾に臨む小さな町。かつては小西家を中心とした廻船業で栄え、天領時代には久美浜代官所が置かれていた奥丹後における政治経済の中心地でもありました。そんな久美浜町の中心部に近い、久美浜湾を一望する場所に建つ熊野酒造の創業は昭和18年(1943)と新しい。

ほんのり甘い乳酸の香りにメロンのような吟醸香も。ほんのり老ね香と押しの強い酸は丹後酒の特徴で、このお酒も同様です。後味は酸・渋・苦が合わさって引いていきます。純米吟醸でこの価格ですが、吟醸酒って感じはあまりしません。
燗にすると...純米吟醸酒ですが、丹後の酒は燗にした方がうまいです。押しの強さは無くなって酸、苦、渋のバランスも良くまとまり、飲みやすくなります。

お気に入り度:2

f0138598_19295397.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-31 19:30 | 京都 | Comments(0)
長老 純米酒 丹波一滴 [長老]
醸造元:有限会社 長老
URL:http://www.chourou.co.jp/
住所:京都府船井郡京丹波町本庄ノヨテ5
電話:0771-84-0018
精米歩合:65%(京都産五百万石)
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,200円(税込み)

長老を醸す酒蔵がある京丹波町は2005年に丹波町、瑞穂町、和知町が合併して誕生した町で、酒蔵は山陰本線の駅もある旧和知町の中心部、本庄地区にあります。和知駅から東へ徒歩5分ほど、国道27号線の旧道、由良川沿いに建ち、直売店も併設しています。
創業は明治36年(1903)で、酒銘は地元の名山「長老ヶ岳」より命名。

メロン・バナナのような香りを含む独特の乳酸香。ちょっと老ね感と押しの強い酸味は丹波・丹後酒の共通する特徴。その奥に若干のフルーティーな旨みをかかえた淡麗辛口の酒です。後味は比較的やさしい酸味ですが、やや舌にざらつく雑味が残ります。
燗にすると、かなりクリアな印象に。酸が強いので薄っぺらくは無いですが、キリリと焼酎のように淡麗でクセの無い飲み口になりますが、ぬる燗あたりだと旨みが乗ってきてバランスが良いです。

お気に入り度:2

f0138598_19442075.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-30 19:44 | 京都 | Comments(0)
綾小町 純米酒 [若宮酒造]
醸造元:若宮酒造株式会社
URL:http://www5.nkansai.ne.jp/com/ayakomachi/
住所:京都府綾部市味方町薬師前4
電話:0773-42-0268
精米歩合:60%(五百万石)
日本酒度:+2.5
酸度:1.6
アミノ酸度:1.4
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,150円(税込み)

古くより機織りの町として発展した綾部市の中心部の東側、由良川沿に架かる新綾部大橋のたもとに立つ若宮酒造。大正9年創業当時の社名は三丹酒造といいましたが、若宮神社の宮水を仕込み水に使いはじめた事を機に現在の若宮酒造に改称。酒銘も「鷹雀」から「綾小町」に変わりました。

ほんのり乳酸の香り、ちょっと酸味のあるスッキリとした淡麗辛口。地酒らしい芳醇さもほんのりと漂う、ちょっと都会的な雰囲気のお酒。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_2403032.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-29 02:40 | 京都 | Comments(0)
旭桜 純米吟醸 最中屋茂兵衛 [永雄酒造]
醸造元:永雄酒造有限会社
URL:http://www.skyheart.jp/nagao/
住所:京都府京丹後市丹後町中浜643
電話:0772-76-0002
精米歩合:60%(五百万石)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,700円(税込み)

永雄酒造は京都府最北端、丹後半島最北端に位置する小さな漁港にある蔵で、江戸時代中期の延享元年(1744年)に「最中屋」の屋号で創業しました。
この屋号である「最中屋」は、港町の酒蔵であった事から最初は”藻の中”と書いて「藻中屋」だったそうです。しかし「藻」の漢字が難しいので、後に「最中屋」と改められたとか。

荒々しく野趣的な乳酸の香りで、淡麗ですが厚みのある辛口のお酒です。漁師町に合うような骨太でガッシリとした男酒って感じでしょうか。出刃包丁をふるった様なキレはありますが、辛みや酸味がしばらく口に残ります。刺身よりも煮魚とか鍋とかこってり系の料理と合うかもしれません。

お気に入り度:2

f0138598_7305846.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-26 07:38 | 京都 | Comments(0)
京の春 特別純米酒 [向井酒造]
醸造元:向井酒造株式会社
URL:http://kuramoto-mukai.jp/
住所:京都府与謝郡伊根町平田67
電話:0772-32-0003
精米歩合:60%(山田錦)
日本酒度:+2.0
酸度:1.3
アミノ酸度:1.6
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,680円(税込み)

向井酒造は海に面した民家の一階が舟のガレージという独特の建築様式から国の重伝建にも指定された、丹後半島先端部にほど近い伊根の町に構える蔵。創業は江戸時代中期の宝暦4年(1754)と歴史ある蔵ですが、現在は蔵を継いだ向井久仁子さんが蔵元兼杜氏として新しい試みや上質な酒造りに励んでいます。

生もと造り特有の乳酸の香りを持つ、どっしりガツンと主張の強い”米のお酒”です。辛すぎず、甘すぎず。芳醇で芳ばしい。野草エキスのような大地の香りが口の中に広がります。
燗にしてみましたが、温めすぎると鼻にツ〜ンとくる刺激臭があるものの、温燗になってくるとおだやかで飲み口も優しく刺激はどこかへと消えてしまいました。ちょっと個性がある飲みやすい芳醇旨口の純米酒です。
ちなみに宿で飲んだこの蔵の「普通酒」はとてもフルーティーでクセがなく飲みやすく、おいしいお酒でした。

お気に入り度:2

f0138598_113328.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-25 11:33 | 京都 | Comments(0)
池雲 純米酒 [池田酒造]
醸造元:池田酒造株式会社
URL:http://www.ikekumo.com/
住所:京都府舞鶴市字中山32
電話:0773-82-0005
精米歩合:70%(日本晴)
日本酒度:5.0
酸度:1.4
アミノ酸度:1.8
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,155円(税込み)

舞鶴は江戸時代に丹後田部藩の城下町にして、明治以降は軍都として栄えた町ですが、そんな舞鶴には現在酒蔵は1軒だけしか残されていません。
池田酒造は舞鶴の中心部から遠く離れた、宮津市と接する由良川の河口付近にある小さな蔵で、創業は明治12年。
池田家は政界にも進出する旧家で、かつての最盛期には約1,000石ほどを醸していました。しかし日本酒不況の中で池田酒造もまた大手メーカーの桶売りに転じるものの、メーカーが自社醸造にシフトした事により、今度は他の蔵から桶買いをおこなって自社銘柄で販売していました。すでに自醸設備はありませんでしたが、平成18年から経営方針を一新。最低限の設備を揃え、従業員3名で小規模ならがも再出発しました。

うまい。メロンのような立ち香。純米酒とは思えない色気を持った、米の旨みとシャープなキレが生える、淡麗ですが厚みのある辛口のお酒です。キンキンに冷えていると吟醸酒かと思いましたが、温度が上がってくるとコシのある純米酒だなと感じます。冷やして飲むのがオススメかも。

お気に入り度:3

f0138598_1931180.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-18 19:31 | 京都 | Comments(2)
丹後 特別本醸造 [白杉酒造]
醸造元:白杉酒造株式会社
URL:http://www.shirakiku.info/
住所:京都府京丹後市大宮町周枳954 
電話:0772-64-2101
精米歩合:60%(丹後産・祝)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,230円(税込み)

丹後半島の付け根、旧大宮町の中心市街である口大野と北近畿タンゴ鉄道宮津線、国道312号線を挟んだ東側の地区が周枳(すき)といいます。この周枳にある大宮売神社は丹後二ノ宮で、造酒司(みきつかさ)の神 としても奉斎されていて、旧大宮町の町名の由来となった神社です。この大宮売神社のすぐ側に建つのが白杉酒造で、創業は江戸時代中期の安永6年(1777)といいます。
地元契約農家がつくる、京丹後産酒造好適米「祝」100%使用して超軟水で仕込み、柔らかな口当たりの辛口日本酒を醸す蔵で、ローカルな地酒の枠に捕らわれない、都会的なシリーズの商品開発を行っています。
伝統的な歴史的建造物の酒蔵の一部を改装してカフェもオープンしています。

香りは控えめですが、どっしりとした米の旨みを感じます。飲み口はやわらかく、厚みのある旨みのあとにガツンとしたキレがあります。濃いめの味や脂身のある肉料理と合いそうです。ちょっとばかしベタつきますが、おいしいお酒です。

お気に入り度:3

f0138598_20355729.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-13 20:36 | 京都 | Comments(0)
弥栄鶴 祭蔵舞 山廃純米酒 [竹野酒造]
醸造元:竹野酒造有限会社
URL:http://yasakaturu.co.jp/
住所:京都府京丹後市弥栄町溝谷3622-1
電話:0772-65-2021
精米歩合:60%(丹後産・祭り晴)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,575円(税込み)

丹後半島のほぼ中心に位置する高原に囲まれた町、弥栄町。町の中心商店街の一角に立つ竹野酒造は昭和22年(1947)に創業。「地酒屋」として地域密着の酒蔵を大切にしながらも、県外、さらには海外へも打って出る若い蔵元の蔵です。「蔵舞シリーズ」はその戦略の一歩。「祭蔵舞」は酒米に日本晴の流れを組む「祭り晴」を使用した年間400本の限定品。

香りは山廃特有の芳ばしくふくよか。特徴ある酸味は西洋料理に合わせ食中酒をめざしたもの。鼻に伸びる酸味ではなく、おだやかでどっしりと料理を受けとめる感じ。続いてフルーティーな旨み。なんかうまくまとまった余韻。これはうまいです。

お気に入り度:4

f0138598_695840.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-08-11 06:10 | 京都 | Comments(0)
東光 純米吟醸 [小嶋総本店]
f0138598_531117.jpg


醸造元:小嶋総本店 株式会社
URL:http://www.sake-toko.co.jp/
住所:山形県米沢市本町2-2-3
電話:0238-23-4848
創業:慶長2年(1597年)

使用米:出羽燦々
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.4
アミノ酸度:1.0
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,370円(税込み)

上杉家15万石の城下町として知られる米沢を代表する地酒『東光』を醸す小嶋総本店は江戸時代前の慶長2年(1597)創業という、400年以上の歴史を持つ酒蔵です。

f0138598_07183417.jpg

江戸時代も米沢藩上杉家御用酒屋であり、当時頻繁に「禁酒令」が出された中でも特別に酒造りを許されていたといいます。現在では米沢でも中堅の蔵で、かつての酒蔵は1,200坪の敷地に500坪の重要文化財クラスの建物を残した酒蔵資料館「東光の酒蔵」は必見です。

山廃造りと書かれていますが、香りはひかえめで山廃特有の乳酸香もクセもなく吟醸酒特有の派手な華やかさも控えめ。飲み口も大手蔵らしいクセの無い安定した淡麗辛口のお酒です。コストパフォーマンスの高い純米吟醸酒でカップ酒として駅の売店とかでも売られています。少し線が細いかな?と思いましたが、食事といっしょに飲み進めると、旨みが顔を出し吟醸香が花開きます。やさしい飲み口は変わらず。うまいです。

お気に入り度:3


山形の地酒専門店國井酒店


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!



[PR]
by tztom | 2012-08-09 05:47 | 山形 | Comments(0)
大山 特別純米酒 十水[加藤嘉八郎酒造]
f0138598_19424627.jpg


醸造元:加藤嘉八郎酒造 株式会社
URL:http://katokahachiro.web.fc2.com/
住所:山形県鶴岡市大山3-1-38
電話:0235-33-2008
創業:明治5年(1872)

使用米:山形県産ひとめぼれ・はえぬき
精米歩合:60%
日本酒度:-4.0〜-5.0
酸度:1.7
アミノ酸度:1.35
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,103円(税込み)

庄内地方の中心都市である鶴岡市は江戸時代より酒井家庄内藩(鶴岡藩)17万石の城下町として発展した町です。その鶴岡市の西郊外に大山という町があります。この大山は江戸時代初期より幕府直轄地「天領」の町として栄え、酒造りも盛んで最盛期には約40軒もの酒蔵が軒を連ね、広島の西条、神戸の灘と並び「東北の小灘」と称せられた出羽の酒どころでした。現在も4軒の酒蔵が残ります。

大山で一番大きな酒蔵である加藤嘉八郎酒造は、戦国武将「加藤清正」の一族をルーツにもつ家柄で、大山には加藤治右衛門家という加藤家の本家があります。

f0138598_21302581.jpg

明治5年(1872)に加藤長三郎家から分家した加藤嘉八郎と有元氏によって創業した加藤嘉八郎酒造は、すぐ隣にある酒蔵、冨士酒造とも親戚関係です。

現在4蔵が残る大山の酒蔵の中でも、最も歴史が新しい蔵ですが、初代にして大山で一番大きな酒蔵となり、近代的な設備で安定したお酒を造ります。

この『十水』は洋食や油っぽい食事とも相性良く楽しめることをコンセプトに醸された純米酒で、コクのある濃醇な味わいと酸味が調和したしっかりとして深い味わい。後味は地酒らしい個性を帯びた辛口で引いていきます。

ちなみに酒銘の『十水』(とみず)とは、十石の米に対して十石の水で仕込んだことを意味する言葉で、体積に換算すると1石は水なら180リットル、米なら150キログラムに相当します。 つまりは加水を減らした「濃厚」なお酒という事です。なるほどの重厚なキレです。そして、うまい!

お気に入り度:3


山形の地酒専門店國井酒店


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!




[PR]
by tztom | 2012-08-08 19:42 | 山形 | Comments(0)



私の飲んだ地酒(日本酒)と酒蔵の記録
by tztom by 太泉八雲
カテゴリ
タグ
全国各県の地酒が買える店
外部リンク
お気に入りブログ
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
人気ブログランキング
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
真稜(しんりょう)「純米..
from 日本酒ブログ(由紀の酒)
「竹鶴」 竹鶴酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雨後の月」 相原酒造株..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「富久長」 株式会社今田..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「天寶一」 株式会社天寶一
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「神雷」 三輪酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雑賀の郷」 株式会社 ..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
最新のコメント
太泉八雲様 この度..
by りゅと at 09:27
りゅと様 はじめまして..
by tztom at 15:54
はじめまして。 良い酒..
by tztom at 19:06
初めまして。 このお酒..
by 伊 謄 at 20:29
豊麗潤酒とは、面白いサブ..
by 明@由紀の酒 at 12:54
検索
ファン
ブログジャンル


Skin by Excite ism