タグ:原酒 ( 61 ) タグの人気記事
タクシードライバー7号 純米生原酒[喜久盛酒造]
f0138598_22130748.jpg

醸造元:喜久盛酒造株式会社
URL:http://kikuzakari.jp/
住所:岩手県北上市更木3-54
工場:岩手県花巻市東十二丁目6-12-1(旧・白雲酒造)
電話:0197-66-2625
創業:明治27年(1894)

使用米:かけはし
精米歩合:55%
日本酒度:+5.0
酸度:2.0
アミノ酸度:-
アルコール度:17.8度
購入価格:720ml:1,647円(税込み)

『タクシードライバー』というおおよそ日本酒の銘柄とは思えない奇抜な酒銘で話題となった岩手の地酒。
ロバート・デ・ニーロ主演、マーティン・スコセッシ監督の映画を思い出す人もいるかも知れませんが直接的なつながりはありません。

喜久盛酒造の5代目蔵元・藤村卓也氏と映画業界で活躍するデザイナー・高橋ヨシキ氏がコラボした新ブランド、日本酒の新たな挑戦の一つです。

喜久盛酒造は明治27年(1894)に藤村酒造店として創業。戦時中の企業整備令による企業合併で花巻酒造株式会社となりますが、戦後は再び6つの酒蔵と共に分離独立します。

そして昭和26年(1951)に藤村酒造店から喜久盛酒造株式会社に社名変更しました。
『喜久盛』の由来は3代目蔵元の藤村久喜(きゅうき)氏が「久喜が逆立ちしてでも盛り上げる」という思いをこめて銘々。

しかし、喜久盛酒造は2011年の3.11東日本大震災で被災し蔵は倒壊。蔵のある北上市は内陸部であった為に被災支援を受ける事は出来ませんでした。

廃業も視野に苦境に立たされた喜久盛酒造でしたが、隣の花巻市で被災は免れたものの、後継者難で蔵を畳む事となった白雲酒造の蔵を譲り受け、2つの蔵の思いを一つに再興を果たしました。

生原酒です。薄いコハク色で香は控えめ。飲み口はキリリと引き締まったダレない旨みがあって酸は控えめ、厚みのある透明な辛口のお酒です。重くない。甘すぎず、ライトな生原酒。若さを主張せず、生原酒とは思えないライトでクリアな落ち着き具合にちょっと驚き。これはうまいです。うまい!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-02-22 22:13 | 岩手 | Comments(0)
秀鳳 純米吟醸 原酒[秀鳳酒造]
f0138598_17081349.jpg

醸造元:有限会社 秀鳳酒造場
URL:なし
住所:山形県山形市山家町一丁目6番6号
電話:023-641-0026
嘉永元年(1848)

使用米:出羽の里
精米歩合:55%
日本酒度:−3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:17度
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

山形市中心部の北東部に位置する山家町(やんべまち)は南北朝時代からその名が残る農村で、江戸時代あたりから麹製造業や紙漉き業が盛んとなり、今は山形市の近郊ベッドタウンとして開発が進んでいます。

f0138598_17082705.jpg

住宅街に囲まれた細い路地の奥に蔵を構える秀鳳酒造場は明治24年(1891)に武田商店として創業しました。

酒銘の『秀鳳』とは、中国の瑞鳥「鳳凰」にあやかり、心なごませる酒であるようにと命名。

色は薄いコハク色で米の旨みのイメージを膨らませる甘い香りです。
飲み口の最初は、甘い。もう甘露!甘露!といった感じ、これ好き。その後は原酒らしい濃醇さ。苦味、渋味がほのかにしっかりとあって、ガッシリとした重厚なキレ。最初から最後までパンチの効いた甘口のお酒ですが、雑味も無く以外にクリア。うまい、うまいです!

華やか。芳醇、甘くてうまい。

お気に入り度:4



山形の地酒専門店「國井酒店」


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-10-15 17:12 | 山形 | Comments(0)
宗麟 本醸造原酒 [小手川酒造]
f0138598_2145690.jpg


醸造元:小手川酒造株式会社
URL:http://www.fundokin.co.jp/kotegawa/
住所:大分県臼杵市大字臼杵538番地
電話:0972-62-3335
使用米:-
精米歩合:65%
日本酒度:-2.0
酸度:2.0
アミノ酸度:-
アルコール度:19度
購入価格:720ml:1,440円(税込み)

臼杵市は戦国時代に大友宗麟によって築かれ、江戸時代は稲葉家5万石の臼杵藩の城下町として発展した町で、今もなお古い町並みが残り、中心部の新町から浜町にかけての一画が伝統的建造物保存地区に指定されています。

その古い町並みの中に築150年の白壁土蔵の町並みを今も残す小手川酒造は国の有形文化財に登録されています。創業は幕末の安政2年(1855)で、作家の作家の故・野上弥生子の生家として知られています。

酒銘の『宗麟』はその名のとおり、キリシタン大名・大友宗麟に由来。ラベルには大友家の花押も。
創業当時は味噌・醤油も造っていましたが、その後分かれ小手川醤油を経て現在のフンドーキン醤油に繋がっています。
現在は焼酎の醸造がメインとなっていて、日本酒は本醸造の原酒と普通酒のみの展開。

クリーミーな乳酸香に、ヨーグルトのような濃厚な甘さ。パッと一瞬顔を出して消える酸の後にはすっきとしたキレ。コクがあるけどキレもある。原酒ゆえの濃さがありますが、しつこさはありません。オンザロックでもクセのない飲みやすさがあります。雑くないし、ウイスキーのように原酒をじっくり味わいながら飲んでもいいですよ。うまいです。

お気に入り度:3




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-06-13 21:45 | 大分 | Comments(0)
鷹の夢 本醸造原酒 26BYエピソード2 タカノユメレッドラベル [山盛酒造]
f0138598_19175050.jpg


醸造元:山盛酒造株式会社
URL:http://takanoyume.co.jp/
住所:名古屋市緑区大高町字高見74
電話:052-621-2003
創業:明治20年(1887)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19度以上20度未満
購入価格:720ml:1,260円(税込み)

名古屋港の東に江戸時代から続く東海道の旧道に沿って往事を偲ばせる宿場町のような古い伝統的な町並みが残る名古屋市緑区の有松と鳴海地区があります。そしてその南西に接する大高地区には伝統的な佇まいの酒蔵が集まっています。

この地は古くから知多半島や東日本へ通じる交通の要衝として開け、中世には当時今川義元の配下であった松平元康(徳川家康)が「兵糧入れ」をおこなったことで知られる大高城の城下町でもありました。江戸時代には農商兼業が多く酒造業の盛んな地域で、大高焼という陶器も焼かれていたといいます。

現在も3軒の酒蔵が集まりますが、その1軒は今や全国的に知られる『醸し人九平次』の萬乗醸造。そしてその近くに神の井酒造があります。最も表通りに近い場所に蔵を構える山盛酒造は明治20年(1887)に、江戸時代から続く酒蔵を継承して創業しました。酒銘の『鷹の夢』は「大高」の地名の「高」に「鷹」をかけたもの。またこの近くにある大高緑地はオオタカの生息地でもあります。

山盛酒造もまた同じ大高にある神の井酒造、そして東春酒造・金虎酒造の若手蔵元と共に「ナゴヤクラウド」というプロジェクトを結成しています。

長〜いタイトル。「一度火入れ」という事で生貯蔵酒かな?一応要冷蔵。しかし今回購入した名古屋の高島屋では常温で陳列されていたが…。酒銘の「エピソード2」とかって兵庫の酒蔵・龍力の『ドラゴン』シリーズみたい。

野趣的な香ばしい乳酸香。ガツンと泥っぽい酸と豊満な旨み。カワイイラベルとは真逆のどっしりとした飲み応えのある重厚なお酒です。精米歩合の低さはあえて米の旨みを引き出すために狙ったものかなと。最近流行の濃醇な無濾過生原酒的なフルボディなお酒でした。うまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-05-22 19:17 | 愛知 | Comments(0)
白牡丹 広島の酒 原酒 [白牡丹酒造]
f0138598_16454511.jpg


醸造元:白牡丹酒造株式会社
URL:http://www.hakubotan.co.jp/index1.htm
住所:広島県東広島市西条本町15-5
電話:082-421-2142
創業:延宝三年(1675)

使用米:-
精米歩合:75%
日本酒度:-9.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:19度以上20度未満

購入価格:720ml:900円(税込み)

広島の「酒都」と呼ばれる西条に蔵を構える白牡丹酒造は年間生産量5万5000石、県内3位の大手酒蔵です。その歴史は古く江戸時代初期にまでさかのぼります。さらにその家筋はかの戦国武将・島左近に通じるのです。

石田三成に「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」とまで言わせた戦国武将の島左近は関ヶ原の戦いで戦死します。この戦いで長男の新吉も討ち死にしますが、次男の忠正は母と共に京都にいた為生き残り、後に広島へ移り住みます。やがて孫の晴正が武士の身分を捨てて酒造業へと転身したのが江戸時代初期の延宝三年(1675)のことです。

酒銘の『白牡丹』は京都の公家・五摂家の一つ鷹司家の当主で時の摂政関白鷹司政通より拝命したもの。

このお酒は蔵元で開催される「酒祭り」でしか購入できない季節限定品の原酒。ー9度の超甘口酒です。
いただきものですが、しかしよく見ると糖類添加の普通酒。

濃醇な甘口がとにかく印象強く、原酒だけど飲みやすいです。甘いけどキレがある。酸味が少なくやさしい飲み口。広島酒らしいお酒。多少べたつきますが、うまいです。大手の安定感といったところ。

お気に入り度:3




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-01-10 16:45 | 広島 | Comments(0)
亀甲花菱 純米無濾過生原酒 [清水酒造]
醸造元:清水酒造株式会社
URL:なし
住所:埼玉県加須市戸室1006
電話:0480-73-1311
使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度以上18度未満
購入価格:720ml:1,350円(税込み)

平成22年の合併で加須市の一部となった、(旧)北埼玉郡騎西町の郊外、近年には大型ショッピングモールの進出や工業団地化が進む田園地帯の一角に、鬱蒼とした屋敷林に囲まれた3,000坪の敷地に建つ小さな酒蔵、清水酒造があります。この清水酒造の創業は明治7年(1874)。現在の生産高は約100石と少なく、近年首都圏の酒好きに知られる有名銘柄となっているものの、非常に入手困難なお酒の一つとなっています。
商品のラインナップは多いのですが、少量生産なので蔵を訪れた時は2種類しかありませんでした。もちろん無濾過生原酒になります。

香りは低く、やや微かに酢酸エチル香が感じられますが、飲み口は”生原酒”の重さはほとんど感じず、それでも若々しさは残しつつも、苦味、酸味、渋味の順でバランスの取れたキレのある後味、そしてその後に来るフルーティーな甘さの余韻にささやかな感動を覚えます。うまいですよ、うまい!!
ちなみに数日経つと、自然とフルーティーな吟醸香を感じられるようになってきました。

お気に入り度:4

f0138598_9583967.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2015-04-12 10:00 | 埼玉 | Comments(1)
千代の園 しぼりたて生原酒 [千代の園酒造]
醸造元:千代の園酒造株式会社
URL:http://www.chiyonosono.co.jp/
住所:熊本県山鹿市山鹿1782
電話:0968-43-2161
使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19度
購入価格:1844ml:2,160円(税込み)

山鹿市は福岡県や大分県と接する熊本県北端の町で、明治に建てられた日本四大芝居小屋で知られる「八千代座」を始め、伝統的な古い町並みや温泉で知られるこの町は酒蔵や味噌、醤油などの醸造業が盛んな町でもあります。この山鹿の歴史は古く、平安時代から「湯の町」として知られた薩摩街道の宿場町で、菊池川の舟運による物資の集積地としても発展。こうした町の立地と背景に米問屋を営んでいた本田喜久八が酒造りを始めたのが明治29年(1896)。

蔵元の年に一度の限定生原酒で、瓶口一杯の1844mlと量もサービス。
うまい、若々しくて荒々しい生原酒らしい個性を持ったうまいお酒です。甘すぎず美発泡を伴った強烈な米の旨みのパンチと次から次へと繰り出す渋味、苦味、辛さのハーモニー。祭りのような喧噪のあとを締める鮮やかなキレ。なんだか、飲んでいて楽しいお酒です。

お気に入り度:4

f0138598_91496.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2015-02-28 09:02 | 熊本 | Comments(0)
眉山 純米 生原酒 [吉本醸造]
醸造元:吉本醸造株式会社
URL:http://www.awa-yoshimoto.com/
住所:徳島県徳島市鮎喰町1丁目125
電話:088-631-7591
精米歩合:60%(-)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度
購入価格:720ml:1,350円(税込み)

徳島市中心部からJR高徳線で3駅。眉山北西麓に位置する鮎喰(あくい)町は古くは現在の庄町一帯と合わせて佐古郷町と呼ばれ、旧伊予街道筋に自然発展した在郷町でした。鮎喰町からは北へ分岐する大麻街道、同じく北に讃岐街道が分岐する交通の要衝として多くの商人が集まり、徳島城下の商人を圧迫するまで栄えた町だったといいます。そして今もなお旧伊予街道沿いには古い町並みが多く残ります。

吉本醸造はこの鮎喰町で明治元年(1872)に創業し街道沿いに立派な文化財級の商家を構えますが、実は地元でもあまり知られていない小さな酒蔵です。主力の酒銘「南国一」は創業者の吉本達郎が南の国(四国)で唯一の酒となるようにと銘名。現在、特定名称酒を中心に主力ブランドとなっている「眉山」は徳島市のシンボル「眉山」にちなみます。

今回の「生原酒」は蔵ではラインナップにありません。販売店が独自に以来して商品化した稀少なお酒です。

醤油のような香ばしい香り、飲み口も最初は少し前に流行った「アイスにかける醤油」っぽい、クリーミーで甘みのある醤油のような印象。そして酸味の伴ったスッキリとした飲み口に。淡麗酸系旨口な感じのお酒。でも後味の酸味がなるほど、結構くせになって飲み始めると止まりません。うまいです!!

お気に入り度:3

f0138598_21504976.jpg





日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-08-12 21:50 | 徳島 | Comments(0)
上勝の棚田米と湧水と負けん気でこっしゃえた純米吟醸原酒 [本家松浦酒造場]
醸造元:株式会社 本家松浦酒造場
URL:http://narutotai.jp/
住所:徳島県鳴門市大麻町池谷字柳ノ本
電話:0120-221-158
精米歩合:58%(-)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

本家松浦酒造場は四国の玄関口、鳴門市の郊外は旧撫養街道のちょっと外れに立つ酒蔵で、創業は徳島県内でも最古の歴史を誇り、文化元年(1804)二代目松浦直蔵により商人加美屋七郎兵衛の元で創業されました。よって最初の酒銘は「加美屋の酒」その後「常盤(ときわ)」となりましたが、明治19年(1886)に時の徳島県令・酒井明により、魚族の王”鯛”の如く端麗優雅であるように、特に鳴門海峡に産する鯛は激流を遡り肉質が締まり脂が乗って美味であることから『鳴門鯛』と命名され今に至ります。蔵元の松浦氏の祖先は、古くは室町期から肥前を拠点にした松浦水軍だったといいます。

さて、今回の長いネーミングのお酒「上勝の棚田米と湧水と負けん気でこっしゃえた純米吟醸原酒」は、この酒の原材料である酒米が穫れる人口2千人足らずの小さな山間の町・勝浦郡上勝町で建設業を営む 山下俊洋氏の高鉾建設酒販事業部がプロデュースしたお酒です。
この上勝町は、最近ではおばあちゃんの葉っぱビジネスで知られますが、『日本の棚田百選』に選定された「樫原の棚田」の里で今回の酒米は作られています。この維持・管理が大変な棚田を守る為に企画されたのがこのお酒です。

原酒ですが日本酒度はなんと16度です。フルーティーな吟醸香に華やか〜な飲み口である意味正統な銀助手です。しっかりとした押しのある酸と渋味、苦味が絶妙なバランス。うまいです。

お気に入り度:4

f0138598_21394886.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-08-03 21:39 | 徳島 | Comments(0)
瀧嵐 本醸造 原酒  [高知酒造]
醸造元:高知酒造株式会社
URL:http://www.kochi-sake.com/
住所:高知県吾川郡いの町勝賀瀬780-2
電話:088-897-0314
精米歩合:70%(-)
日本酒度:+6.5
酸度:1.8
アミノ酸度:1.4
アルコール度:18~19度
購入価格:720ml:1,337円(税込み)

土佐電の終点の町・仁淀川河口に位置する伊野は手漉き和紙で栄えた町。町の中心部から仁淀川を約10kmほどさかのぼり、さらにその支流勝賀瀬川に沿って少し入った奥地に高知酒造はあります。高知酒造の会社設立は昭和19年ですが、これは戦時中の企業整備法により高知市・長岡郡・吾川郡・土佐郡の1市3郡の酒造家28社が統合されて誕生した会社です。当時の酒銘は「花の友」でしたが、商標登録をしていなかった為に「瀧嵐」に変更。設立当時は高知市内に蔵を構えていましたが、水質悪化により良質な水を求めて現在の地に移転。さまざまなアルコール製品を扱う会社ですが、日本酒は約600石と少量。昭和60年に高知県で初めて生酒を発売し現在も生酒においては同蔵の主力商品でかつ県内でトップシェアを誇ります。

今回飲んだお酒は生酒ではなく、火入れされた原酒です。
香りはありませんが、ガツンッと辛口ながらも奥行きのある旨みがあり、喉ごしの良い原酒です。後味も自然に辛口...飲み口がパワフルな濃醇甘口なお酒的な。そのまま飲むと結構クセのある飲み口ですが、これがロックにするとめちゃ旨いです。強いお酒が苦手な方でもグイグイいけます。おすすめです。

お気に入り度:3

f0138598_17292297.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-06-15 17:29 | 高知 | Comments(0)



私の飲んだ地酒(日本酒)と酒蔵の記録
by tztom by 太泉八雲
カテゴリ
タグ
全国各県の地酒が買える店
外部リンク
お気に入りブログ
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
人気ブログランキング
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
真稜(しんりょう)「純米..
from 日本酒ブログ(由紀の酒)
「竹鶴」 竹鶴酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雨後の月」 相原酒造株..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「富久長」 株式会社今田..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「天寶一」 株式会社天寶一
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「神雷」 三輪酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雑賀の郷」 株式会社 ..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
最新のコメント
はじめまして。 良い酒..
by tztom at 19:06
初めまして。 このお酒..
by 伊 謄 at 20:29
豊麗潤酒とは、面白いサブ..
by 明@由紀の酒 at 12:54
明さま、ご無沙汰しており..
by tztom at 21:37
いかにもお土産っぽい銘柄..
by 明@由紀の酒 at 16:24
検索
ファン
ブログジャンル


Skin by Excite ism