タグ:原酒 ( 65 ) タグの人気記事
千代の園 しぼりたて生原酒 [千代の園酒造]
醸造元:千代の園酒造株式会社
URL:http://www.chiyonosono.co.jp/
住所:熊本県山鹿市山鹿1782
電話:0968-43-2161
使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19度
購入価格:1844ml:2,160円(税込み)

山鹿市は福岡県や大分県と接する熊本県北端の町で、明治に建てられた日本四大芝居小屋で知られる「八千代座」を始め、伝統的な古い町並みや温泉で知られるこの町は酒蔵や味噌、醤油などの醸造業が盛んな町でもあります。この山鹿の歴史は古く、平安時代から「湯の町」として知られた薩摩街道の宿場町で、菊池川の舟運による物資の集積地としても発展。こうした町の立地と背景に米問屋を営んでいた本田喜久八が酒造りを始めたのが明治29年(1896)。

蔵元の年に一度の限定生原酒で、瓶口一杯の1844mlと量もサービス。
うまい、若々しくて荒々しい生原酒らしい個性を持ったうまいお酒です。甘すぎず美発泡を伴った強烈な米の旨みのパンチと次から次へと繰り出す渋味、苦味、辛さのハーモニー。祭りのような喧噪のあとを締める鮮やかなキレ。なんだか、飲んでいて楽しいお酒です。

お気に入り度:4

f0138598_91496.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2015-02-28 09:02 | 熊本 | Comments(0)
眉山 純米 生原酒 [吉本醸造]
醸造元:吉本醸造株式会社
URL:http://www.awa-yoshimoto.com/
住所:徳島県徳島市鮎喰町1丁目125
電話:088-631-7591
精米歩合:60%(-)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度
購入価格:720ml:1,350円(税込み)

徳島市中心部からJR高徳線で3駅。眉山北西麓に位置する鮎喰(あくい)町は古くは現在の庄町一帯と合わせて佐古郷町と呼ばれ、旧伊予街道筋に自然発展した在郷町でした。鮎喰町からは北へ分岐する大麻街道、同じく北に讃岐街道が分岐する交通の要衝として多くの商人が集まり、徳島城下の商人を圧迫するまで栄えた町だったといいます。そして今もなお旧伊予街道沿いには古い町並みが多く残ります。

吉本醸造はこの鮎喰町で明治元年(1872)に創業し街道沿いに立派な文化財級の商家を構えますが、実は地元でもあまり知られていない小さな酒蔵です。主力の酒銘「南国一」は創業者の吉本達郎が南の国(四国)で唯一の酒となるようにと銘名。現在、特定名称酒を中心に主力ブランドとなっている「眉山」は徳島市のシンボル「眉山」にちなみます。

今回の「生原酒」は蔵ではラインナップにありません。販売店が独自に以来して商品化した稀少なお酒です。

醤油のような香ばしい香り、飲み口も最初は少し前に流行った「アイスにかける醤油」っぽい、クリーミーで甘みのある醤油のような印象。そして酸味の伴ったスッキリとした飲み口に。淡麗酸系旨口な感じのお酒。でも後味の酸味がなるほど、結構くせになって飲み始めると止まりません。うまいです!!

お気に入り度:3

f0138598_21504976.jpg





日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-08-12 21:50 | 徳島 | Comments(0)
上勝の棚田米と湧水と負けん気でこっしゃえた純米吟醸原酒 [本家松浦酒造場]
醸造元:株式会社 本家松浦酒造場
URL:http://narutotai.jp/
住所:徳島県鳴門市大麻町池谷字柳ノ本
電話:0120-221-158
精米歩合:58%(-)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

本家松浦酒造場は四国の玄関口、鳴門市の郊外は旧撫養街道のちょっと外れに立つ酒蔵で、創業は徳島県内でも最古の歴史を誇り、文化元年(1804)二代目松浦直蔵により商人加美屋七郎兵衛の元で創業されました。よって最初の酒銘は「加美屋の酒」その後「常盤(ときわ)」となりましたが、明治19年(1886)に時の徳島県令・酒井明により、魚族の王”鯛”の如く端麗優雅であるように、特に鳴門海峡に産する鯛は激流を遡り肉質が締まり脂が乗って美味であることから『鳴門鯛』と命名され今に至ります。蔵元の松浦氏の祖先は、古くは室町期から肥前を拠点にした松浦水軍だったといいます。

さて、今回の長いネーミングのお酒「上勝の棚田米と湧水と負けん気でこっしゃえた純米吟醸原酒」は、この酒の原材料である酒米が穫れる人口2千人足らずの小さな山間の町・勝浦郡上勝町で建設業を営む 山下俊洋氏の高鉾建設酒販事業部がプロデュースしたお酒です。
この上勝町は、最近ではおばあちゃんの葉っぱビジネスで知られますが、『日本の棚田百選』に選定された「樫原の棚田」の里で今回の酒米は作られています。この維持・管理が大変な棚田を守る為に企画されたのがこのお酒です。

原酒ですが日本酒度はなんと16度です。フルーティーな吟醸香に華やか〜な飲み口である意味正統な銀助手です。しっかりとした押しのある酸と渋味、苦味が絶妙なバランス。うまいです。

お気に入り度:4

f0138598_21394886.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-08-03 21:39 | 徳島 | Comments(0)
瀧嵐 本醸造 原酒  [高知酒造]
醸造元:高知酒造株式会社
URL:http://www.kochi-sake.com/
住所:高知県吾川郡いの町勝賀瀬780-2
電話:088-897-0314
精米歩合:70%(-)
日本酒度:+6.5
酸度:1.8
アミノ酸度:1.4
アルコール度:18~19度
購入価格:720ml:1,337円(税込み)

土佐電の終点の町・仁淀川河口に位置する伊野は手漉き和紙で栄えた町。町の中心部から仁淀川を約10kmほどさかのぼり、さらにその支流勝賀瀬川に沿って少し入った奥地に高知酒造はあります。高知酒造の会社設立は昭和19年ですが、これは戦時中の企業整備法により高知市・長岡郡・吾川郡・土佐郡の1市3郡の酒造家28社が統合されて誕生した会社です。当時の酒銘は「花の友」でしたが、商標登録をしていなかった為に「瀧嵐」に変更。設立当時は高知市内に蔵を構えていましたが、水質悪化により良質な水を求めて現在の地に移転。さまざまなアルコール製品を扱う会社ですが、日本酒は約600石と少量。昭和60年に高知県で初めて生酒を発売し現在も生酒においては同蔵の主力商品でかつ県内でトップシェアを誇ります。

今回飲んだお酒は生酒ではなく、火入れされた原酒です。
香りはありませんが、ガツンッと辛口ながらも奥行きのある旨みがあり、喉ごしの良い原酒です。後味も自然に辛口...飲み口がパワフルな濃醇甘口なお酒的な。そのまま飲むと結構クセのある飲み口ですが、これがロックにするとめちゃ旨いです。強いお酒が苦手な方でもグイグイいけます。おすすめです。

お気に入り度:3

f0138598_17292297.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-06-15 17:29 | 高知 | Comments(0)
青煌 純米酒原酒一回火入れ 美山錦 ひやおろし [武の井酒造]
醸造元:武の井酒造株式会社
URL:http://www008.upp.so-net.ne.jp/takenoi/
住所:山梨県北杜市高根町箕輪1450
電話:0551-47-2277
精米歩合:65%(長野県産・美山錦)
日本酒度:+5.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17.5度
購入価格:720ml:1,480(円(税込み)

山梨県側では「清里ライン」の愛称で呼ばれる佐久甲州街道沿いの高原開拓地に経つ蔵で、創業は幕末の慶応年間(1865~68)とか。

武の井酒造は長年地元流通の普通酒と焼酎を造っていましたが、蔵元後継者であり現在杜氏を務める清水紘一郎氏により特定名称酒にシフトし始めました。その新ブランドである「青煌」には、東京農大短大部の醸造学科が分離した「つるばら」という花酵母を使用しています。この花酵母は最近では長野の酒蔵でも見かけるようになりました。

香りは控えめでいて直線的。澄んだシャープな飲み口と透明で鮮やかなキレがあり、旨みが奥に感じられます。鋭さを感じながらも全体的なやさしさは2年の熟成ゆえか。
開栓して日を置くと、メロンのような華やかさと混じり合う、強烈なパンチの効いた辛さに性格を変えます。飲んで楽しいお酒です。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_21545784.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-02-16 21:55 | 山梨 | Comments(0)
黒部峡 純米吟醸原酒 熟成酒 [林酒造場]
f0138598_18221927.jpg


醸造元:林酒造場
URL:http://www.hayashisyuzo.com/
住所:富山県下新川郡朝日町境1608
電話:0765-82-0384
使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17~18度
購入価格:720ml:1,523円(税込み)

林酒造場の酒蔵が建つ朝日町境は、その名のとおり富山県と新潟県の県境に接する町。林家はこの地に置かれた加賀藩の関所に与力として勤める傍らに酒を造っていたのが江戸時代初期ぼ寛永3年(1626)といいます。やがて江戸時代を経て明治に入り、廃藩置県によって商人へ転じ、酒、味噌、醤油などの醸造を初めますが、その中で今に残るのが清酒醸造の林酒造場です。

香りはほとんどありませんが、色は熟成の薄いコハク色です。飲み口からして原酒らしい濃厚さ、熟成されたコク、それでいてやさしくまろやかな甘さ、旨味。そして自然な酸が伴ったキレ。初めはあまり感じませんでしたが、次第に吟醸酒のような華やかさが姿を現します。ドライな辛さが多い富山酒ですが、なかなかの旨味とコクを合わせ持った、自然に飲みやすく美味しいお酒でした。うまいです。

お気に入り度:3



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-02-15 18:22 | 富山 | Comments(0)
黄金澤 山廃純米原酒 ひやおろし[川敬商店]
f0138598_6572878.jpg


醸造元:合名会社 川敬商店
URL:http://www.k2.dion.ne.jp/~koganesa/
住所:宮城県遠田郡美里町二郷字高玉6-7
電話:0229-58-0333
創業:明治35年(1902)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml: 1,340円(税込み)

宮城県の景勝地・松島に接する石巻湾に流れ込む鳴瀬川の河口から15kmほどさかのぼった、遠田郡美里町(旧)南郷町。この南郷地区は宮城県内で最大の穀倉地帯である大崎平野の南東端に位置します。

現在生もと造りと山廃造りの酒造りにこだわる川敬商店は、隣り町の涌谷町で涌谷伊達藩主の御用商人を務めていた金物商「橘屋」の川名敬治が自作田を現在の地に得て明治35年(1902)に酒造を始めました。

「川敬」という屋号は創業者の川名敬治に由来。また奈良の大仏建造にも献上された日本最古の金の産地であった黄金山神社の近くでもあった事が酒銘『黄金澤』の由来です。

香りはひかえめですが、飲み口には甘みの奥に強い辛味を感じます。そして余韻にほのかな山廃独特の木香を感じます。
燗にすると、やや木香が強調されますが気になるほどでもなく、それよりも厚みのあるまろやかな旨さが際だってきます。そして自然なキレ。うまいですね。後味は辛いですが、まとまりがあって美味しいです。

お気に入り度:3



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-02-12 21:31 | 宮城 | Comments(0)
初鶯 本醸造 熟成生原酒 ひやおろし [木内醸造]
醸造元:木内醸造株式会社
URL:http://www1a.biglobe.ne.jp/hatuuguisu/top.html
住所:長野県佐久市大沢985
電話:0267-62-0005
精米歩合:65%(長野県産美山錦)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18~19度
購入価格:720ml:1,050円(税込み)

佐久市の中心部から南へ約9km。(旧)南佐久郡臼田町の西郊外。大沢地区は中信地方へと至る往還の谷口集落として発展した町か、上町・中町・下町の地名が残ります。この大沢地区で一際大きな屋敷と酒蔵の敷地を持つ木内醸造の創業は幕末の安政二年(1855)と比較的若いですが、元は武田信玄にゆかりの深い旧家で、江戸時代は大沢村の庄屋を代々務めた旧家です。蔵元直営店の木内醸造(株)中込支店が臼田駅前の商店街にあります。

香りは控えめながらも甘い化粧水のような上品さをもった華やかさがあります。飲み口も同じく上品で雑味が無く、不思議な香りが口の中に広がります。透明な甘さと、華やかさが広がりその後からくる鮮やかな辛さ、キレ。ややアルコール味も感じますが、これは吟醸酒レベルですよ。なのにこの価格。コスパ高いです。うまい、うますぎる!

お気に入り度:4

f0138598_1731755.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-01-26 17:03 | 長野 | Comments(0)
豊賀 特別純米酒生詰原酒 [高沢酒造]
URL:http://members.stvnet.home.ne.jp/yonekawa/
住所:長野県上高井郡小布施町大字飯田776
電話:026-247-2114
精米歩合:59%(しらかば錦)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度
購入価格:720ml:1,365円(税込み)

葛飾北斎をはじめ多くの文人墨客を逗留させ文化をはぐぐんだ歴史や文化遺産を活かしたまちづくりで知られる小布施には三軒の酒蔵があります。(厳密には4軒)古い町並みが残る小布施の中心部に二軒、そして長野市へと至る小布施郊外の街道沿いに蔵を構える小さな酒蔵が高沢酒造です。蔵の創業は明治35年(1902)で、現在の年間生産高はわずか200石程度。この蔵で醸されるお酒は低精白向きの地元産酒造好適米「しらかば錦」を使用し、蔵元杜氏である高沢賀代子さんと家族3人で丁寧に仕込んでいます。昔からの酒銘は「米川」ですが、最近は県外流通用のブランド「豊賀」を新たに展開。これは主に特別純米酒と純米吟醸をラインナップしています。ちなみに「米川」の由来は「米を醸して酒となり、やがて川となって流れ出す」と言う思いを込めて名付けられたものですが、「豊賀」は豊受賀能売命(とようかのめのみこと)の天女伝説から引用されたものです。

華やかな吟醸香と、重厚なフルーティーな飲み口。フレッシュで少し尖った面もありますが、渋味、苦味、酸味がほどよくバランスが良いです。うまい!シンプルにうまい!!

お気に入り度:4

f0138598_20353722.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-11-22 20:35 | 長野 | Comments(0)
廣田泉 純米原酒 [明科酒造]
醸造元:明科酒造合資会社
URL:http://www7.ocn.ne.jp/~akashina/
住所:長野県安曇野市明科中川手4176
電話: 0263-62-2033
精米歩合:59%(美山錦)
日本酒度:±0
酸度:1.9
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,120円(税込み)

松本市と大町市の間に位置し、安曇野の東の玄関口でもある(旧)東筑摩郡明科町は、松本、中山道方面と長野を結ぶ2つの街道の追分でもあり古くから交通の要衝として栄えた町でした。明科町の中心部は松本盆地のもっとも標高の低い場所で、北アルプスを源流とするいくつもの清流が合流する水郷の里でもあります。
町の中心部に蔵を構える明科酒造の創業は明治中期で大正元年(1912)に会社組織に。酒銘は蔵の近くに建つ廣田神社にあやかって命名された「廣田泉」 です。

ほのかに甘酸っぱい乳酸の香りがします。しかし飲み口は透明でさっぱりとした淡麗辛口。後味にほのかな旨味を余韻で感じます。原酒ですがアルコール度数は16度なのでクセがありません。
燗にすると、おどろくほど酒質が変化します。やさしくまるい甘みが包み込む、米の旨味のたっぷり感。そしてサーッと消えていくキレ。これはうまい!

お気に入り度:3

f0138598_20443554.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-11-10 20:45 | 長野 | Comments(0)



私の飲んだ地酒(日本酒)と酒蔵の記録
by tztom by 太泉八雲
カテゴリ
タグ
全国各県の地酒が買える店
外部リンク
お気に入りブログ
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
人気ブログランキング
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
真稜(しんりょう)「純米..
from 日本酒ブログ(由紀の酒)
「竹鶴」 竹鶴酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雨後の月」 相原酒造株..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「富久長」 株式会社今田..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「天寶一」 株式会社天寶一
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「神雷」 三輪酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雑賀の郷」 株式会社 ..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
最新のコメント
太泉八雲様 この度..
by りゅと at 09:27
りゅと様 はじめまして..
by tztom at 15:54
はじめまして。 良い酒..
by tztom at 19:06
初めまして。 このお酒..
by 伊 謄 at 20:29
豊麗潤酒とは、面白いサブ..
by 明@由紀の酒 at 12:54
検索
ファン
ブログジャンル


Skin by Excite ism