タグ:純米大吟醸酒 ( 20 ) タグの人気記事
松嶺の富士 純米大吟醸 出羽燦々 生詰[松山酒造]
f0138598_04212928.jpg

醸造元:松山酒造株式会社
URL:http://fujiyashop.pripri-online.com/
住所:山形県酒田市字荒町17
電話:0234-62-2003
創業:文政12年(1828)

使用米:出羽燦々
精米歩合:50%
日本酒度:-1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:1.1
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,204円(税込み)

庄内平野の中心に位置し、JR羽越本線と陸羽西線が合流する鉄道の要衝の町、東田川郡余目町と最上川を挟んだ対岸の飽海郡松山町は江戸時代に庄内藩の支藩、出羽松山藩(後に松嶺藩)2万5,000石の小さな城下町「松嶺町」を中心地域として発達した町です。

現在の交通体系から外れているため、ひっそりと知名度はありませんが、酒田市で唯一の大手門が残されています。そう、平成の大合併で酒田市と合併してその一部となりました。

f0138598_04221108.jpg

松山酒造はかつての城下町の南側に位置する荒町で江戸時代後期の文政12年(1828)に創業。

以前は藤屋酒造本店という社名で酒銘も『天盃富士』でしたが、平成7年から社名を松山酒造に、酒銘も『松嶺の富士』と改めました。石数は約300石ほどの小さな酒蔵です。

このお酒は300本醸造限定酒で、ロットナンバーは130でした。

香りはクリーミーな乳酸香と気持ちフルーティーな香りが合わさったような。飲み口もほんのりとクリーミーで、爽やかで甘くメロンとスイカのような印象。酸の無いスッキリとした後味。

淡麗だけどどこかフルーティーな余韻。やさしい。これといったクセもインパクトは無いけれど、嫌なところがまるで無い。なんだかとても今風な印象。うまいよ。うまいですよ、これ。

お気に入り度:3


山形の地酒専門店厳撰美酒「阿部酒店」


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-09-13 04:22 | 山形 | Comments(0)
かほり鶴 純米大吟醸 つるの里米 [山縣本店]
f0138598_16455081.jpg


醸造元:株式会社山縣本店
URL:http://www.yamagt.jp/
住所:山口県周南市大字久米2933
電話:0834-25-0048
使用米:山田錦(山口県産)
精米歩合:50%
日本酒度:+1.5
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

周南市の中心市外(旧・徳山市)の東郊外。山陽道の細い旧道沿いに蔵を構える山縣本店は明治8年(1875)の創業の小さな酒蔵で、日本酒の他に芋焼酎を醸しています。蔵のすぐ裏手を山陽新幹線が走ります。
特別天然記念物に指定されているナベツルが飛来する越冬地、山口県周南市八代盆地に鶴との共生をめざした水田「ファームつるの里」で栽培された山田錦で醸したお酒です。

香りは控えめですが、米の旨みを感じる甘く華やか香り。飲み口は米の優しさを感じつつも酸が立つ、シャープな淡麗辛口なお酒です。後味をリセットするような苦味と中厚の酸味に透き通った淡麗さ。スッキリとした後味。料理に合うお酒ですね。うまいです。

お気に入り度:3


山口の地酒はやまぐち開盛堂が数多く取り揃えています。



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-03-13 16:46 | 山口 | Comments(0)
飛良泉 純米大吟醸 [飛良泉本舗]
f0138598_8262691.jpg


醸造元:飛良泉本舗株式会社
URL:http://www.hiraizumi.co.jp/
住所:秋田県にかほ市平沢中町59
電話:0184-35-2031
使用米:秋田酒こまち
精米歩合:50%
日本酒度:-1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

秋田県の南端。鳥海山の麓に位置するにかほ町は、日本海に臨む由利郡仁賀保町・金浦町・象潟町が2005年に合併してうまれた町です。TDK(株)の創業の地として知られている、旧仁賀保町の中心部に蔵を構える飛良泉本舗は京都に銀閣寺が建立された年、つまりは室町時代中期の1487年の創業で、日本でも三本の指に入る古い歴史を持つ蔵元です。もちろん秋田県では最古の酒蔵。
江戸時代は廻船問屋を営み、酒造りは副業としていましたが、明治初期より本業として斎藤酒造店となります。酒銘の『飛良泉』は廻船問屋も営んでいた時の屋号「和泉屋」と酒蔵のある場所の地名「平沢」から「ひらさわのいづみ屋の酒」として名付けられた事に由来。斎藤家は「和泉屋」という屋号のとおり、泉州の地(大阪)から仁賀保に移り住んだそうで、今でも大阪の泉佐野市に、斎藤総本家が残っており、当時は齋藤家の秋田支店の位置づけだったとか。ちなみにTDKの創始者である齋藤憲三は同じ一族です。

昭和39年(1964)の新潟地震で蔵が壊滅。廃業も覚悟しますが、昭和43年(1968)に飛良泉本舗として再起をはかりました。

香りは控えめですが口に含むと芳醇で華やかな吟醸酒らしい展開。フルーティーな甘口な米の旨みは米の旨みの凝縮した感があり、酸味、苦味、渋味を伴う広がりを持った余韻に続いて昇華して引いていくキレ。旨みが未練的にもやや舌に残る中厚な印象のラスト。潔いキレはなく、わりとどっしりとした飲み口のお酒です。秋田酒うまいです。うまい!!

お気に入り度:4


秋田の地酒は秋田県物産振興会【楽天市場店】で購入できます。



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-03-05 08:26 | 秋田 | Comments(0)
高清水 純米大吟醸 [秋田酒類製造]
f0138598_21372574.jpg


醸造元:秋田酒類製造株式会社
URL:http://www.takashimizu.co.jp/
住所:秋田県秋田市川元むつみ町4-12
電話:018-864-7331
使用米:秋田酒こまち
精米歩合:45%
日本酒度:+1.0
酸度:1.1
アミノ酸度:-
アルコール度:15.5度
購入価格:720ml:1,440円(税込み)

首都圏でも個人経営の居酒屋には大抵置いてある『高清水』は秋田の酒です。3デシ小瓶(300ml)の生酒(実際には生貯蔵酒)は居酒屋だけでなくスーパーにも並びます。きれいで飲みやすいこのお酒を醸す蔵元は秋田酒類製造と物々しい社名ですが、母体は江戸時代初期に創業した老舗「菊屋」を中心に、太平洋戦争時の企業整備令によって秋田市及び周辺の24蔵が統合して昭和19年(1944)発足した蔵です。しかし終戦後に石数の大きかった蔵が相次いで分離独立。現在は半数の12軒で経営が行われています。昭和50年代に県外・首都圏に販路を拡大、現在は東日本最大規模の大酒造メーカーだとか。

酒銘の『高清水』は日本書紀にも登場する霊泉、秋田市内の寺内大小路(通称「桜小路」)に沸く「高清水」に由来。懸賞公募で5,037点の応募の中から選ばれました。

純米大吟醸でこの価格はさすが秋田の大手蔵です。
吟醸香はほとんどなく、控えめな酸味。ライチのように爽やかな米の旨みがやさしく口に広がります。雑味の無い透明感のあるキレイな飲み口ですが、キリリとした酸が後味を引き締めます。後味にやや渋味、苦味が残りますが、蔵元が意図した設計なのでしょう。秋田の男酒といった感じがします。うまいです。

お気に入り度:3


このお酒はドラッグストアマツダで購入できます。ドラッグストアですが秋田の地酒を数多く取り揃えています。




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-01-18 21:39 | 秋田 | Comments(0)
花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 [南陽醸造]
醸造元:南陽醸造株式会社
URL:http://www.nanyo-jozo.com/
住所:埼玉県羽生市上新郷5951
電話:048-561-0178
使用米:-
精米歩合:48%
日本酒度:
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,750円(税込み)

羽生市は江戸時代に「青縞」という染物で栄えた街。その羽生市中心部から西郊外へ。行田・熊谷市方面へと至る県道沿いに蔵を構える南陽醸造は江戸時代後期の万延元年(1860)に初代、須永亀吉が茨城県古河市で酒造りの修行を積んだ後に独立して創業。ただし現在の場所に蔵を移転したのはさらに10年後の明治3年(1870)だそうです。

酒銘の『南陽』とは、中国魏の時代、文帝(曹操の息子曹丕)の命により長寿をもたらす霊泉探しに南陽県(現・河南省)の山奥に分け入った勅使一行が、700年も時を遡る不思議な童児と遭遇し、霊験あらたかな妙文を使った昔話に由来します。
近年、新しい吟醸酒ブランド『花陽浴(はなあび)』は酒通に知られる人気蔵となっています。酒銘の由来は「太陽の陽ざしをたくさん浴びて大輪の花を咲かそう!」という思いを込めたもの。

香りはほとんどありませんが、ほんのりとふくよかな乳酸香を感じます。飲み口は南国フルーツのような甘さとやや強めの酸味が若々しくタッグを組んでバランスをとっています。でも酸味は一瞬で、あとは苦味渋味が絶妙なタッグで一瞬顔を出したのち、やさしいキレで引いていきます。しかも原酒なのに重さはまったくありません。驚くほどライト!うまい。うまいです!!

お気に入り度:5

f0138598_014710.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2015-04-10 00:14 | 埼玉 | Comments(0)
梅美人 純米大吟醸 無ろ過生原酒 [梅美人酒造]
醸造元:梅美人酒造株式会社
URL:http://www.ume-bijin.co.jp/
住所:愛媛県八幡浜市1557-2
電話:0894-22-0312
精米歩合:50%(しずく媛)
日本酒度:+2.0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
アルコール度:17~18度
購入価格:720ml:2,100円(税込み)

佐田岬半島の付け根に位置する港町・八幡浜は四国一の規模を誇る魚市場を有し、また西予地域の玄関口として最も栄えた都市でもありました。その八幡浜の歴史は古代律令時代までさかのぼりますが、最も繁栄したのは江戸時代は宇和島藩の時代に藩を挙げた殖産興業政策によるものでした。幕末には長崎、大阪方面との交易港として栄え県下最大の港町となります。
そんな八幡浜の中心部、商店街の外れに建つ梅美人酒造は、有形文化財にも登録されているレトロな本社屋を初め幾つもの文化財建造物群を有し、この八幡浜地域のランドマークにもなっています。
梅美人酒造は歴史の古い旧家で、元々は呉服商を営んで財を築き、大正5年(1916)に酒造業に進出しました。その蔵元名は創業者である上田梅一の「梅」の一文字と、綺麗で飲み口の優しさから、「梅美人」と命名されたものです。名付けられました。

薄いコハク色、メロンのような吟醸香と笹の葉のような、野草のような老ね香が。飲み口もまた野草のような漢方のような不思議な風味と、厚みのある飲み口。酸味と苦味が伴うどっしりとしたキレ。純米大吟醸の無ろ過生原酒にしては、ちょっとその威厳は微塵も感じられませんでした。
時折感じるセメダイン臭は酢酸エチル臭でこれは醸造過程にバランスを崩した際に発生する香り...。これが、純米酒か普通酒だったら地酒らしい野趣っぽさがあるお酒として飲むことができますが...さすがに価格も純米大吟醸だったらアウトでしょう。それとも販売店の保管状態の問題でしょうか?しかしこの老ね香と風味は醸造過程のものだと思うので、熟慮の結果このお酒は評価。残念。他のお酒も飲んでみないといけませんね。

お気に入り度:2

f0138598_7512460.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-08-06 07:51 | 愛媛 | Comments(0)
隠岐誉 純米大吟醸[隠岐酒造]
f0138598_1132193.jpg

醸造元:隠岐酒造株式会社
URL:http://fish.miracle.ne.jp/okishzou/
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町原田174
電話:08512-2-1111
使用米:山田錦
精米歩合:45%
日本酒度:+4.5
酸度:-1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:16~17度
購入価格:720ml:2,804円(税込み)

かつて「隠岐」に5軒あった酒蔵が、昭和47年(1972)に合併してうまれた隠岐唯一の酒蔵です。

純米大吟醸というだけあって、過度な華やかさを抑えた香りで、爽やかなのどごしの清涼感ある食中酒としても調和のとれたお酒。やや渋みと酸が強く、濃い味付けの料理や中華料理などにも合います。

お気に入り度:3

隠岐誉 純米大吟醸 720ml

隠岐誉 純米大吟醸 720ml
価格:2,804円(税込、送料別)




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-07-30 11:33 | 島根 | Comments(0)
北の誉 純米大吟醸 鰊御殿[北の誉酒造]
f0138598_753628.jpg


醸造元:北の誉酒造株式会社
URL:http://www.kitanohomare.com/
住所:北海道小樽市奥沢1丁目21-15
電話:0134-22-2177
使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:±0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,192円(税込み)

小樽の地酒「北の誉」は、現在はオエノンホールディングスの傘下に入っていますが、元々は金沢から移住してきた野口吉次郎氏によって明治34年(1901)に創業されます。金沢では醤油醸造を手がけていましたがデフレによって廃業。借金を背負って北海道の地へ移住し、近江商人が新規事業として始めた醤油醸造蔵に奉公にはいります。やがて暖簾分け許されますが、そのの際に同じ醤油・味噌の製造業では申し訳ないとの理由で日本酒醸造を選んだとか。明治34年(1901)に資本金1万円にて小樽山田町にて試験醸造を行い日本酒「北の誉」が誕生、この年を創業年としています。

2016年1月に自主経営が困難となり合同清酒に吸収合併することになりました。ちなみに、オエノンホールディングスの前身である合同酒精は野口本店と東京の神谷酒造が中心となって設立した会社でした。

スペックとはまるで食い違う印象の、淡麗でライトなお酒。雑味はとうぜんながら旨みもほとんど無く、日本酒度10を思わせるようなドライな辛口。非常にコストパフォーマンスは高いですが、地酒というよりも大手の酒といった印象。

お気に入り度:2





人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2010-12-08 07:53 | 北海道 | Comments(0)
富翁 吟麗 大吟醸純米 [北川本家]
醸造元:北川本家
URL:http://www.tomio-sake.co.jp/
住所: 京都市伏見区山崎町364
電話:075-611-1271
精米歩合:49%(五百万石・日本晴)
日本酒度:+4.0
酸度:1.2
アミノ酸度:1.0
アルコール度:15.5度
購入価格:720ml:1,512円(税込み)
古代中国の四書五経にある「富此翁・・・」から生まれた酒銘の富翁は首都圏でも地名度のある伏見の酒。創業は江戸時代初期で宇治川に架かる豊後橋(現在の観月橋)の近くで「鮒屋(ふなや)」という船宿を営んでいた初代四郎兵衛が客に出す酒として酒造りを始めました。
大吟醸純米とは純米大吟醸のことか?どっしりとしたフルーティーな立ち香を裏切らない、旨口と深さを持ちながら、後からくるドライな印象。キレのあるお酒。
お気に入り度:3

おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒
f0138598_20253247.jpg



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2010-01-10 20:25 | 京都 | Comments(0)
獺祭 純米大吟醸50[旭酒造]
f0138598_1965146.jpg


醸造元:旭酒造株式会社
URL:http://asahishuzo.ne.jp/
住所:山口県玖珂郡周東町獺越2167-4
電話:0827-86-0120
使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+6.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:16~17度
購入価格::
720ml:1,418円(税込み)

玖珂郡周東町(現在は岩国市)の中心部から約10km、東川に沿って遡った山の中にある小さな酒蔵、旭酒造の創業は昭和23年(1948)。全量山田錦を使用して50%以下まで磨き、純米大吟醸酒と純米吟醸酒のみを醸造。今や全国的に知られる、山口県を代表する全国的にも超有名な酒蔵となりました。

以前に飲んだ「純米吟醸50」は濃醇で華やかなお酒の印象でしたが、それにに比べると、かなり辛口でドライなキレがあります。香りも抑えめですが、独特の果実酒のような香りとクセのある味わいは変わりません。しかし、純米大吟醸なのにこの価格はすごいですね。
都内のいろいろなお店で飲む機会がありますが、総じて今風のフルーティーな旨みのしっかりとある淡麗辛口のお酒です。

お気に入り度:4



おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2008-12-07 19:06 | 山口 | Comments(0)



私の飲んだ地酒(日本酒)と酒蔵の記録
by tztom by 太泉八雲
カテゴリ
タグ
全国各県の地酒が買える店
外部リンク
お気に入りブログ
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
人気ブログランキング
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
真稜(しんりょう)「純米..
from 日本酒ブログ(由紀の酒)
「竹鶴」 竹鶴酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雨後の月」 相原酒造株..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「富久長」 株式会社今田..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「天寶一」 株式会社天寶一
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「神雷」 三輪酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雑賀の郷」 株式会社 ..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
最新のコメント
太泉八雲様 この度..
by りゅと at 09:27
りゅと様 はじめまして..
by tztom at 15:54
はじめまして。 良い酒..
by tztom at 19:06
初めまして。 このお酒..
by 伊 謄 at 20:29
豊麗潤酒とは、面白いサブ..
by 明@由紀の酒 at 12:54
検索
ファン
ブログジャンル


Skin by Excite ism