タグ:純米酒 ( 257 ) タグの人気記事
タクシードライバー7号 純米生原酒[喜久盛酒造]
f0138598_22130748.jpg

醸造元:喜久盛酒造株式会社
URL:http://kikuzakari.jp/
住所:岩手県北上市更木3-54
工場:岩手県花巻市東十二丁目6-12-1(旧・白雲酒造)
電話:0197-66-2625
創業:明治27年(1894)

使用米:かけはし
精米歩合:55%
日本酒度:+5.0
酸度:2.0
アミノ酸度:-
アルコール度:17.8度
購入価格:720ml:1,647円(税込み)

『タクシードライバー』というおおよそ日本酒の銘柄とは思えない奇抜な酒銘で話題となった岩手の地酒。
ロバート・デ・ニーロ主演、マーティン・スコセッシ監督の映画を思い出す人もいるかも知れませんが直接的なつながりはありません。

喜久盛酒造の5代目蔵元・藤村卓也氏と映画業界で活躍するデザイナー・高橋ヨシキ氏がコラボした新ブランド、日本酒の新たな挑戦の一つです。

喜久盛酒造は明治27年(1894)に藤村酒造店として創業。戦時中の企業整備令による企業合併で花巻酒造株式会社となりますが、戦後は再び6つの酒蔵と共に分離独立します。

そして昭和26年(1951)に藤村酒造店から喜久盛酒造株式会社に社名変更しました。
『喜久盛』の由来は3代目蔵元の藤村久喜(きゅうき)氏が「久喜が逆立ちしてでも盛り上げる」という思いをこめて銘々。

しかし、喜久盛酒造は2011年の3.11東日本大震災で被災し蔵は倒壊。蔵のある北上市は内陸部であった為に被災支援を受ける事は出来ませんでした。

廃業も視野に苦境に立たされた喜久盛酒造でしたが、隣の花巻市で被災は免れたものの、後継者難で蔵を畳む事となった白雲酒造の蔵を譲り受け、2つの蔵の思いを一つに再興を果たしました。

生原酒です。薄いコハク色で香は控えめ。飲み口はキリリと引き締まったダレない旨みがあって酸は控えめ、厚みのある透明な辛口のお酒です。重くない。甘すぎず、ライトな生原酒。若さを主張せず、生原酒とは思えないライトでクリアな落ち着き具合にちょっと驚き。これはうまいです。うまい!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-02-22 22:13 | 岩手 | Comments(0)
綿屋倶楽部 黒澤米 純米酒[金の井酒造]
f0138598_00551632.jpg

醸造元:金の井酒造株式会社
URL:なし
住所:栗原市一迫川口町浦1-1
電話:0228-54-2115
創業:大正4年(1915)

使用米:ひとめぼれ(おもてなし)
精米歩合:60%
日本酒度:+4.0
酸度:1.8
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

宮城県北部、栗駒山南東麓に位置する旧栗原郡一迫町の中心部、金田地区に蔵を構える金の井酒造は近年注目を集める新進気鋭の酒蔵です。

ちなみに、町内のすぐ近くに一の蔵の金龍蔵があります。

蔵元の三浦家は古くからこの地で林業や味噌醸造を営んでいた大地主であり商家でしたが、大正4年(1915) に酒造業に参入しました。金の井酒造は蔵がある金田村と良質な水に恵まれていたことに由来する『金の井』が主力銘柄でしたが、現在は特定名称酒の新しいブランド『綿屋』に変え500石あまりを醸しています。

この『綿屋』とは、かつて養蚕業を営んでいた事に由来しますが、現在も蔵の隣に「わたや薬局」を親族が営んでいます。

宮城県涌谷町で有機農法家として知られる黒澤重雄氏が発見した「ひとめぼれ」の変異種・極早稲を栽培した酒米「おもてなし」を使った純米酒。「黒澤家」が作ったから「黒澤米」と呼ばれています。

『綿屋倶楽部』は「綿屋」と「黒澤家」のコラボ企画酒。

またこのお酒は季節によって火入れが異なり、春〜夏は火入れ。秋〜冬は生酒で出荷されます。今回は生酒となります。


なんだ、この澄んだマスカット、ライチ、スイカのような澄んだ旨み。雑味は無くスッキリと鋭い辛さとやさしい旨みの溶け込んだ淡麗辛口。キレイなお酒で澄んだお酒。生なのに変に若すぎず、上品な印象。蔵が目指すお酒は、料理を邪魔しない食中酒。たしかに自然に抵抗感無く盃が進む酒です。うまい。じっくりうまいです。

お気に入り度:4


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-01-28 00:55 | 宮城 | Comments(0)
宝船 浪の音 純米酒 閖[佐々木酒造店]
f0138598_00442094.jpg

醸造元:有限会社佐々木酒造店
URL:http://www.naminooto.co.jp
住所:名取市閖上1-8-10(被災)
電話:022-385-0053
【仮設店舗】
住所:名取市美田園7-1-1-E4(閖上さいかい市場内)
電話:022-398-8596
【仮設蔵】
住所:名取市下余田字中荷440-1-B(名取市復興工業団地内)
電話:022-797-3932
創業:明治4年(1871)

使用米:ヒトメボレ
精米歩合:60%
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,400円(税込み)

仙台市の南に接する名取市。赤貝の産地でも知られる名取川河口に位置する閖上(ゆりあげ)地区に蔵を構える佐々木酒造店は明治4年(1871)の創業。

しかし2011年の3.11東日本大震災では高さ5メートルの津波が押し寄せ、町と共に酒蔵も失われてしまいした。実は佐々木酒造店は今回の震災から35年前の宮城県沖地震後に酒蔵を土蔵から鉄筋コンクリート造に建て替えた為、設備は破壊されながらも貯蔵タンクの純米酒は奇跡的に助かりました。それを県内の蔵元・森民酒造本家(仙台市若葉区荒町)でろ過・瓶詰し出荷したのがこのお酒です。

蔵のあった閖上地区の名を一字に誓った復興の思いをこめた酒『閖』です。

酒銘『宝船浪の音』は絶えること無く聞こえ続ける浪の音に由来。「宝船」は七福神の宝船のことか?和歌の一首に「永き世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音のよきかな」というのがあります。

その後佐々木酒造店は復興工業団地の倉庫に仮設の蔵を設置、兄弟による酒造りで再スタートしました。

野趣的な乳酸香。飲み口はふくよかで芳醇。甘みのある、どっしりとした飲み応えのあるお酒です。透明な中に乳酸系の甘い中にも、渋味、苦味、酸味はその一歩裏手、2つほどのベールを挟んだ先にほんのりと感じるような最後までやさしいキレ。

そしてビターなチョコレートのような香ばしい甘さ。

燗にすると、これはもう。ふくよかで芳醇な甘みとやさしい酸味、苦味、渋味の余韻的なバランス。フルボディーにフルーティーな深い酒。うまい。うまいです。

甘くて、ふくらむ。うまさ、このお酒は燗がうまい!最高!


お気に入り度:冷3/燗4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-01-27 00:45 | 宮城 | Comments(0)
森乃菊川 純米酒[森民酒造本家]
f0138598_00482184.jpg

醸造元:森民酒造本家
URL:なし
住所:宮城県仙台市若林区荒町53
電話:022-266-2064
創業:嘉永2年(1849)

使用米:宮城県産米
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,188円(税込み)

現在、仙台の中心市街地に唯一残る小さな酒蔵、森民酒造本家。
大崎郡にある伊達政宗が幼少期を過ごした城下町・岩出山にある『森泉』の森民酒造店の本家にあたります。

蔵の創業は江戸時代後期の嘉永2年(1849)で、蔵がある荒町は職人町であると共に多くの麺屋が軒を連ねていたそうです。現在は小さな酒蔵ですが明治28年の全国酒造番付表によると全国で8位。東北最大の生産量を誇っていたといいます。

現在は使用していない酒蔵をイベントスペースとして様々な催しを開催。
また、また東日本大震災により壊滅的な被害を受けてしまった名取市の酒蔵・佐々木酒造を支援しています。

香りは控えめですが、飲み口は青リンゴのようなスッキリとフルーティな酸味に続くふくよかな旨み。舌の先に感じる甘み。雑味の無い水のような透明感。吟醸酒のような淡麗辛口のお酒です。うまい!うまいです。

燗にすると、フルーティーな香りは消え、やや雑巾のような老ね香が…。ふくよかな旨みですが、香りがちょっと気になります。常温からぬる燗くらいにした方が香りが立たなくで良いですね。このお酒は冷やがいいです。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-01-11 00:49 | 宮城 | Comments(0)
乾坤一 純米酒[大沼酒造店]
f0138598_17150675.jpg

醸造元:有限会社大沼酒造店
URL:なし
住所:柴田郡村田町村田字町56-1
電話:0224-83-2025
創業:正徳2年(1712)

使用米:ササニシキ
精米歩合:60%
日本酒度:+2.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,241円(税込み)

宮城県南部の柴田郡村田町は江戸時代に伊達家の城下町として発展し、奥州街道と羽州街道の宿場町、また紅花などの集散地として栄えた町で、今もなお古い土蔵造りの家並みが多く残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

その古い町並みの中心部に蔵を構える大沼酒造店は江戸時代中期の正徳2年(1712)に創業した歴史の古い酒蔵で、宮城県内でも二番目に古い酒蔵です。

酒蔵の創業は「大沼屋」の三代目からで、仙台藩の「御国産問屋商人」を務め名字帯刀 を許された商家でした。

酒銘の『乾坤一』(けんこんいち)初代宮城県知事から命名されたもの。乾坤一擲(けんこんいってき)の意味で、のるかそるかの勝負をするという意味だとか。

酒蔵は東日本大震災で甚大な被害を受けますが、蔵を立て直して再出発しました。

f0138598_17144327.jpg


香りはひかえめで無色透明。クセの無いやさしい飲み口の淡麗辛口です。しっかりとした旨みを感じます。うまいです。

燗にするとスッキリ、ふくよかなうま味と澄んだ飲み口。後半に続くバランスの良い苦味も綺麗に引いていきます。燗はめちゃいいですね。うまい!うまいです。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-12-10 17:15 | 宮城 | Comments(0)
美波太平洋 純米酒 赤ラベル[木次酒造]
f0138598_00203300.jpg

醸造元:木次酒造株式会社
URL:http://www.kisukisyuzou.com/
住所:島根県雲南市木次町木次477-1
電話:0854-42-0072
創業:大正12年(1923)

使用米:五百万石
精米歩合:65%
日本酒度:+12.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,512円(税込み)

JR木次線の路線名にもなっている大原郡木次町(きすきちょう)は宍道湖から南に約15kmほど入った山間部の町。斐伊川中流域の雲南3郡の接点に位置している事からこの地域でも有数の規模を誇る町で、古来より山陰沿岸部と奥出雲地域を結ぶ中継地として発達。中心市街には八日市・三日市、新市の名が今も残ります。

江戸時代初期に松江藩は当時農村の副業であった製紙業を奨励し、木次には出雲国唯一の紙座が開設され在郷町として発展します。

またこの木次は神話「八岐大蛇」(やまたのおろち)に於いて、 日本で初めてお酒が造られたとされる地域とか。

木次町の中心部に蔵を構える木次酒造は大正12年(1923)の創業。日本海側の島根県にあるのに酒銘の『美波太平洋』の由来とは。創業当時に酒銘は大きな名で行こうと、南太平洋海域のきれいな海をイメージして『南太平洋』命名。昭和20年代に現在の『美波太平洋』に改めます。また美波は「みなみ」とも「びば」とも読め、「びば」は「万歳」という意味のイタリア語「VIVA」にも通じるという語呂合わせの意味も。

最近流行のシンプルな機能説明に特化した「限定酒」らしいラベルに都会的な飲み口を想像しましたが...。色は白ワインのようなキレイなコハク色。まず木の樽のような香りが、飲み口にも繋がり、樽香と風味が口に広がります。強い酸味がまず最初にあって、うま味は徹底的に抑えられ、やはり濃い木の香りが最後まで口に広がり残ります。

日本酒度12度らしい、シャキッとしたキレ。ドライな風味。そしてちょっと土っぽい。

う〜ん、久々にガツンと地酒らしい個性の地酒に出会いました。

燗にすると、強いクセは控えめになり、コクがあり酸も控えめになって、やさしくまろやかで深い飲み心地のお酒になります。いや〜このお酒は燗がいいです。でもクセがありすぎ。どう言う料理に合うんだろう?
正直ちょっと個人的に苦手なお酒でした。

お気に入り度:2




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-11-25 00:26 | 島根 | Comments(0)
奥出雲 純米酒[奥出雲酒造]
f0138598_04404147.jpg

醸造元:奥出雲酒造株式会社
URL:http://okuizumosyuzou.com/
住所:島根県仁多郡奥出雲町亀嵩1380-1
電話:0854-57-0888
創業:大正15年(1926)
設立:平成16年(2004)

使用米:五百万石
(島根県産米)
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,296円(税込み)

奥出雲町の中心市街から北へ約3km。JR木次線の出雲八代駅がある八代地区は「出雲風土記」に布施郷と記された古い町で、江戸期にはこの地内3ヶ所にあった鉄山と共に栄え、物資の集散する在郷町となります。今も旧街道に沿って古い町並みが残ります。

そうして栄えた布施村では酒造業が盛んでしたが、近年に至っては最後に残った一軒、大正15年(1926)創業の八千代酒造が平成15年(2003)に廃業。そこで平成16年(2004)に奥出雲町が蔵を引き継ぎ、第3セクターの奥出雲酒造を設立します。

町が廃業した酒蔵を買い取って酒造りを継続した理由は、この奥出雲町の水稲の作付面積のうち、酒造好適米の占める割合が実に10%も締めていたから。蔵は道の駅「酒蔵奥出雲交流館」も併設しています。

主力銘柄の『仁多米』とは、この仁多郡奥出雲町で収穫されるコシヒカリの産地ブランド名の事。西日本で唯一「特A」を獲得した品質で「東の魚沼産、西の仁多米」と言われています。
でもこのお酒は五百万石。

香りはほのかにスッキリとしたフルーティーさ、飲み口はほのかに薬品的な酢酸エチル香を感じますが、決して不快ではなく、良い意味で、どこか都会的なシャープでドライなイメージに繋がります。苦味、渋味もほどほどにバランス良く、淡麗な辛口の白ワインのような印象。雑味はなく、独特の含み香が場合によってはクセになります。

これは、なかなか飲み飽きしない。常温よりもキンキンに冷やした方が都会的な飲み口、のど越しを期待できます。うまいです。

燗にしてもうま味の少ないさっぱりと、あっさりとした淡麗なお酒です。酸や苦味、渋味が少ないのでそれほど辛さは感じません。スーッと飲んでホッとする。そんな感じのお酒。熱くするほど味が無くなっていくので、ぬる燗くらいがちょうど良いかも。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-11-19 04:42 | 島根 | Comments(0)
羽前桜川 純米出羽の里 向日葵[野澤酒造店]
f0138598_07321481.jpg

醸造元:野澤酒造店
URL:なし
住所:山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町213
電話:0238-62-2011
創業:宝永3年(1706)

使用米:出羽の里
精米歩合:70%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,134円(税込み)
宝永3年(1706年)

西置賜郡小国町(おぐにまち)は山形県の南西端、新潟県と接する人口約8千人の古くからの国境で交通の要衝として栄えました。周囲を山岳に囲まれて孤立した町ですが、江戸時代には上杉家米沢藩の小国代官所が置かれていました。

国道113号線・小国街道は山形県の置賜地方と新潟県を結ぶ古くからの街道で越後街道と呼ばれ、大永元年(1521)開通という歴史の古い街道です。

小国町の中心市街の国道沿いに蔵を構える野澤酒造店は江戸時代中期の宝永3年(1706)に創業した歴史の古い酒蔵です。

酒銘の『桜川』名勝、片洞門の桜川渓谷に由来。

飲み口はスッキリとしていますが、しっかりとした旨みもあります。やさしい飲み口です。自然な余韻。雑味もなく、ほのかな苦味渋味の自然な余韻が心地よいです。もう少し地酒っぽい野暮ったさがあるかと思いましたが、結構洗練された淡麗辛口のお酒でした。うまいです。うまい!

燗にするとやさしいうまさ。ああ、やさしい。やさしい後に丸くなった渋味苦味が一瞬スキッとリセットする。ダレない、キレがまたいい。燗最高。

お気に入り度:冷3/燗4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-11-05 07:32 | 山形 | Comments(0)
霞城壽 純米酒[寿虎屋酒造]
f0138598_00313685.jpg

醸造元:寿虎屋酒造株式会社
URL:http://www.kotobukitoraya.co.jp/
住所:山形県山形市大字中里字北田93-1
電話:023-687-2626
使用米:出羽の里
精米歩合:55%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,382円(税込み)

山形市の東郊外、「山寺」へ向かう途中の村山高瀬川が流れる中里地区にある大きな酒造工場が寿虎屋酒造です。
以前は山形市の中心繁華街・七日町にありましたが、都市化と共により良い酒造環境を求め、平成元年(1989)に現在の場所へ移転しました。

f0138598_00320363.jpg

寿虎屋酒造は江戸時代中期の江戸享保年間(1715~1735)に「虎屋」として創業。山形近郊にいくつもの酒造工場を持っていました。

当時「虎屋」第三酒造場であった寒河江工場を分家独立させたのが、寒河江市にある千代寿虎屋です。この時本家「虎屋」は寿虎屋酒造と改めました。

色は無色透明で、ほのかに米の旨みを感じるフルーティーな印象の立ち香。飲み口もスッキリとした甘みのある淡麗辛口のお酒です。後味もスッキリとしたフルーティーで心地良い余韻。やや甘口の白ワインのような印象で。いや〜、うまい!!
栓をあけて数日奥と、飲み口がまろやかに、やさしくなってますます、うまい!うまいです。

燗にすると、予想以上に・・・まるで「甘酒」のようなインパクトのある甘さと麹の香りが引き立ちます。中盤から苦味と酸味がバランスよくダンスを舞い、序盤はやさしくふくよかに消えてきます。いや〜うまです。これはうまい!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-11-02 00:33 | 山形 | Comments(0)
磐城壽 純米酒 [鈴木酒造店 長井蔵]
f0138598_07440037.jpg

醸造元:株式会社鈴木酒造店 長井蔵
URL:http://www.iw-kotobuki.co.jp/
住所:山形県長井市四ツ谷1-2-21
電話:0238-88-2224
創業:天保年間(1830~1844)鈴木酒造店
創業:昭和6年(1931)東洋酒造

使用米:五百万石(福島県産)
精米歩合:65%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,290円(税込み)

山形県の南西部、米沢盆地に連なる長井盆地の中心に位置する長井市は人口約2万8000人の町で、古くは最上川舟運の港町として栄えた商工業都市で、日本海に面した一大海運港であった酒田から最上川を経由して米沢に至る舟運ルートの終着港として繁栄しました。

長井市の中心市街地に蔵を構える鈴木酒造店は、実は福島県の酒蔵としても重複してしまいますが、今回は「長井蔵」として紹介します。

鈴木酒造店がかつてあった福島県双葉郡浪江町といえば、東日本大震災と福島第一原発の被災によって避難地域に指定された町です。

原発による被害だけでなく、沿岸部の町も津波によって消滅。鈴木酒造店も全てを失いました。

しかし福島県の試験場に預けてあった酵母を使って鈴木酒造店は再起をはかります。

f0138598_07434788.jpg

最初は会津の酒蔵から施設の一画借りての酒造りの再スタートでしたが、その後長井市の「東洋酒造」が後継者不在の為に廃業する事になった為、これを買い取り鈴木酒造店長井蔵としてスタートしたのが平成23年の事でした。

東洋酒造は最上川舟運で栄えた町の有力者が出資して昭和6年(1931)に創業した蔵で、主力銘柄の『一生幸福』は鈴木酒造店長井蔵が引き継ぎます。

最小限の濾過にとどめた薄いコハク色の薄にごりでほんのりと甘いメロンのような香り。飲み口はシャープな中に米の旨みがしっかりとある。元々の海の漁師酒らしい淡麗辛口のお酒です。燗にしてもおいしいお酒です。うまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-10-14 07:48 | 山形 | Comments(0)



私の飲んだ地酒(日本酒)と酒蔵の記録
by tztom by 太泉八雲
カテゴリ
タグ
全国各県の地酒が買える店
外部リンク
お気に入りブログ
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
人気ブログランキング
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
真稜(しんりょう)「純米..
from 日本酒ブログ(由紀の酒)
「竹鶴」 竹鶴酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雨後の月」 相原酒造株..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「富久長」 株式会社今田..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「天寶一」 株式会社天寶一
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「神雷」 三輪酒造株式会社
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
「雑賀の郷」 株式会社 ..
from 「一路一会」のぶらり、小さな..
最新のコメント
はじめまして。 良い酒..
by tztom at 19:06
初めまして。 このお酒..
by 伊 謄 at 20:29
豊麗潤酒とは、面白いサブ..
by 明@由紀の酒 at 12:54
明さま、ご無沙汰しており..
by tztom at 21:37
いかにもお土産っぽい銘柄..
by 明@由紀の酒 at 16:24
検索
ファン
ブログジャンル


Skin by Excite ism