常山 壱のます [常山酒造]

f0138598_21593235.jpg


醸造元:常山酒造合資会社
URL:http://www.jozan.co.jp/
住所:福井県福井市御幸1丁目10-20
電話:0776-22-1541
使用米:山田錦
精米歩合:70%
日本酒度:+4.0
酸度:1.1
アミノ酸度:-
アルコール度:15.3度
購入価格:1,800ml:1,785円(税込み)

常山酒造は福井市の中心部、JR福井駅東口から徒歩数分の場所に建つ蔵で、創業は幕末の文化元年(1804)の歴史を持ちますが、小さな家族経営の蔵です。
ちなみに造り酒屋としての創業は文化元年ですが、それ以前は江戸時代初期の元和7年(1621)創業の両替商「錦屋」で福井藩の御用商人だった旧家です。造り酒屋を始めた当時の屋号はまさしく「両替屋」で、酒銘は『常祝(じょうしゅく)』でした。その後現在まで続く主力ブランドが『羽二重正宗』で、平成8年に誕生した新銘柄が『常山』です。ちなみに『常山』は、酒銘では「じょうざん」と読みますが、酒蔵の会社名では「とこやま」と読みます。

寒い季節なので晩酌用の普通酒をチョイス。これははっきり言って”甘い水”だ。澄んだ”甘い水”だ。醸造アルコールのクセがあまり感じられなく、やさしい旨みと潔いキレ。燗にしても甘みに上品さが出て、鼻につく刺激は皆無。やや線が細い気もしますが、ああ、これは旨い。淡麗辛口の好きな人にはちょっと甘すぎるかも知れません。しかし晩酌酒としてはコストパフォーマンスの高いお酒です。

お気に入り度:4


常山 特別純米 ひやおろし [常山酒造]
f0138598_221622100.jpg


使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,365円(税込み)

常山酒造は福井市の中心部、JR福井駅東口から徒歩数分の場所に建つ蔵で、創業は幕末の文化元年(1804)の歴史を持ちますが、小さな家族経営の蔵です。

ほのかに乳酸香。芯のある甘みに加えて、飲み口にもほんのりと木香を感じます。みずみずしい透明感にしっかりとした酸が甘みを伴いながらも、バランスの良いスムーズでストレートなキレにつながっていきます。うまいです。

お気に入り度:3



福井の地酒が揃う専門店「福井の地酒とワイン まるこ」


日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
↑日本の地酒を応援!!ポチッとお願いします。


[PR]
by tztom | 2012-03-01 22:00 | 福井 | Comments(0)