白陽 登龍 特別純米 生酒 [大谷忠吉本店]

醸造元:合名会社 大谷忠吉本店
URL:http://www.hakuyou.co.jp/
住所:福島県白河市本町54
電話:0248-23-2030
精米歩合:60%(-)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,260円(税込み)

白河市本町に構える大谷忠吉本店は明治12年(1879)創業の蔵。日本を代表する大正・昭和の詩人である萩原朔太郎の妻・美津子の生家でもあります。当時蔵元の大谷忠一郎は、家業の酒造業を営みながら詩人としても活躍しており、その縁で二人は結ばれました。(その後離婚)
この蔵の銘柄は「白陽」ですが、「登龍」は杜氏見習いの大木兄弟が酒質の設計から全工程を手がけた秀作です。

メロン・バナナのような濃いフルーティーな香り。飲み口に若々しさからくる濃醇っぽさを感じますが、実は淡麗で旨みは控えめ。やや苦味、渋みが残り、やや荒々しい辛口な後味のお酒です。半年寝かせば、澄んだ米の旨みをもったおいしいお酒になるかもしれません。とは言いましたが、この生酒でも十分楽しめ、十分に美味しいお酒です。
お気に入り度:3

f0138598_22495442.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
↑日本の地酒・福島の地酒と酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-05-17 22:50 | 福島 | Comments(0)