二面 純米吟醸 しぼりたて無濾過原酒 [板野酒造本店]

f0138598_19553440.jpg


醸造元:株式会社 板野酒造本店
URL:http://www10.ocn.ne.jp/~futamo/
住所:岡山県北区大井2272
電話:086-295-0025
創業:明治3年(1872)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17~18度
購入価格:720ml:2,200円(税込み)

岡山県の足守は豊臣秀吉の正室ねねの兄が藩祖の木下家2万5000石の小城下町(陣屋町)で、今もその面影を色濃く残しています。

その足守にはかつて「谷口屋」という酒蔵がありました。
足守の北隣りに位置する大井地区は古くから足守道沿いに発展した市場町で、その一画に蔵を構える板野酒造本店は、その「谷口屋」(板野酒造場)の当主・板野平治郎の次男・鹿之助が「三谷屋」の屋号で分家したのが始まりで、創業は明治3年(1872)です。

この大井はその昔「ニ面ごおり」と呼ばれ、古文書によると豊臣氏と毛利氏の合戦でこの地で陣を置いた山が「二面(ふたも)山」と呼ばれていたとあり、また現在の大井地区が足守郷と大井郷から分村して成立した二面村であった事から酒銘の「二面」が生まれました。

この純米吟醸 しぼりたて無濾過原酒は倉敷にある酒販店・八木商店(大正10年創業)のオリジナル商品です。

はじめメロンのようで後からライチのような爽やかな吟醸香が続きます。

無濾過の生原酒ですが、無色透明に近いです。

骨太な飲み口ですが、意外にあっさりとしています。

が、飲んでいる内にガッツリとした辛さが口の中に落ち付き、しかしそれがサーッと引いていきます。

食中酒としても酒と食事がすすむように、苦味・渋味が後口を引き締めバランスを取っているようです。

うまい。

なかなか、うまい!

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2013-05-23 19:56 | 岡山 | Comments(0)