八重菊 原酒 [佐々木酒造]

醸造元:佐々木酒造合名会社
URL:なし
住所:愛媛県伊予郡砥部町総津785
電話:089-969-2005
精米歩合:60%(松山三井)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19~20度
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

愛媛県松山市の南東に位置し、焼き物の町として知られる砥部町からさらに山峡へと分け入った上尾峠の先の(旧)伊予郡広田村の中心部総津。旧道沿いに宿場町を思わせる古い町並みが残されていますが、その町並みの中心でありランドマークでもあるのが江戸時代から続く旧家で、明治5年(1872年)創業の佐々木酒造です。その明治初期に建てられた商家や土蔵の酒蔵は国の重要文化財です。この蔵のお酒は基本2〜3種類で、ほとんどが長期貯蔵されたものです。その保存熟成も冷房を使用せず、自然のままの貯蔵だとか。夏でも気温の低い高地の特性を生かした酒造りを行っています。今回購入した八重菊の原酒(おそらく本醸造)は11年ものですが、それがこの価格。

色は当然ながら薄いコハク色。これがシロップのようなきれいな色をしています。栓をあけると香りはまさに芳ばしく重みのある熟成されたもの。そしてまず最初に口に含んで感じるのは「品」です。紹興酒に近い
風味はありますが、それほど重くなく、余韻を楽しんでいるうちに自然に引いていくキレ。
ブランデー入りの梅酒みたいなほのかな酸味は気品のある重厚な爽やかさを添えています。夜に本を読みながら飲みたくなるようなお酒です。久々に衝撃を受けたお酒でした。うまい!!

お気に入り度:4

f0138598_2312099.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-07-09 23:02 | 愛媛 | Comments(0)