本醸造 児島惟謙  [緒方酒造]

醸造元:緒方酒造株式会社
URL:なし
住所:愛媛県西予市野村町野村12-17
電話:0894-72-0036
精米歩合:60%(松山三井)
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16.3度
購入価格:720ml:1,500円(税込み)

平成の大合併で西予市となった(旧)野村町は肱川上流の河岸段丘上に発展した町で、古くは養蚕で栄えた町でした。この野村町の旧家である緒方家11代目の緒方惟重が、宝暦3年(1753年)に創業。17代目の緒方惟貞は、今も野村町に残る乙亥大相撲の創始者。この緒方惟貞のもとで3年間、文武の修業を励み、後に「大津事件」で司法権の独立を守ったことで「護法の神」と称されたのが大審院長(現在の最高裁判所長官)を務めた児島惟謙。これがこの本醸造酒の酒銘です。
野村町には近年まで2軒の酒蔵がありましたが、現在はこの緒方酒造1軒のみ。焼酎やリキュールも醸していますが、大半が糖類添加のお酒の中で、かろうじてあった本醸造。地元密着の小さな酒蔵です。しかし吟醸酒並みの価格。たしかに松山三井を60%まで研いているが...。

香りはほんのり乳酸のふくよかさを感じる程度。淡麗な旨口のお酒です。仕込み水の特性か飲み口は丸いですが、ややドライで舌にのこる辛さで後味に渋味が残ります。
燗にすると鼻に感じる刺激臭。雑味が増え、スッキリとしています、水っぽいですが後味にほのかな旨味を感じる。正直まあまあなお酒。

お気に入り度:2

f0138598_715341.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-07-23 07:15 | 愛媛 | Comments(0)