玉川 純米酒 [池田屋・最進酒造]

醸造元:最進酒造合名会社(池田屋酒店)
URL:http://www9.ocn.ne.jp/~ikedaya/
住所:愛媛県西予市宇和町卯之町4-332
電話:0894-62-0223
精米歩合:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,200円(税込み)

四国でも有数の古い町並みが残り、国の重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)に選定されている卯之町は在の西予市宇和町の中心部にあり、江戸時代に宇和島藩の在郷町として発展し、また四国霊場第43番札所の明石(めいせき)寺の門前町として栄えた町でした。

この卯之町には3軒の酒蔵がありますが、うち2軒が重伝建の中町通り地区にあります。1軒は愛媛の地酒を代表する一つ、「開明」の元見屋酒店でもう一軒が「玉川」の最進酒造です。この卯之町で最も大きな豪商の佇まいを残す旧家で江戸時代後期に「池田屋」の名で創業しました。最進酒造は昭和33年(1958)に会社として成立。文化財でもある最進酒造の鳥居門と呼ばれる長屋門は天保5年(1834年)鳥居半兵衛によって建築。その2階には蘭学者である高野長英が逃亡中に身を潜めた隠し部屋(からくりの間)があります。最進酒造はその後廃業してしまいますが、「池田屋」の屋号でギャラリー&喫茶、蔵はイベントスペースとして運営されています。

現在「池田屋」では最進酒造の名で数種類の日本酒が販売されていますが、自醸はしていません。西条の酒蔵に依託醸造しているといいます。さて現在西条に残る酒蔵は日本一小さいと言われる蔵本屋本店と準大手の石鎚酒造のみ。なので石鎚酒造かな?
和紙のラベルが地酒っぽい風情をそそりますが、酒銘と酒蔵の住所以外の一切の情報がありません。

栓をあけると立ち上がるフルーティーな香り、飲み口もフルーティーな甘みを醸しながらも、さっぱりとしたクセの無いキレ。予想以上にかなりレベルが高いお酒です。何度飲み直しても旨い。まあ、造っている蔵が大手なので安定した酒質とも言えます。でもうまいです。

お気に入り度:4

f0138598_2224577.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-07-24 22:25 | 愛媛 | Comments(0)