紬美人 山廃特別純米酒 [野村醸造]

醸造元:野村醸造株式会社
URL:http://www.tsumugibijin.co.jp/
住所:茨城県常総市本石下2052
電話:0297-42-2056
使用米:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:+4.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,328円(税込み)

水海道から下妻方面に国道294号を北上すると、突如天守閣が見えてきます。鎌倉時代に石下氏を称した豊田氏が築いた豊田城の跡地に城を模した施設、その名も「石下町地域交流センター豊田城」。江戸時代は幕府直轄領となり、幕末に市場町が成立。明治に入ると繊維業で発展し、「結城紬」のブランドの一つ「石下紬」は全国にその名が知られました。このころから石下には2軒の酒造家が現れます。文化2年(1805)新石下で創業した清酒『一人娘』を醸す山中酒造店の山中家と明治30年(1897)上石下(現・新石下)で創業し清酒『紬美人』を醸す野村醸造の野村家がそれです。酒銘の『紬美人』もこの地で千年の歴史ある「結城紬」にちなみます。

香りは控えめ、山廃特有の独特の押しの強さもありません。キリリとしていて酸が強くやや後味が紹興酒のような熟成香を感じます。通常の何倍もの手間暇と時間を掛けた山廃造りの飲み口は好みが分かれるところですが、このお酒は山廃香を押さえすっきりと飲みやすい都会的な嗜好に合わせたとか。酸味も柑橘類のような爽やかさと熟成された落ち着きを併せ持つ「深い」お酒です。うまいです。

燗にすると、基本的なところでの香りや風味は変わりませんが、より丸くしっとりとした、優しい雰囲気になり、ほのかに大人のビターな後味も相まって、ブランデーのお湯割りを飲んでいるような、ゆったりとした時間を感じます。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_23225023.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-11-26 23:22 | 茨城 | Comments(0)