みずの光彩 特別純米酒 [潜龍酒造]

醸造元:潜龍酒造株式会社
URL:http://www.sake-honjin.com/
住所:長崎県佐世保市江迎町長坂免209
電話:0956-65-2209
使用米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+2.0
酸度:-1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

佐世保市の北西、平戸への中間に位置する江迎町に蔵を構える潜龍酒造(せんりゅう)の創業は江戸時代中期の元禄元年(1688)で、元々は平戸藩の七浦奉行を務めていた藩士、初代山下庄左衛門が藩命によって酒造業を始めたといいます。その為、平戸藩主が参勤交代の折や長崎港警備へ出向く際には本陣としても使用されていました。現在その屋敷趾は長崎県の有形文化財、創業当時築と言われる酒蔵は長崎県指定有形文化財となっています。
『みずの光彩 特別純米酒』畳巻いています。すごいラベルというかパッケージというか。

香りは控えめながらも、山田錦らしい吟醸酒のような華やかさとは違った米の旨みが凝縮したパワーを感じます。やさしく、コクのあるふくよかさを持つ芳醇な辛口のお酒でした。

燗にすると、香りと華やかさが強く主張しすぎで、ちょっとくどい印象です。旨みは厚みをもって広がりますが、華やかさが鋭く嗅覚に詰め寄ります。ぬる燗でも同じような印象。このお酒は冷やか常温の方が自然に飲めますね。

お気に入り度:3

f0138598_02322.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2015-01-15 00:02 | 長崎 | Comments(0)