人気ブログランキング |

作州武蔵 上撰 [難波酒造]

f0138598_5514898.jpg


醸造元:難波酒造株式会社
URL:http://musashi-sake.jp/
住所:岡山県津山市一宮436
電話:0868-27-0008
創業:明治22年(1889)

使用米:-
精米歩合:65%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:950円(税込み)

岡山県美作地方の中核都市津山は、古代律令時代より美作国の中心地で、出雲街道の宿場町として、また江戸時代には徳川御家門筆頭の越前松平家10万石の城下町として栄えた町です。

町の中心部から北郊外へ、美作の国の一の宮である中山神社の門前、加茂川に流れ込む支流横野川のさらに支流鵜ノ羽川沿いに蔵を構える難波酒造は明治22年(1889年)に岡山県久米郡久米町中北上の地で創業しました。

当時の主力銘柄は『美寿穂』『鶴の井』『灘正宗』などでした。

その後明治中期には朝鮮半島の京城に進出し醸造を開始します。

この時、富を久しく迎えるの意味から、出雲大社の宮司より『富久迎』 (ふくむかえ)の酒銘を頂きます。

大正期に現在の酒蔵を、親族の土居氏より譲受。

現在の主力ブランドは『作州武蔵』、剣豪・宮本武蔵がこの美作の地で出生したとされる事に由来。(でも出生地には諸説あります)


香りはほとんどありません。

飲み口はスッキリ、甘辛。

綺麗で主張しないがなぜか美味しいお酒です 。

精米歩合を65%まで磨いて「普通酒」ですが、米の旨みがしっかりとあって、飲みやすい。

旨み、甘み、そしてキレがやさしいバランス。

うまい!
燗にすると、香りが際立ちながらも主張は控えめで、やさしくなめらかな飲み口。

ホッとするほどよいキレ。

これはうまいです。うまい!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2015-06-02 05:51 | 岡山 | Comments(0)