人気ブログランキング |

ほまれ麒麟 特別純米酒 [下越酒造]

f0138598_17597.jpg


醸造元:下越酒造株式会社
URL:http://www.sake-kirin.com/
住所:新潟県東蒲原郡阿賀町津川3644番地
電話:0254-92-3211
使用米:五百万石
精米歩合:55%
日本酒度:+4.0
酸度:1.3
アミノ酸度:1.2
アルコール度:14度以上15度未満
購入価格:720ml:1,410円(税込み)

平成の大合併で阿賀町となった旧津川町は福島県と接する阿賀川中流域の町で、江戸時代は越後(新潟)ではなく会津藩(福島)に属し、那珂川水運の河港、そして会津街道の宿場町として栄えた町でした。また、周辺の山林から伐採される木材の集散地でもあり、水陸物流のターミナルだった事から多くの豪商を輩出して町は大きく発展します。
那珂川を挟んだ対岸にそびせる標高194.8m麒麟山は、古来中国の想像上の動物「麒麟」の姿に似ているからとかその名で呼ばれ、古くから狐火が見られる山として数々の伝承が残ります。「狐の嫁入り」もこの津川の伝統祭りの一つ。そんな津川には2軒ある酒蔵があり、いずれも「麒麟山」をその酒銘に使われています。

戦国時代の宿場町を思わせる町の中心に設けられた大きなクランク「枡形」近くに軒を連ねる2軒の酒蔵。麒麟山酒造と並ぶ下越酒造は明治13年(1880)の創業で創業時の屋号は「酒座 蒲原屋」。蔵としては若いですが、実はこの酒蔵、親子二代にわたり蔵元が国税局酒類鑑定官を務めたという珍しい蔵で、当然ながら全国でもこの蔵だけです。

下越酒造は主力銘柄『ほまれ麒麟』の他に、特約店限定の新ブランド『蒲原』も展開。なかなか手に入らないお酒です。酒銘の由来はもちろん創業時の屋号から。

透明ながらも米の旨みを感じるやさしい飲み心地。雑味の無い、そしてしっかりとした旨みも感じる淡麗辛口のお酒。飲み飽きせず、いくらでも杯が進みます。うまい。うまいです。

さらに瓶には「第5回燗酒コンテスト金賞」のラベルが。燗にすると、鼻につく刺激もなく、やさしく、酸もないまるさと旨みのハーモニー、まるで遠い記憶に思い馳せるような余韻。控えめな苦味、渋味、それを包み込んで昇華させる甘みと、シャキッとしたキレ。これは旨い燗酒です。まいりました!!

お気に入り度:4



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2015-09-26 01:08 | 新潟 | Comments(0)