爛漫 みちのく吟醸 花爛漫 [秋田銘醸]

f0138598_19442078.jpg


醸造元:秋田銘醸株式会社
URL:http://www.ranman.co.jp/ranman/
住所:秋田県湯沢市大工町4-23
電話:0183-73-3161
使用米:秋田酒こまち
精米歩合:55%
日本酒度:+1.5
酸度:1.2
アミノ酸度:1.0
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,386円(税込み)

秋田県最南端に位置する湯沢市は古くから秋田の南の玄関口として栄え、仙台や山形と結ぶ交通の要衝として発展。また秋田藩の経済を支えた雄勝郡の院内銀山を支える産業町・商業町として賑わい、同時に佐竹南家の小城下町でもありました。ゆえに秋田屈指の酒蔵の町でもあります。
今もなお古い町並みが残り、かつ酒蔵の町である湯沢には、江戸期においては17軒、現在も7軒の酒蔵が操業しています。当時から秋田県内一の清酒生産量を誇る町でしたが、灘の大手に比べるとその生産量は微々たるもの。県外での知名度も販路もありませんでした。

「美酒爛漫」と都心に大きなネオン看板で知られ、一時期はコマーシャルも多く流れていた秋田の銘酒『爛漫』の秋田銘醸は、大正11年(1922)に東京をはじめとする大都市圏へ向けて、秋田酒の販路を拡大するために秋田県内の主要な清酒蔵元や地元財界の共同出資によって設立された酒蔵です。それ以降も多くの地酒蔵元を合併し続け今に至ります。

控えめな酸がともなった、しっかりとした花びらを噛みしめたような吟醸香が口に広がり、その後はスッキリとした淡麗辛口のお酒です。雑味が無く雪のように透明で澄んだ旨み。やさしい飲み口。栓を開けて日が経つほど、やさしい旨みが増していき、後を引く飲み口。常温よりも冷やの方が澄んでおいしいです。うまい!

お気に入り度:3



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-01-15 19:50 | 秋田 | Comments(0)