鷹の夢 本醸造原酒 26BYエピソード2 タカノユメレッドラベル [山盛酒造]

f0138598_19175050.jpg


醸造元:山盛酒造株式会社
URL:http://takanoyume.co.jp/
住所:名古屋市緑区大高町字高見74
電話:052-621-2003
創業:明治20年(1887)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19度以上20度未満
購入価格:720ml:1,260円(税込み)

名古屋港の東に江戸時代から続く東海道の旧道に沿って往事を偲ばせる宿場町のような古い伝統的な町並みが残る名古屋市緑区の有松と鳴海地区があります。そしてその南西に接する大高地区には伝統的な佇まいの酒蔵が集まっています。

この地は古くから知多半島や東日本へ通じる交通の要衝として開け、中世には当時今川義元の配下であった松平元康(徳川家康)が「兵糧入れ」をおこなったことで知られる大高城の城下町でもありました。江戸時代には農商兼業が多く酒造業の盛んな地域で、大高焼という陶器も焼かれていたといいます。

現在も3軒の酒蔵が集まりますが、その1軒は今や全国的に知られる『醸し人九平次』の萬乗醸造。そしてその近くに神の井酒造があります。最も表通りに近い場所に蔵を構える山盛酒造は明治20年(1887)に、江戸時代から続く酒蔵を継承して創業しました。酒銘の『鷹の夢』は「大高」の地名の「高」に「鷹」をかけたもの。またこの近くにある大高緑地はオオタカの生息地でもあります。

山盛酒造もまた同じ大高にある神の井酒造、そして東春酒造・金虎酒造の若手蔵元と共に「ナゴヤクラウド」というプロジェクトを結成しています。

長〜いタイトル。「一度火入れ」という事で生貯蔵酒かな?一応要冷蔵。しかし今回購入した名古屋の高島屋では常温で陳列されていたが…。酒銘の「エピソード2」とかって兵庫の酒蔵・龍力の『ドラゴン』シリーズみたい。

野趣的な香ばしい乳酸香。ガツンと泥っぽい酸と豊満な旨み。カワイイラベルとは真逆のどっしりとした飲み応えのある重厚なお酒です。精米歩合の低さはあえて米の旨みを引き出すために狙ったものかなと。最近流行の濃醇な無濾過生原酒的なフルボディなお酒でした。うまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-05-22 19:17 | 愛知 | Comments(0)