亀の井 純米酒 [亀の井酒造]

f0138598_227987.jpg


醸造元:亀の井酒造合資会社
URL:なし
住所:大分県玖珠郡玖珠町大字小田777
電話:09737-2-0206
使用米:-
精米歩合:65%
日本酒度:+2.4
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:14度
購入価格:720ml:1,188円(税込み)

天領の町・日田市と湯布院町の間に位置する珠郡玖珠町は江戸時代に陸に上がった村上水軍の末裔、久留島家森藩1万2000石の城下町がある事で知られていますが、それはJR九大本線の豊後森駅の北郊外の森地区。

亀の井酒造があるのは豊後森駅の南側の西郊外、国道210号線筑後街道から逸れた旧道沿いに蔵を構えます。この万年山(はねやま)の麓で亀の井酒造は、江戸時代中期の享保年間(1716~35)に創業。

万年山の麓に位置していたこの一帯は、かつては“万年村”と呼ばれていました。酒銘はそれに合わせて「鶴は千年、亀は万年の歳を経る」より銘々。日本酒の他、焼酎も造っていますが、日本酒に関して言えば、大分県内では唯一の『山廃仕込み』をする酒蔵だそうです。

香りはほんのりと甘く桜の花びらを噛んだような華やかさがあります。スッキリとした淡麗ながらも、まろやかで透明感のあるふくよかな旨み。程よい苦味とフルーティーさ。そしてシームレスに渋味のともなったやわらかな後味へ。うまいな〜。なんだかちょと辛いけどホッとする印象のお酒です。

お気に入り度:3



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-06-04 02:27 | 大分 | Comments(0)