わかぼたん 清酒 福貴野 [三和酒類]

f0138598_19411048.jpg


醸造元:三和酒類株式会社
URL:http://www.sanwa-shurui.co.jp/
住所:大分県宇佐市大字山本2231-1
電話:0978-32-1431
使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:929円(税込み)

大分県の北部、国東半島の付け根に位置する宇佐市に本社を置く三和酒類は「下町のナポレオン」として知られる麦焼酎『いいちこ』で全国的にその名が知られる九州を代表する酒造メーカーで、乙類焼酎製造では国内最大の焼酎メーカーでした。しかし、現在は鹿児島の霧島酒造に抜かれて2位。焼酎以外にも清酒、ワイン、ブランデー、リキュールなどを生産しています。

三和酒類の創業は昭和33年(1958)となっていますが、これはこの宇佐市で歴史の古い酒蔵、赤松本家酒造、熊埜御堂酒造場、和田酒造場の共同瓶詰場として設立された年。(翌年には西酒造場も参加して4社体制に)

社名の”三和”は「三つの酒蔵が一緒に和をもってまとまろう」との願いを込めたもので、昭和47年(1972)に4社が合併して現在の三和酒類となりました。

日本酒の主力銘柄は『和香牡丹』で、これは宇佐神宮の御神酒でもありますが、今回は唯一の単銘柄『福貴野』を買いました。。酒銘は安心院町の「福貴野の滝」に由来。普通酒ですが、吟醸酒レベルの山田錦50%精米。それなのに1,000円を切るコスパの高さ。九州第2位の酒造メーカーながら、日本酒の醸造はわずかながらも、そのプライドを感じるお酒です。

スッキリと飲みやすいお酒。ほのかな酸に花開き、す〜っと引いていくふくよかな旨みと後味のキレ。やや旨口系の淡麗辛口で、のみやすいお酒です。はじめはすっきりやさしいお酒かな、と思いましたが飲めば飲むほどしっかりとした芯をもったお酒でした。うまいです。

燗にすると、酸味と渋味が増しますが、華やかな香りが立ち、ふくらみのあるふくよかな旨みもあって、おいしいお酒です。でも、このお酒は冷やの方がスッキリ&フルーティーでうまいです。

お気に入り度:3



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2016-06-16 19:42 | 大分 | Comments(0)