真鶴 純米吟醸[田中酒造店]

f0138598_18533137.jpg

醸造元:株式会社田中酒造店
URL:なし
住所:加美郡加美町字西町88-1
電話:0229-63-3005
創業:寛政元年(1789)

使用米:美山錦
精米歩合:50%
日本酒度:-1.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,836円(税込み)

大崎平野の西側に位置する加美郡加美町の中心部には土蔵造りの古い町並みが残り、3軒の酒蔵があります。合併前の加美郡中新田町(なかにいだまち)は、古くからの米どころに加え中羽前街道と羽後街道が交差する交通の要衝として発展し、江戸時代には代官など4つの会所が置かれた加美郡政治の中心地として栄えた町です。

町の中心に重厚な蔵造りの商家を構える田中酒造店は寛政元年(1789年)に田中新八郎氏が創業した酒蔵です。 田中家は江戸時代を通して呉服商や金融業を営んでいました。そして次第に大地主化し、やがて酒造業にも参入しました。

田中酒造店は全盛期には5500石も醸造し、宮城県内で一位の時期もあったそうですが、今は少量生産の蔵にシフト。

しかし11代目を最後に後継者がおらず、同じ町内の中勇酒造店の中島社長が、田中酒造店の社長に就任ししています。

f0138598_18534379.jpg

田中酒造の酒名は初め『東華正宗』でしたが、伊達藩重臣で中新田城主の只野図書(ずしょ)が、奥方の真葛(まくず)が鶴をこよなく愛したことにちなみ『真鶴』となったそうです。

色は透明で控えめながらもフ上品でルーティーな香り。飲み口もやさしくほのかな酸味、甘み。穏やかな苦味と渋味が後味のバランスを整えます。ややザラツキが後味に感じられますがうまいです。うまい!!

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-12-22 18:53 | 宮城 | Comments(0)