あさ開 純米吟醸 南部流寒造り[あさ開]

f0138598_20491785.jpg

醸造元:株式会社あさ開
URL:http://www.asabiraki-net.jp
住所:岩手県盛岡市大慈寺町10-34
電話:019-652-3111
創業:明治4年(1871)

使用米:未公開(岩手県産米)
精米歩合:55%
日本酒度:+1.0
酸度:1.3
アミノ酸度:1.2
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,437円(税込み)

盛岡市の中心部から北上川支流の中津川を渡った大慈寺町に蔵を構える株式会社あさ開は岩手県で最も大きな酒蔵です。

あさ開を創業した村井家のルーツは滋賀県から来た高島商人で、やがて4代目が盛岡藩の士族となります。その村井家7代目・村井源三氏が明治4年(1871)に士族を捨て創業した酒蔵が「村井本家 あさ開」です。

酒銘の『あさ開』は、村井家の侍から商人としての再出発と、明治という新しい時代の幕開けにかけ、万葉集の歌「あさびらき漕ぎ出て来れば武庫の浦の汐干の潟に田鶴が声すも」など和歌の「漕ぎ出る」にかかる、船が早朝に漕ぎ出す歌の枕詞です。

色は薄いコハク色で、香りはビターなココアのような乳酸香。意外に地酒っぽいクセのある濃醇な旨みとコクのある飲み口、酸は少なく、中盤から来るキレは鮮やか。最後まで牧歌的な乳酸香が続きます。すごく手造り感のあるお酒。純米吟醸でこの個性は好き嫌いが分かれるところか。

ちょっと燗にしてみました。香ばしい乳酸香は消え、地酒っぽいクセもどこかに行ってしまいましたが、そぎ落とされた旨みが控えめに残り、渋味、苦味、酸味もほとんど無く、とてもやさしい燗酒になってしまいました。線が細くなりつつも水っぽくは無く、しっかりとした米の力のようなものを感じ、残しています。これは燗でも旨いですね。うまい!!

お気に入り度:3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-02-12 20:50 | 岩手 | Comments(0)