賀茂鶴 純米酒[賀茂鶴酒造]

f0138598_22275974.jpg

醸造元:賀茂鶴酒造株式会社
URL:http://www.kamotsuru.jp/
住所:広島県東広島市西条本町4-31
電話:082-422-2121
創業:元和9年(1623)

使用米:-
精米歩合:65%
日本酒度:+4.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:14度以上15度未満
購入価格:720ml:1,059円(税込み)

東広島市西条町は近年「酒都」と呼ばれ、京都の伏見・兵庫の灘と並ぶ日本三大銘醸地とされています。

JR山陽本線・西条駅の駅前には、広大な敷地を有する酒蔵が林立し、その伝統的な佇まいの白壁土蔵の町並みは灘や伏見よりも遙かに「酒都」の名にふさわしい佇まいを残しています。

この地は古くから山陽道(西国街道)の宿場町として賑わい、江戸時代には四日市次郎丸村と呼ばれ、山陽道最大の宿場町四日市宿として栄えた町で、ここには広島浅野藩直営の「お茶屋」と呼ばれる本陣も置かれていました。

この「酒都」西条の駅前に林立する酒蔵の中心にあり、最も大きな酒蔵である賀茂鶴酒造のルーツとなる木村家の創業は江戸時代初期の元和9年(1623)と長い歴史を誇る旧家でもあります。

f0138598_22280737.jpg

山陽道の宿場町だった四日市宿には、九州の大藩の大名や長州の毛利家などを藩をあげて接待する本陣が設けられました。この本陣は「御茶屋本陣」と呼ばれ、その楼門は現在も賀茂鶴酒造本社の玄関に残されています。

酒銘『賀茂鶴』は明治6年9月9日(重陽の日)の天皇家を奉りつつ菊酒を祝う記念日に命名されたもの。


香りは控えめ、色はほんのりと薄いコハク色です。飲み口は予想外にも、まるで吟醸酒のような清冽なフルーティーな飲み口に始まりやさしく軟着陸引いてくキレへ。やっぱり広島の水はバランス良くやさしくふくよかなお酒を醸すな〜。うまい!うまいです!!

燗にしてみると、軟水で醸されたお酒ゆえに、やさしくふくよかで包容力のあるお酒の特徴は益々冴えます。酸も控えめで飲みやすいですが、でもやっぱり脂っこい料理や濃い味の料理には少し負けてしまうやさしさ。さっぱりとした肴でゆったりと飲むのが美味しい。燗酒もうまい!


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-07-12 22:38 | 広島 | Comments(0)