特別純米酒 揖斐川[杉原酒造]

f0138598_22294406.jpg

醸造元:杉原酒造株式会社
URL:http://www.sugiharasake.jp/
住所:岐阜県揖斐郡大野町大字下磯1
電話:0585-35-2508
創業:明治25年(1892)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

近年注目を集める岐阜の小さな新進気鋭の酒蔵が揖斐郡大野町にある杉原酒造。

蔵のある揖斐郡大野町は岐阜県第2の都市、大垣市の北約10km濃尾平野の西北端に位置する人口23,000人の農業を中心とした町です。

揖斐川沿いの下磯という小さな集落。県道53号岐阜関ケ原線沿いに蔵はあります。

杉原酒造では直売は行っていませんが、蔵と道を挟んだ小売部の「ふくや」で販売しています。

杉原種蔵は養蚕業を営んでいたとされる初代杉原庄六氏が明治25年(1892)に酒造りを始めたそうです。

そして新進気鋭の現蔵元、杉原慶樹(すぎはらよしき)氏は異色の経歴の持ち主。

近年の蔵元の若き後継者は、大学で醸造学を学び、中堅の蔵元で現場を学んで継承するケースが多いですが、杉原慶樹氏は青年海外協力隊を終えて、廃業寸前だった家業の酒蔵を立て直すために後を継いだそうです。

f0138598_22295739.jpg

修行の末、現在は独自の酒米「揖斐の誉」を栽培し、さらに特約店限定酒の『射美』(いび)や『慶樹』(よしき)など、入手困難なブランドも成長させています。

また杉原酒造が操業当初販売していた銘柄『杉乃井』(すぎのい)はアジアを初めとする海外で展開。

『揖斐川』は当初特別本醸造のブランドだったそうですが、純米酒の要望も多かった事から最近作り始めたものだそうです。

飲み口はクリアでスッキリとした中にもしっかりとした清純な旨みのある淡麗辛口のお酒です。

とにかく印象が「キレイ」で雑味が無い、大手酒蔵が作る吟醸酒のようなお酒です。これも蔵元の戦略でしょうか。

ほんわりとした甘味と米の旨みの余韻が心地よいです、うまい。うまいです。


お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-07-26 22:30 | 岐阜 | Comments(0)