鯨波 うすにごり 純米吟醸[恵那醸造福岡工場]

f0138598_21204423.jpg

醸造元:恵那醸造株式会社福岡工場
URL:http://www.kujiranami.jp/
住所:岐阜県中津川市福岡2992-1
電話:0573-72-2055
創業:文政元年(1818)

使用米:ひだほまれ
精米歩合:50%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,1590円(税込み)

中津川市の中心部から車で約1時間の奥深い山間部。

ここは平成の大合併で中津川市の一部となった旧恵那郡福岡町。

恵那醸造福岡工場は雄大な中央アルプスを望む標高1223mの二ツ森山の中腹、600mの山肌に酒蔵と屋敷を構える「天空の蔵」。

福岡工場とされていますが、普通の豪農型の古民家酒蔵です。

蔵元の長瀬家は代々庄屋を営んでいた家柄で、余剰米を活用する為に江戸時代後期の文政元年(1818)に苗木藩(遠山家1万石)より許可を得て酒造業を始めます。
創業当時の酒名は『殿待』(とのまち)といい、これは今もローカル酒を担っています。

それに対して『鯨波』は都市部など県外に打って出るブランドです。

この山間の僻地にあって『鯨波』という酒銘は、蔵のある標高600mから見えた山の上を流れる雲海が、大海を優雅に泳ぐ鯨のように見えた事に由来。

f0138598_21205809.jpg

この江戸時代から続く旧家の酒蔵が恵那醸造福岡工場と名乗っているのは、戦時中の企業統制令によって同じ恵那郡の蔵元と合併したことから。

合併前は長瀬酒造といいました。

この長瀬酒造が中核の蔵だったのでしょうか。

しかし戦後、長瀬酒造は再び独立しようとしたものの、国から免許が下りず、このような形となりました。

ちなみに同じく恵那醸造三郷工場という酒蔵が恵那市にあります。

話は逸れますが、この長瀬家から分家して東京で洋物小物問屋「長瀬商店」を営んでいた長瀬富郎という人物がいます。この長瀬富郎は自身が取り扱っていた粗悪な国産石鹸の蔓延を憂えて、自ら品質本位の化粧石鹸製造に乗り出します。

これが後の花王石鹸、現在の「花王」の創始者であり、恵那酒造福岡工場はその生家として知られています。


おりがらみの濾過生酒。ほんのりとうすにごりです。

スッキリとしていながらもフルーティーでコクのあるフルボディな飲み口。

中盤からやや酸が立ってエッジのある飲み心地に。

アルコール度は少し高め、原酒ではないのかな?

初めからこの度数の設計なのかな。

若いけどキレイな余韻のほっこりするおいしいお酒です。うまい!

ああ、うまい!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-07-31 21:24 | 岐阜 | Comments(0)