同期の桜 純米原酒[江田島銘醸]

f0138598_00490085.jpg

醸造元:江田島銘醸株式会社
URL:http://www.doukinosakura.jp/
住所:江田島市江田島町中央2-27-1
電話:0823-42-0001
創業:明治40年(1907)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,740円(税込み)

広島湾のほぼ中央に浮かぶ江田島は戦前から旧海軍兵学校のまちとして知られ、現在は海上自衛隊の第1術科学校がそれを引き継いでいます。

平成の大合併で2004年に安芸郡江田島町が佐伯郡能美町、沖美町、大柿町と合併して江田島市となりました。

この江田島市の中心部に蔵を構える江田島銘醸は明治40年(1907)に創業して、主力銘柄は土地柄な『同期の桜』です。

初代蔵元の住岡八百蔵は元々は宮大工として財を成していましたが、明治20年(1887)に海軍兵学校がこの江田島に移転してきた事により、海軍関連施設が増えてそれに伴い人口が増加した事で、需要を見込んで新事業として酒造業を始めました。

最初の銘柄は『保万齢』(ほまれ)で海軍御用酒となります。

現在は蔵元が杜氏を兼ねて「商品というよりも作品」という思いで酒造りを行っています。


色は無色透明ですが、米の旨みを感じるフルーティーな飲み口です。

そして、すっきりキレイなお酒。

さらに吟醸酒のような華やかさが広がります。

これは以外でした。

正直良い方向に裏切られました。

角瓶の地酒に対する先入観というか、もう少しクセのある独特なインパクトの地酒と身構えていました。

しかし、これはうまい!!

純米酒のしかも原酒で、この自然さ。

吟醸酒レベルに上品でバランスの取れたお酒です。

燗にすると、ふくよかでパンチのある甘さ。

濃醇、スッキリとしたキレ。

ふくよかな透明感。

奥行きがあって、横幅もあるうまみ。

これはうまい。

うまいです!!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-03-14 22:22 | 広島 | Comments(0)