鷹正宗 純米酒 築水17[鷹正宗酒造]

f0138598_00090438.jpg

醸造元:鷹正宗酒造株式会社
URL:https://www.takamasamune.com/
住所:(本社)福岡県久留米市小頭町8-12
電話:0942-36-8811
住所:(醸造蔵)福岡県久留米市大善寺町黒田297
電話:0942-26-1801
創業:天保年間(1830-1844)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度以上18度未満
購入価格:720ml:910円(税込み)

久留米市の南東郊外に位置する大善寺町。その筑後川の支流広川の近くに蔵を構える鷹正宗酒造があります。

創業は江戸時代後期の天保年間(1830-1844)という長い歴史を持つ酒蔵ですが、経営難から一時コカ・コーラウエストホールディングスの傘下に入り、清酒製造から焼酎製造へ舵を切って難を脱しました。

もちろん今でも清酒を醸造しています。

焼酎部門では酒販店での量り売りという独特のスタイルで売上げを伸ばし、焼酎の売上高は全国15位となっており、さらに田主丸町にある叡醂酒造を子会社化しました。

コカコーラの傘下でシェアを伸ばし、紙パックやカップ酒など清酒と焼酎を合わせた生産量では県内でトップメーカーになりました。

現在は同じ久留米市にある酒類卸の原武商店がコカ・コーラから買収してその傘下で酒造りを行っています。

また、酒銘に『鷹』を付けているのが縁で福岡ソフトバンクホークス公認の日本酒に指定されています。

そんな鷹正宗酒造が作る日本酒。

目指したのは「かろやかで飲み飽きない、それでいて飲みごたえのある地酒」
導き出した答えが、17度以上の純米酒だったそうです。

『筑水17』というのは筑後の水で17度の意味でしょうか。

ラベルデザインは地元の伝統工芸・久留米絣の幾何学模様をアレンジしたもの。

アルコール度はやや高めですが、精米歩合を70%に抑えて1000円を切った価格のコスパの高い純米酒。


色はうすいコハク色で、ほのかに香ばしい牧歌的な乳酸香。

飲み口は旨辛。
多少酸があるけど濃醇。ふくよかでヨーグルトのようなクリーミーさ。

で、灘の大手酒造メーカーのような安定した日本酒らしいのみごこち。

うまい、うまいよこれ。
杯が止まらない。

燗にしてみた。

どっしりとした飲みごこち。
やや酸がありますが、その後の余韻が甘く自然。

うまいな〜。

うまい。

お気に入り度:4


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-03-23 00:09 | 福岡 | Comments(0)