うめがたに 純米酒[梅ヶ谷酒造]

f0138598_06483851.jpg

醸造元:梅ヶ谷酒造株式会社
URL:なし
住所:福岡県嘉麻市大隈町346
電話:0948-57-0005
創業:天保5年(1834)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,404円(税込み)

福岡市の東方向に位置する嘉麻市は、平成の大合併により、2006年に山田市と旧・嘉穂郡嘉穂町、碓井町、稲築町が合併してうまれた街で、ちょうど福岡県の中央部にあたり、かつては筑豊有数の炭鉱都市として栄えていました。

その中心市街が、旧・嘉穂郡嘉穂町の大隅町と大隅地区です。

大隈は中世から江戸期にかけて城下町として発達し、江戸時代には秋月藩5万石の商業的中心地として、田川街道や日田街道も交差する宿場町として整備され発展します。

さらには嘉麻川(現在の遠賀川)には河港が設けられ陸路水路の要衝となり、人や物資の集散地として町は大きく繁栄しました。

江戸時代より町場である大隅町と大隅村に分かれていて、大隅村は現在の大隅地区にあたります。

かつて宿場町・在郷町として栄えた大隅町の中心部に蔵を構える梅ヶ谷酒造は江戸時代後期の天保5年(1834)に創業。

大隅町にはもう一軒、県外にも知られる寒北斗酒造があります。

f0138598_06485395.jpg

社名の『梅ヶ谷』は、当時の蔵元がひいきにしていた、福岡県出身で15代横綱の梅ヶ谷藤太郎に由来。

梅ヶ谷藤太郎は9割5分という脅威の勝率を誇り、梅ヶ谷酒造も“酒界の横綱”を目指してこの名をつけました。

しかし筑豊地域の産炭事業の衰退とともに人口が減り、また日本酒不況も追い打ちを掛けます。

さらには、蔵は移転を考えていたものの、度重なる嘉穂町中心市街の再開発構想によって計画が頓挫。そのため酒造りを休止する事となってしまったそうです。

現在は、他の酒蔵に委託製造しているとか。

ただ、瓶に製造所固有記号が見当たりません。

自醸を始めたのでしょうか。


干し草のような牧歌的な乳酸香。

飲み口も渋味、苦味がまず前面に出てきます。

渋い辛味のあとに奥行きのある旨味。後味のまとまりはいい。

飲んでいくとスッキリとした辛口。

辛口の中に米の旨みをふくよかに感じます。

地酒っぽいうまさ。

なんかうまい。

燗にすると、意外にも澄んだ水のような透明感。

一瞬、なんか線が細かな〜と思ったりしますが、しっかりとした酸と旨味、さらには苦味がバランスよく尻を叩いて引き締めるキレ。

ああ、とても地酒っぽい個性。

うまいです。

うまい!!

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-04-29 06:49 | 福岡 | Comments(0)