松富 吟醸[旭松酒造]

f0138598_08284182.jpg

醸造元:旭松酒造株式会社
URL:http://www.asahimatsusyuzou.co.jp/
住所:福岡県八女郡黒木町大字黒木36
電話:0943-42-0003
創業:大正5年(1916)

使用米:レイホウ
精米歩合:60%
日本酒度:+5.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,160円(税込み)

九州自動車道・八女ICから国道を東へ約15km。

八女の名産「八女や茶」の茶畑を抜けると、黒木町という小盆地に開けた小さな町があります。

2010年に八女市に合併しますが、それ以前は人口約1万2000人が暮らす八女郡の町でした。

八女から小国を経て竹田へ至る街道沿いに発展した町で、その旧道が現在のメインストリートです。

黒木は中世にこの地を治めた黒木氏の城下町に始まり、江戸時代には久留米藩の在郷町として発展した町で、今も往時の面影を残す古い町並は国の重要伝統的建造物保存地区に指定されています。

町の東側の玄関口に樹齢600年の天然記念物「黒木の大フジ」が境内にある素盞嗚(すさのお)神社がありますが、その向かい側に『藤娘』を造る後藤酒造場があります。

その後藤酒造場の西側にまる昌醤油醸造元があり、その裏手に旭松酒造はあります。

旭松酒造の創業は大正5年(1916)で、酒銘の『旭松』は蔵元の家紋に由来します。


今回の『松富』(しょうふ)は精米歩合50%の大吟醸酒と60%の吟醸酒を杜氏が3:7にブレンドしたもの。


色は無色透明で吟醸香はまったくありません。

すっきりとしたさわやかな飲み口。
やや強めの酸もあるけど口当たりはマイルドな辛口なお酒でした。

雑味が無くキレイでドライな印象。

じっくり味わえば、米の旨みが感じられます。

もう少し旨味が欲しいところ。

これが燗にしてみると、猛烈な華やかさが開花します!!

濃厚なフルーティーさを彷彿させるような。

でも、飲み口はスッキリやさしめのドライ。

後味はやや苦く、渋く、

サッと消えていく透明感のあるキレ。

このお酒は、ぬる燗くらいがうまい!


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-05-20 08:30 | 福岡 | Comments(0)