特撰 大蛇山[江頭酒造]

f0138598_21062680.jpg

醸造元:江頭酒造合資会社
URL:http://user.ariakenet.com/~egashira/
住所:福岡県大牟田市大字三池947
電話:0944-52-3796
創業:明治30年(1897)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,230円(税込み)

大牟田市は福岡県でもっとも南に位置する都市で、かつては三井三池炭鉱で栄えた「炭鉱の町」として知られていました。

福岡県で最南端の酒蔵である江頭酒造は江戸時代の天保元年に「麹屋」の屋号で麹の製造販売を行い、後に味噌醤油の製造も始めましたが、酒造業に参入するのは明治30年(1897)に入ってから。

現在は焼酎の方が主力になる一方、日本酒の方は10年から30年熟成させた古酒に力を入れています。

創業時からの主力銘柄『旭盛』は、水平線から盛り上がる朝日に由来。
『大蛇山』は古くから伝わる三池祇園祭り「大蛇山」と、この地が「三池」となった伝説に由来します。

ちなみに、ロイヤルホストの創業者江頭匡一が婿養子となった、母方の実家で城島にあった清酒『清波』を作っていた江頭本店とのつながりは無い様で、親族でも無いそうです。


特撰ですが、糖類添加の普通酒です。

甘く芳醇な米の酒というような、いかにも日本酒らしい香り。

昔ながらの日本酒的な、すっきりと透明で、濃醇な甘さ、フルーティーな余韻とスッキリとしたキレ。

今どき「特撰」で糖類添加酒?

が、しかし...飲みやすい。

嫌味が無く、素直にすっきりとした旨さ。

どこか、なつかしい感じ。

これは、予想以上に旨い。かも。

いや、うまいよ。まじで。

燗にすると、すっきりとしていながらも、程よい甘みが不思議なフレッシュさで余韻を包み込みます。

糖類添加なのにべたつかない。

ああ、素直にうまい。

日本酒って、奥が深いな〜。

実際の精米歩合、造り方、糖類添加の比率などいろいろ知りたいですね。
と、少し勉強になりました。

うまい酒です。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-07-17 21:25 | 福岡 | Comments(0)