杉能舎 本醸造[浜地酒造]

f0138598_01003825.jpg

醸造元:浜地酒造株式会社
URL:http://www.suginoya.co.jp/
住所:福岡県福岡市西区元岡1442
電話:092-806-1186
創業:明治3年(1072)

使用米:-
精米歩合:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,053円(税込み)

福岡市博多から西へ約20km。糸島半島のまんなかで糸島市と接する元岡地区に蔵を構える浜地酒造は、日本酒のほか地ビールの醸造蔵としても知られています。
また酒粕や酵母をつかった焼きたてのパン工房やレストラン「杉能舎麦酒工房」も併設。

浜地酒造の創業家である濱地家は、江戸時代から代々続く糸島半島の庄屋を統括する大庄屋だったそうです。

はじめは客人にふるまう酒を余剰米で少量だけ作っていたそうですが、本格的に酒造業に参入するのは明治3年(1072)になってから。

屋号の「杉能舎」(すぎのや)は初代蔵元・濱地新九郎の芸事好が高じ、福岡城で閲覧した能舞を見て自分の家に能舞台を造ろうと、蔵の裏山にある杉の大木を切り出して作った事から、杉の能舞台のある家と呼ばれるようになったのが由来だそうです。ちなみに能舞台は本来、檜で造ります。

このお酒のラベルには「伊都之国酒」とあります。
福岡県は旧国名では「筑前国」ですが、律令時代に筑前・筑後に分割される前は「筑紫国」(つくしのくに)という大国でした。
この「伊都国」(いとこく)は古代・邪馬台国時代に糸島半島付近に存在した国でした。また糸島は古くは伊都志摩と書かれていたといいます。

とにかく精米歩合を含めて一切の情報が非公開。
お酒の分類を蔵元に尋ねたところ本醸造という答えでした。


香りは控えめですが、凜としたライチのような香りがほのかに。

甘口のお酒と紹介されていますが、ライトでスッキリとした飲み口。

ほのかにフルーティーでふくよか。

ああ、なるほど。辛口ではないですね。

けど、だれるような甘口でもない。

バランスが良く。おいしいお酒です。

うまいな。

燗にすると。

うまい。

とにかく、うまい。

ふっくらとしたフルーティーさと。
包み込むようなやさしい旨さ。

それでいて、スパッと潔いキレ。

このお酒は常温かぬる燗が最高にパフォーマンスを発揮するかも。

うまいな〜。冷やよりうる燗。

これ最高。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-07-22 01:02 | 福岡 | Comments(0)