花の香 純米吟醸 華錦1401[花の香酒造]

f0138598_14314194.jpg

醸造元:花の香酒造株式会社
URL:http://www.hananoka.co.jp/
住所:熊本県玉名郡和水町西吉地2226-2
電話:0968-34-2055
創業:明治35年(1902)

使用米:華錦
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,419円(税込み)

熊本県玉名郡和水町(なごみまち)は福岡県と接する県北西端に位置する人口約9,600人が暮らす町。

平成の大合併により2006年に玉名郡の菊水町・三加和町が合併して生まれた町です。
町名は両町の字を一つずつ合わせた合成地名。

福岡県八女市との県境に近い旧三加和町の中心部に蔵を構える花の香酒造。

創業は比較的若い明治35年で、神田角次、茂作親子が神田(しんでん)を譲り受けて創業したのがはじまり。

そもそもが蔵元の神田家は、今から約600年前に関白・九条経教の子で臨済宗の僧、厳中周噩(げんちゅうしゅうがく)のお供をして、京都から肥後玉名郡内に下った神田家が先祖だそうです。

酒銘の『花の香』とは、蔵の周辺の木々から梅の香りが蔵中に漂うことから生まれた名。

創業当時の思いを忘れぬようにと、合名会社神田酒造から花の香酒造株式会社へと変更して今に至ります。

日本酒と焼酎を二本柱に造る蔵。

焼酎は創業者の名を冠した『茂作』シリーズ。

日本酒は、昨今九州で増えつつある、昔ながらの伝統的な「はねぎ搾り」の蔵。

熊本県が酒米「夢いずみ」を母に、「山田錦」を父とし掛け合わせ、14年の歳月をかけて開発した酒米「華錦」(はなにしき)を、
1401号酵母を用いて造られた限定酒です。

香りはひかえめです。

口に含むと、花びらのような華やかさ。

バラの様な押しの強い吟醸香です。

甘さはひかえめでなめらか。

そしてクリアでシャープな酸。

清涼飲料のようなさわやかさ。と香水のようなインパクト。

透明感があって、華やかな香りが余韻を楽しませます。

うまい。

キレイ。

あと、なんか...なんかいい感じのお酒。

九州の酒は奥深い。

的な。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-08-12 14:51 | 熊本 | Comments(0)