東鶴 特別純米酒[東鶴酒造]

f0138598_20562702.jpg

醸造元:東鶴酒造株式会社
URL:http://azumatsuru.com/
住所:佐賀県多久市東多久町大字別府3625
電話:0952-76-2421
創業:天保元年(1830)

使用米:山田錦・美山錦
精米歩合:60%
日本酒度:+2.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,357円(税込み)

佐賀県のちょうど中央部に位置する多久市は、まわりを山に囲まれた盆地の町。

かつては三菱系の石炭産業で栄ました。

東鶴酒造(あづまづる)は多久市に現在唯一のこる酒蔵で、創業は江戸時代後期の天保元年(1830)と歴史のある酒蔵です。

蔵は多久市の中心部から東郊外、隣の小城市に接する場所にあります。
JR唐津線の東多久駅から南に延びる県道が牛津川に突き当たる場所。

しかし、やがて日本酒業界は、戦後から平成の時代に移ると共にゆるやかに、そして確実に衰退していきました。

そんな時代の中で、東鶴酒造の先代は平成の時代になるとコンビニ経営に活路を見いだし、そちらがうまく行って、次第にそれが主流となって蔵はゆるやかに休蔵していく事になります。

だが、しかし!!

平成21年に6代目蔵元・野中保斉さんが復活させました。

日本酒が苦手だった蔵元が、感動する日本酒と出会った事で決意!

年間生産量25石からのスタートし現在は100石。と、いっても零細レベルの小規模生産。

さらには、全量が純米酒。

そして現在、県外から首都圏に名前が響く新進気鋭の酒蔵になりつつあります。


色はうすいコハク色。

ほんのりと甘い香りが立ち上がります。

ふくよかな甘みとエッジの効いた酸がバランス良く引き締める。

やさしい旨味の後に続く後半は苦味、渋味の余韻。

甘い味付けの料理に合わせたお酒?かな。

後味は苦く渋いがやさしい旨味が包み込んで後味は悪くない。

チョコレート系のビターなコク。

燗にしてみる。

やや、熱燗。口に含む...。

大らかに全てを包み混む様な厚いベールの旨味。

ほんのりと、香ばしいチョコレート系なカカオ系な余韻。

ああ、うまい。

ほっこりする。

うまいな〜。

これは旨い酒です。

お気に入り度:冷3/燗4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-08-15 21:16 | 佐賀 | Comments(0)