肥前浜宿 純米酒[峰松酒造場]

f0138598_22121975.jpg

醸造元:株式会社 峰松酒造場
URL:http://www.hizennya.com/
住所:佐賀県鹿島市浜町乙2761‐2
電話:09546-3-2468
創業:大正5年(1916)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,404円(税込み)

有明海に臨む多良岳山麓の町、鹿島市は佐賀藩鍋島家支藩の一つ鹿島藩2万石の城下町として発展した町。

この鹿島地域で最盛期には13軒ちかくの酒蔵があったそうですが、それでも現在6つの蔵が操業しています。

かつての城下町である市の中心部の南側に位置する浜町は浜川の河口につくられた在郷町で、江戸時代には長崎街道の脇街道である多良海道の宿場町としてにぎわい、「浜千軒」と称されるほど栄えていました。

伝統的建造物保存地区に指定されている通称「肥前浜宿酒蔵通り」に蔵を構える峰松酒造場は元は廻船問屋だったが大正5年(1916)に造り酒屋に進出。

この肥前浜宿の観光酒蔵を謳う峰松酒造場は蔵の直売所兼、肥前鹿島のアンテナショップ「肥前屋」を運営しています。

それまでの主力銘柄は『菊王将』でしたが、今は『肥前浜宿』という新ブランドが主力ブランドとなっています。

使われる米はすべて、佐賀の農家であるイケマコ(農業生産法人 株式会社イケマコ)産の米。


かおりはひかえめ。
飲み口はさわやかな酸。
雑味の無いスッキリとした飲み口。

淡麗辛口というよりは済んだ透明感のある旨味。


燗にすると、まず鼻に刺激。

そして、やや雑巾のような香り。

老ね香?

でも、飲み始めると気にならない。

それよりも、クセのない旨味のある飲み口。

しっかりとした苦味と渋味。それを包み込む旨味。

うまい。

ほっこりするうまさ。

ぬる燗くらいになると、鼻につく刺激も雑巾のような香りもどこかに消え、ただただ、ふくよかな、ほんのりと甘く、かつ優しい酸と苦と渋のバランスのとれたうまい酒に。

ああ。これはうまい。

このお酒は燗にしすぎないぐらいが一番おいしいです。


お気に入り度:3

↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-09-04 22:18 | 佐賀 | Comments(0)