潟一 大吟醸[加藤酒造]

f0138598_17342898.jpg
醸造元:加藤酒造株式会社
URL:なし
住所:新潟県上越市吉川区下深沢233-1
電話:025-548-3765
創業:文久4年(1864)

使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

上越市の東郊外。柿崎から内陸部にいくつもの道が四方八方から合流する町があります。
旧中頸城郡吉川町。2005年に上越市に編入されその一部吉川区となりました。

この吉川地域は越後杜氏の一つ頸城杜氏の里であり、「よしかわ杜氏の里」という酒蔵を併設した道の駅もあります。

六角山登録の下深沢地区に蔵を構える加藤酒造は文久4年(1864年)に創業しました。

主力銘柄は『清正』で本醸造を中心に、普通酒をメインに製造していますが、最近は特定名称酒のラインナップが主流となってきています。

酒銘『清正』の名は戦国武将・加藤清正に由来しますが、蔵元とのつながりは無いそうです。

一時は手軽に楽しめる晩酌酒を主に考え「大吟醸酒は造りません」としていましたが、このお酒は大吟醸酒です。

しかし、本醸造よりも安い超コスパの高い大吟醸。

これなら毎日の晩酌でも飲める大吟醸。

酒銘は新しく展開している『潟一』。

少し前から展開しているブランド『新潟壱番』『新潟一』に続くもの。




香りは無く、旨味も少ない限りなく淡麗辛口です。

雑味も無く、渋味、苦味も一瞬顔をだして消えていくキレ。

ほのかに甘みを感じます。

あらためて大吟醸酒でこの価格。

コスパ高いです。

けど、ラベルに印刷された加藤酒造株式会社の次ぎにある「OK」の記号が気になります。

なんだろう。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-05 17:35 | 新潟 | Comments(0)