konishi 大吟醸 ひやしぼり[小西酒造]

f0138598_19302372.jpg

醸造元:小西酒造株式会社
URL:http://www.konishi.co.jp/
住所:兵庫県伊丹市東有岡2-13
電話:072-775-0524
創業:天文19年(1550)

使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,166円(税込み)

江戸時代末期の天保年間に摂津国の西宮で「宮水」(※最初は西宮の水)が発見されて以降、「灘」のいわゆる「灘五郷」が酒どころとして急成長し、西日本最大の酒造地となりました。

が、古くから関西地方、特に摂津国地域における酒どころと言えば、「丹醸」と呼ばれた現在の伊丹がそれでした。(他に吹田市の富田もありましたが)
伊丹の酒造家は85人。

その前に、この伊丹は公家・近衛家の領地として特権を有し、江戸時代を通して町の有力な酒造家から選ばれた役人が町政を担当していました。

最盛期の伊丹郷町は2,500軒の町家と人口10,000人を抱える大都市へと成長します。

ところが、幕末頃から爆発的に発展しはじめた灘五郷の酒蔵に圧倒されて、伊丹の酒造りは急速に衰退。
さらに明治10年、現在の東海道本線が海岸沿いに建設された為に、内陸部の伊丹は近代的な発展から取り残されることになります。

そして現在、伊丹市の中心部。伊丹市中央に建つ、商家をモチーフにした瀟洒な近代社屋の酒蔵が、天文19年(1550)創業の小西酒造です。

初代は薬屋新右衛門。 小西家の初代が薬種商のかたわら、酒造りをはじめました。

さらに小西家は酒造業を中心に輸送や販売のグループを形成。さらに電気産業や皮革、そして医療や鉄道経営まで手を広げ伊丹の発展に尽力したこの地の盟主です。

幕末には、新撰組局長の近藤勇から小西新右衛門に宛てた書状も残されているとか。

ちなみに、この小西酒造本社ビルの裏手に2軒の酒蔵があります。
1軒は大手柄酒造。戦時中に村岡家を筆頭に5軒の酒蔵(村岡家、岡田家、鹿島家、石橋家、田中家)が合併して誕生。そしてもう1軒が伊丹老松酒造で(武内家、武内家、新田家)が企業合同して誕生しました。
近年まで伊丹にあったもう一軒の酒蔵、大手柄酒造は平成18年3月末をもって廃業。

主力銘柄の『白雪』は、二代目宗宅が江戸への酒樽を運ぶ途中、雪をいただいた富士山の気高さに感動して銘々。

現在は、清酒の他、ビールの醸造、輸入酒の販売もおこなっています。

小西酒造株式会社の「富士山蔵」は、日本酒の製造工程を見学できる「蔵見学」を年間通じて行っています。
てっきり、山梨県か静岡県の富士山麓にある蔵かと思いましたが、その由来は酒銘の「白雪」にあたるとおもいます。

モンドセレクション2017年と2018年の2年連続金賞のお酒。


栓をあけてまず感じる華やかさ。
すっきりライトな飲み口。
ほどよい甘み...。

そして、キリリとした辛口。
うまい。
大吟醸でしかもこの価格。コスパ高い!!

トータル的にまず感じるのが、「キレイ」的な。

とにかく安定感のあるお酒です。

うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-10 03:14 | 兵庫 | Comments(0)