伊丹郷 特別本醸造[伊丹老松酒造]

f0138598_19301260.jpg

醸造元:伊丹老松酒造株式会社
URL:http://www.oimatsu.biz/
住所:兵庫県伊丹市中央3-1-8
電話:072-782-2470
創業:元禄元年(1688)

使用米:日本晴・山田錦(8:2)
精米歩合:70%
日本酒度:+5.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

江戸時代末期の天保年間に摂津国の西宮で「宮水」(※最初は西宮の水)が発見されて以降、いわゆる「灘五郷」が酒どころとして急成長し、西日本最大の酒造地となりました。

が、古くから関西地方、特に摂津国地域における酒どころと言えば、「丹醸」と呼ばれた現在の伊丹がそれでした。(他に吹田市の富田もありましたが)

その前に、この伊丹は公家・近衛家の領地として特権を有し、江戸時代を通して町の有力な酒造家85人の中から選ばれた大手24軒に帯刀を許して、かれらが伊丹の町政を担当していました。

なかでも『老松』はその中でも最も格式が高く、江戸積銘酒名寄番付に東方大関としてトップにランクされ、さらには宮中奉納酒として又将軍の御膳酒としても名高かったといいます。

しかし、やがて戦争を向かえ、昭和18年の企業整備令に基づいて伊丹の3軒の酒造家(武内、武内、新田「千鷹」)が、合併して昭和20年2月伊丹三共酒造有限会社を設立。
さらには、昭和45年に伊丹老松酒造株式会社に社名変更して今日に至ります。

酒銘の『老松』は、千載の齢を経ても緑を保つ松の老木にあやかって銘々。

そうした長い歴史を誇るこの伊丹老松酒造は現在は自醸はしてないらしいです。

噂によると、世界一統から出来上がった製品を購入しているらしいです。
その為、社名の下に世界一統の頭文字のSが書かれています。
現在は委託醸造という話も。

さて特定名称酒におけるルールの一つ「特別」の文字を付けるのには3つのうち1つの条件をクリアしないといけません。
(1)精米歩合を60%以下にする。
(2)使用する原料米の50%以上に酒造好適米を使用する。
(3)が「特別な製法」です。そしてこの酒は70%精米の本醸造酒に「大吟醸酒を20%ブレンド」する事によって3つ目の条件をクリアして特別本醸造になってる感じ。

冷やよりも常温から熱燗がオススメらしいです。



香ばしい熟成香。

色は無色透明。

酸はなく、スムーズな飲み口。

ホワイトチョコレートのような甘く香ばしい。

でもすっきりとみずみずしい。

ああ、うまい。
結構うまい。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-11 00:06 | 兵庫 | Comments(0)