空蔵 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦[小山本家酒造 灘浜福鶴蔵]

f0138598_19565943.jpg



醸造元:株式会社 小山本家酒造 灘浜福鶴蔵
URL:https://www.hamafukutsuru.co.jp/
住所:神戸市東灘区魚崎南町4-4-6
電話:078-411-8339
本社:埼玉県さいたま市西区指扇1798
創業:江戸時代末期

使用米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:1.2
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,400円(税込み)

灘五郷は魚崎。灘の酒蔵の中でも特に歴史のある櫻正宗酒造の隣に蔵を構える灘浜福鶴蔵もまた江戸時代末期の創業です。

明治初期には『大世界』という銘柄の酒を造っていましたが、戦時中の企業整備令により菊正宗酒造と合併します。

しかし終戦後、姫路の味噌・醤油などの醸造元が資本参加して独立再開しました。

銘柄は『福鶴』でしたが、富山県の福鶴酒造や長崎県の福田酒造の「福鶴」との避ける為か銘柄を『浜福鶴』として社名も浜福鶴銘醸としました。

日本酒不況と後継者難により廃業の危機にも直面しましたが、東日本最大の酒造メーカー小山本家酒造(埼玉県さいたま市)の傘下に入り酒造りを継続。

平成7年(1995)の阪神・淡路大震災では浜福鶴銘醸の蔵は全壊、近代的な観光酒蔵「浜福鶴吟醸工房」として再出発します。

その後2013年には小山本家酒造に吸収合併され「小山本家酒造 灘浜福鶴蔵」となりました。

『空蔵』(くぞう)というブランドはゼロからの再出発の意味を込めて、ゼロ(空)の蔵の意味です。

会社としては埼玉の酒蔵になるのかな〜?

近年は日本全国レベルでの酒造メーカーの吸収・合併・経営統合が盛んなので、無国籍化ならぬ無地域化といった国内グローバリズムが始まった印象です。


無濾過のうすにごり系。

立ち香は、とにかく米の旨みが凝縮したようなフルーティーな吟醸香です。

飲み口はシャープなキレの辛口酒ですが、最初に旨味があって、やさしく後半のキレにバトンタッチ。

さすが、大手蔵の技術力。

若々しい酸と荒さとうまくまとめる安定感。

苦味と渋味をうまくまとまった余韻は...

うまい!!

押しつけるような若々しさや重さはなく。

安心、安定、うまい。


お気に入り度:3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-13 19:58 | 兵庫 | Comments(0)