鴨庄 百人一酒 純米酒 生酒[鴨庄酒造]

f0138598_11351330.jpg

醸造元:鴨庄酒造株式会社
URL:なし
住所:兵庫県丹波市市島町上牧661-1
電話:0795-85-0488
創業:慶応3年(1853)

使用米:コシヒカリ(市島町鴨庄産)
精米歩合:-
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,440円(税込み)

兵庫県の中東部、京都府福知山市に接する丹波市は平成の大合併により、2004年に氷上郡柏原町・氷上町・青垣町・春日町・山南町・市島町の6町が合併して誕生した町。

その中の旧氷上郡市島町(いちじまちょう)に鴨庄酒造はあります。

市島地区の中心部から東郊外にある鴨庄地区。

これが酒銘『鴨庄』の由来。

鴨庄酒造は幕末の慶応3年(1853)に創業しました。

代表銘柄は『花鳥末廣』。

蔵のすぐ横を舞鶴若狭自動車道が通ります。
大正時代に建てられた建物が残されていますが、現在は隣の新しい建物で酒造りを行っています。

食べておいしいコシヒカリも、酒米として使うには雑味が多すぎて酒造りには向きません。

しかし、地域の余剰米だったコシヒカリを使って苦労の末に醸したお酒。

ラベルのデザインは、同じ地区に工房を構える

ラベルも同地区に工房を構える仏版画家観瀾斎によるもの。



栓をあけると、初め酢酸エチル系のラッカー系の香り。

口に含むと、塗料を塗り立ての木工の香り。
樽酒のような老ね香を感じます。

飲み口は、ガツンと辛口で、厚みのあるうまみ。

それに生らしく荒々しい若々さ。

いかにも地酒っぽい野趣さと荒さがうまい。

辛フルーティー系。

旨辛。

辛いけど、うまいです。

木の香のような後味の余韻。

おもしろいお酒でした。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-27 11:40 | 兵庫 | Comments(0)