白鶴 大吟醸[白鶴酒造]

f0138598_14103829.jpg

醸造元:白鶴酒造株式会社
URL:http://www.hakutsuru.co.jp/
住所:兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5
電話:078-822-8901
創業:寛保3年(1743)

使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

月桂冠を抜いて日本酒生産石数、売上高共に国内第一位の酒造メーカー白鶴酒造。

白鶴酒造を経営する嘉納家は御影郷でも指折りの名門旧家であり、菊正宗を経営する嘉納家の分家にあたります。

白鶴酒造の嘉納家を「白嘉納」と呼ぶのに対し、菊正宗酒造の嘉納家を「本嘉納」と呼びます。

江戸時代初期の万治元年(1660)から酒造りを行っていた本加納家(現・菊正宗)は材木商の傍らで酒造りを行っていましたが、江戸時代中期ごろから酒造業を本業とします。

この江戸時代中期の寛保3年(1743)に嘉納治兵衛が分家したのが白鶴酒造の始まりです。『白鶴』の銘はそのころから使われています。

明治30年(1897)嘉納合名会社に改組し、昭和22年(1947)に現在の白鶴酒造株式会社となります。

白嘉納の当主は代々、嘉納治兵衛を、本嘉納の当主は治郎右衛門を襲名してきましたが、現在は襲名は行われていません。

社名から嘉納を外したのも、菊正宗と同じく「家業」からパブリックカンパニーへの転換を目指したからです。

今回の大吟醸酒は滋賀県長浜をルーツに京都に本社を置く酒販会社リカーマウンテングループとの共同開発商品。


香りは控えめながらもほんのりとフルーティー。

飲み口は上品で雑味は無く、スッキリとしていて、ちょこっと酸が。

旨味、渋味、苦味のバランスが良く、透明で透き通ったうまさ。

うまい。

しかも、山田錦の大吟醸なのに1000円のコスパ。

さすが日本一の酒造メーカー。

さすが!!

上品な旨味のある淡麗辛口。

うまい!


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-25 14:11 | 兵庫 | Comments(0)