久保田 千寿[朝日酒造]

f0138598_19431151.jpg

醸造元:朝日酒造株式会社
URL:https://www.asahi-shuzo.co.jp/
住所:新潟県長岡市朝日880-1
電話:0258-92-3181
創業:天保元年(1830)

使用米:-
精米歩合:0%
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,274円(税込み)

長岡市の南西郊外に広がる田園地帯の中に、大学か研究施設の様な近代的な建造物群が現れます。

これが新潟県最大の酒造メーカー朝日酒造の酒蔵です。

年間生産量は5万8000石を越え東日本でも最大級の酒造メーカーです。

創業は江戸時代後期の天保元年(1830)で『久保田屋』の屋号で酒造りをはじめました。

大正9年(1920) に会社組織となる際に朝日酒造となります。

主力銘柄は『朝日山』でしたが、首都圏では『久保田』で知られています。

その他、復活米“千秋楽”を使用した『越州』シリーズ『越乃かぎろひ』『継(つぐ)』なども展開。

『久保田』は昭和60年に生まれた新ブランドで、「久保田の会」という酒販店会を組織して限定流通させるという、特約店流通マーケティングの先駆けでした。

また朝日酒造は酒造りだけでなく、グループに農業生産法人『有限会社あさひ農研』も置いて、良質米の研究と栽培生産も主なっています。

『久保田』はいろいろな場で飲んで来ましたが、ふと自分で買って飲んだ事はなかった事に気が付きました。

なので、今頃になっての紹介です。

「千寿」というのは「吟醸酒」にあたるようです。

実は今まで「特別本醸造」だと思っていました。
それは「百寿」だそうです。


メロン、マスカットのような香りです。

雑味もなく、旨味もひかえめな淡麗辛口。

まさに新潟酒の王道を行くお酒って感じです。

個人的にはもう少しフルーティーさと米の旨みを感じたいところですが。

しかし、燗にすると、最高!!でした。

今まで久保田を燗にしたことは無かったです。

まあ「本醸造」だと思っていたので燗にしてみた訳ですが...

ふくよかでやさしく、旨味も増して、うまい!

燗やばい!!


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-01-27 19:43 | 新潟 | Comments(0)