新潟 大吟醸[越つかの酒造]

f0138598_20242200.jpg

醸造元:越つかの酒造株式会社
URL:https://www.osakenet.jp/
住所:新潟県阿賀野市分田1328
電話:0250-62-2011
創業:天明元年間(1781)

使用米:-
精米歩合:48%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,540円(税込み)

『新潟大吟醸』ダイレクトな酒銘です。
だって『新潟』ですから。

一応は地域限定酒。

このお酒を造る「越つかの酒造」は新潟市の中心部から南東へ直線で約19km。

阿賀野川と支流早出川が合流する分田地区に蔵を構えます。

実はこの「越つかの酒造」は平成8年(1996)に「塚野酒造」(旧水原町)と「越酒造」(旧豊栄市)とが合併して生まれた酒蔵です。

塚野酒造は江戸時代中期の天明元年(1781)に初代塚野丈左衛門義照が「河内屋」の屋号で酒造りを始めた老舗蔵。

もう一方の越酒造は昭和62年(1987)と歴史は浅いですが、豊栄市内で大吟醸酒・吟醸酒・純米酒といった特定名称酒のみを醸造する蔵としてスタートしました。

合併後の蔵は「蔵つき酵母」の住む旧水原町の塚野酒造の蔵を使って酒造りを行っています。

ちなみに主力銘柄は『代々泉』のほか、最近では『越乃あじわい』や創業者の名『河内屋義照』などのブランドも展開しています。

そんなに大規模な生産設備を擁している蔵でも無さそうなのに、大吟醸でこの価格。

量販店向けのブランドでしょうか?

香りは甘い米の旨みが立ち上がります。

飲み口は華やかで透明。

そしてほんのりとした、やさしいひかえめの酸。

水々しい。

ほかのにフルーティーで飲みやすい。

甘すぎず、さわやかなキレ。

うまい。

新潟の酒。レベルたかい。

うまいな〜。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-02-04 20:26 | 新潟 | Comments(0)