人気ブログランキング |

亀吉 特別純米 辛口[中村亀吉]

f0138598_04230802.jpg



醸造元:株式会社中村亀吉
URL:なし
住所:青森県黒石市中町12
電話:0172-52-3361
創業:大正2年(1913)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,337円(税込み)


靑森市の南、弘前市との間に挟まれた黒石市は人口約3万2000人が暮らす町。

江戸時代に津軽藩から分知した黒石藩1万石の陣屋町として発展した小さな城下町で、現在も町割り、道路の升型などにその面影が残り、また「こみせ」と呼ばれる雪国独特のアーケードの古い町並みとして知られています。

この黒石のねぶた祭は靑森3大ねぶた祭の一つとして有名ですが、これは江戸時代に経済基盤の小さかった黒石藩が経済政策として進めた集客イベントであり、これによって黒石はこの地域のおける在郷町としても発展し、多くの商人が集まってくるようになります。

黒石のねぶたは青森や弘前を凌ぐ規模を誇るのはこういった歴史があるからです。

そんな黒石には近年まで鳴海醸造店、中村亀吉、佐藤酒造の3軒の酒蔵がありましたが、元町に蔵を構える明治27年創業の佐藤酒造は、2008年に廃業してしまいました。

f0138598_04233233.jpg
メインストリートに面して蔵を構える、江戸時代後期の文化3年(1806)創業の鳴海醸造点の裏手にあるのが中村亀吉です。

黒石の酒蔵では一番若く、大正2年(1913)に初代中村亀吉によって創業されました。

主力銘柄は『玉垂』(たまだれ)といい、弘前市にある本行寺の住職が、洞窟の中で座禅を組み修行に励んでいた際に、したたり落ちた(垂れた)岩雫(玉)が住職の唇をぬらし、それが余りにも美味だったという故事に因んだもの。

現在は特定名称酒に創業者の名『亀吉』ブランドが主力となっています。


色は無色透明。
香りも控えめ。

ガツンとした辛口の酒をイメージしましたが、
飲み口は意外にもまず華やかです。

口に花びらのような香りが広がります。

透き通った上品な旨味のある、すっきりとした淡麗辛口。

予想外のうまさ、

うまい!

燗にすると、やっぱり辛口です。

苦味、渋味も強いけど、ふくよかで濃醇な飲み口。

後味は苦味と渋味が伴った厚みのあるキレ。

クセになるうまさ。

これはうまいな〜。

お気に入り度: 3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-09-22 02:28 | 青森 | Comments(0)