人気ブログランキング |

越の鷹 純米酒[伊藤酒造]

f0138598_00194814.jpg


醸造元:伊藤酒造 合資会社
URL:http://koshinotaka.jp/
住所:福井県福井市江上町44-65
電話:0776-59-1018
創業:明治27年(1894)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,375円(税込み)

蔵元一人で造っているので、入手困難とも言われる福井の地酒『越の鷹』。

福井市中心部から北西郊外。

三国港にそそぐ九頭竜川左岸・江上町の水田地帯の中に蔵を構える伊藤酒造の創業は明治27年(1894)と比較的若い酒蔵です。

しかし、伊藤家は元々が福井藩主が領内視察の際に接待する庄屋の家柄です。

酒造りは幕末ごろから行われていたそうで、主力銘柄である『越の鷹』は、鳥の王である「鷹」にあやかって「酒の王」を目指し『越の鷹』と命名されたと公式にはされています。

しかし、その一方で、鷹狩りに訪れた福井藩主に手造りの酒を供したところ「越の国へ羽ばたく鷹の酒じゃ」と称された事に由来するともいいます。

現在の伊藤酒造が本格的に酒造業を興した場所が、現在地より南西の本郷大谷(現・大年町地区)でこの時期を創業年、明治27年(1894)としています。

その後、九頭竜川水運による輸送交通の利便性から、九頭竜側右岸の高屋町に蔵を移転。

しかし、明治44年(1911)により良い水を求めて現在地の江上町に移転して今に至ります。

蔵は昭和23年(1948)の福井地震(福井大震災)によって全壊しますが、その後再起。

そして、現在の伊藤酒造は冒頭に書いた様に小さな酒蔵です。

蔵元の伊藤抵治(やすはる)は自ら杜氏となり、さらに営業まで一人で行っています。

そんな状況ですので、ラベルデザインは今風で、時代が求める淡麗辛口のお酒を戦略的に醸しながらも、少量生産。

福井県内でも入手困難なお酒となっています。


吟醸酒系が人気のようですが、今回選んだのは純米酒。


色はほんのりとコハク色。

ほのかに干し草のような牧歌的な乳酸香がします。

う〜ん、今風の都会的なお酒をイメージしましたが...。

飲み口は辛口です。

シャキッと鋭い、切り立った絶壁のような酸。

旨味は控えめかと思いつつも、芳醇辛口を後から包み込むようなふくよかな甘さを持っています。

キレはシャープですが、その後やさしく軟着陸する感じ。

ほ〜。

思わず。ほ〜。

うまいな。

うまい。

燗にしてみる。

キリリと辛口。は変わらず。

でも、やさしく芯のある旨さ。

辛口だけど酸はひかえめ、やさしくほっこりする酒。

うまいな〜。

うまいお酒です。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-11-29 00:28 | 福井 | Comments(0)