人気ブログランキング |

日乃出鶴 美山錦 純米吟醸[井坂酒造店]

日乃出鶴 美山錦 純米吟醸[井坂酒造店]_f0138598_00360227.jpg


醸造元:合資会社 井坂酒造店
URL:https://www.isakasyuzou.co.jp/
住所:茨城県常陸太田市小中町187
電話:0294-82-2006
創業:文政元年(1818)

使用米:美山錦
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,650円(税込み)


常陸太田市の北端に位置し、福島県矢祭町と接する里見地区は、平成の大合併で2009年に常陸太田市の編入された人口約4,000人ほどの茨城県北辺の村でした。

村を南北に走る旧棚倉街道(現在の国道349号線)に沿って発展した宿場町・在郷町が現在の集落に繋がっており、井坂酒造店のある小中町も江戸時代の小中宿だった場所です。

小中宿の旧家、井坂家と佐藤家。重厚な薬医門にナマコ壁の塀・土蔵が往事を忍ばせる町並みを残しています。おそらく本陣も務めたのでしょう。

日乃出鶴 美山錦 純米吟醸[井坂酒造店]_f0138598_00360236.jpg


かつては酒造りが盛んだった美里地区で唯一残る酒蔵、井坂酒造店(井坂家)は江戸末期の文政元年(1818年)に創業。

銘柄『日之出鶴』は初代蔵元が日が昇る東の土地で酒造りを覚えたことに由来。

小中宿は明治の大火で焼失し、現在の酒蔵も含めた重厚な家並みは明治32年(1899)に再建されたもの。

戦時中は酒造りを一時中断。

戦後は焼酎から醸造を再開し、昭和30年(1955)から日本酒造りを再開しました。

あまり情報が無く、休蔵している噂もありましたが、昨年あたりからホームページを立ち上げ積極的な情報公開を行うと共に、時代に合わせた酒造りにもシフトを始めているようです。

今回のお酒は『日之出鶴』特定名称酒新シリーズのラベルデザイン。


栓をあけて最初の飲み口は...少し塩っ辛い?感のある酸。

続いて、淡麗な旨味とシャープなキレ。

吟醸酒らしい淡麗なフルーティさ。

後味に苦味が少し残る余韻。

やさしい酸味、苦味、渋味のバランス。

うまい。

悪くない。

栓をあけて日を置くと、香りも飲み口も安定してきます。

バランスの良いきれいなお酒です。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-01-13 16:59 | 茨城 | Comments(0)