人気ブログランキング |

大典白菊 純米酒 雄町[白菊酒造]

大典白菊 純米酒 雄町[白菊酒造]_f0138598_18044199.jpg

大典白菊 純米酒 雄町[白菊酒造]
醸造元:白菊酒造株式会社
URL:http://www.shiragiku.com/
住所:岡山県高梁市成羽町下日名 163-1
電話:0866-42-3132
創業:明治19年(1886)

使用米:雄町
精米歩合:70%
日本酒度:+5.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,308円(税込み)

訳あって、また岡山の白菊酒造のお酒を飲む機会に出会いました。

白菊酒造は、日本有数の山城で知られる備中松山城の城下町高梁市から西へ、高梁川の支流成羽川が流れる旧川上郡成羽町という小さな山間の町に蔵を構えます。
この成羽町は江戸時代に山崎家1万2000石の成羽藩の陣屋町だった町です。

白菊酒造は以前は「成羽大関酒造」という社名でした。

成羽大関酒造の前身は、明治19年(1886)に渡辺廣太郎により創業した渡辺酒造本店。

当時からの主力銘柄は『白菊』でしたが、昭和3年に昭和の御大典(即位式)の年に全国清酒品評会で受賞した事を機に「大典」を冠して『大典白菊となります。

しかし昭和47年、成羽町に甚大な被害をもたらした大洪水によって、町と共に渡辺酒造本店は壊滅してしましました。

そこからの再起に当たって、灘の大関酒造の支援のもと、同じく大関酒造の協力蔵であった仲田酒造、山崎酒造と合併して中国地方最大規模の酒造設備を有する成羽大関酒造が誕生します。

社名の通り、大手の系列で安定した経営を行う一方で、生産高の約1割を自社銘柄の酒造りにあてながら、独自ブランドを育成し続けてきました。

そして、平成19年(2007)6代目蔵元、渡辺秀造氏によって社名を「白菊酒造株式会社」に改めます。

安定した経営のバックボーンを持ちながらも、精力的な酒造りを行う新進気鋭の酒蔵です。

ちなみに、直売所は白菊商事株式会社。
住所:高梁市成羽町下原 915
TEL : 0866-42-3131
営業時間:9:00〜17:00(日祝休)

今回は新橋にある岡山と鳥取のアンテナショップ『とっとり・おかやま新橋館』で買いました。


ほんのりと薄いコハク色でした。

飲み口はまるく、そして甘く、ほんのりと苦味と渋味をともないつつも、総体はふくよかに甘い。

酸は控えめ、日本酒度は+5.0だけど、やわらかい。

うん、ふくよかな透明感。

ふくらみがあって、飲みやすいお酒です。

後味のスッキリとしたシャキッとした甘い余韻がいい。

うまいな。

杯が進みます。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2020-07-04 18:12 | 岡山 | Comments(0)