f0138598_20332478.jpg

醸造元:村祐酒造株式会社
URL:なし
住所:新潟県新潟市秋葉区舟戸1-1-1
電話:0250-38-2028
創業:昭和23年(1948)

使用米:-
精米歩合:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,円(税込み)

新潟市秋葉区は平成の大合併で2005年に新津市と中蒲原郡小須戸町が新潟市に編入して生まれた区です。
この秋葉区という名称は新津地区にある秋葉神社を祭る秋葉山に由来。

村祐酒造は旧小須戸町で昭和23年(1948)に創業した、比較的若い酒蔵です。

主力銘柄は『花越路』(はなこしじ)で、冬期醸造で約200石の小さな酒蔵です。

そんな中でも僅か40石弱しか造られていないお酒が、平成14年に誕生した『村祐」』シリーズです。

このブランドを立ち上げた同蔵の村山専務が目指す味は「和三盆糖のような高級な砂糖をイメージ」したもの。

淡麗辛口の新潟酒にあって「高級な甘口」を目指したシリーズ。

スペックはとにかく非公開。

特定名称酒ですが、分類も非公開。
調べてみてみると「純米大吟醸」らしいです。

その生酒です。

香りはほんのりとメロン、葡萄のような甘い吟醸香。

優しく、そしてかろやかで透明感のある上品な甘さ。

重さはなく、清涼感とともにキレイに消えていく華やかなキレ。

透明感のある甘いお水。的な印象。

澄んだ甘さはフルーティーという表現ではなく、砂糖のような...。

これが「和三盆」の甘さなのかな?

徳島が産地の古い歴史をもつ砂糖という知識がある程度で、実際に和三盆をなめた事はありませんが、
なるほど、こういう甘さなのかと。

ほんのりビターな甘さ。

これは日本酒としてのクセかな?

うまいです。

と、いうかおいしいです。

日本酒はまだまだ奥が深い!

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-18 20:35 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_14391562.jpg

醸造元:宝山酒造株式会社
URL:https://takarayama-sake.co.jp/
住所:新潟県新潟市西蒲区石瀬1380
電話:0256-82-2003
創業:明治18年(1885)

使用米:コシヒカリ(富山農園)
精米歩合:60%
日本酒度:-1.0
酸度:1.7
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

新潟市とは言っても、中心部から南へ約30kmほど離れた市の南端に位置する西蒲区。
平成の大合併で2005年に新潟市に編入合併した旧・西蒲原郡岩室村、西川町、潟東村、中之口村そして巻町からなる区です。
その中の岩室地区宝山酒造はあります。JR越後線の岩室駅が町の玄関口。

北国街道の宿場町として栄えてきた開湯300年を迎える岩室温泉から越後一の宮の弥彦神社へ至る道の中間付近に蔵を構える宝山酒造は明治18年(1885)の創業。

酒銘『宝山』は蔵の前にそびえるのは弥彦山と北峰を連ねる霊峰多宝山に由来。

伝統的な佇まいの酒蔵ですが、様々なラインナップに加え、化粧水としての日本酒もシリーズで多数ラインナップしている先進的な酒蔵です。

今回のお酒、2代目『二才(にさい)の醸(かもし)』
とは、「20代だけの日本酒プロジェクト」で、そのお酒に関われる者は20代のみというルールが課せられた醸造企画です。

元々は埼玉県幸手市の石井酒造でスタートしたプロジェクトでしたので、2代目。
蔵元が2代目という訳ではありません。

で、宝山酒造の『二才の醸』は五代目蔵元の渡邉桂太さん(29歳)、と同社営業の若松さん(28歳)、酒米を造るのは富山農園の富山さん(28歳)。

ラベルデザインは新潟デザイン専門学校グラフィックデザイン科の梨本さん(21歳)の手によるもので、青二才の青から大人の赤へ変化していくというイメージでデザインしたとか。

ところが、宝山酒造の『二才の醸』は蔵元の渡邉さんが30歳になるので今年でおしまい。

来年からは茨城県古河市の青木酒造にバトンタッチされます。



香りも飲み口もひかえめ。

でも華やかでちょっぴりフルーティー。

苦味、渋味、酸が立つキレ。

しっかりとした芯がある。

うまい。

ふつ〜にうまい。

もうちょっと若々しいというか冒険っぽいものを期待しましたが、スッキリ淡麗辛口の新潟酒でした。

お気に入り度:3






↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-12 20:02 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_14390580.jpg

醸造元:樋木酒造株式会社
URL:なし
住所:新潟県新潟市西区内野町582
電話:025-262-2014
創業:天保3年(1832)

使用米:-
精米歩合:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

新潟市の中心部から日本海に沿って西へ約12km。

JR越後線で約20分。

現在の内野町は新潟大学の街として知られていますが、近年まで数軒の酒蔵や味噌など醸造関係の蔵が多く集める場所でした。

現在残るのは塩川酒造と樋木酒造(ひきしゅぞう)の2軒だけ。

樋木酒造は江戸時代後期、いわゆる幕末の天保3年(1832)に三根山藩下の巻町において、親類の大澤家より酒造株を引き受けて創業しました。

主力銘柄の『鶴の友』は、隣接する分水町の阿部家で造られていた銘柄『明けの鶴』から一字をもらったもの。

その後、安政2年(1855)に現在の新潟市内野町に移転しました。

歴史ある酒蔵ですが、今も残る明治末期築の東酒蔵、西酒蔵、店舗兼主屋は昭和30年に新津市柄目木の民家を移築したもの、これらの3棟は国の登録有形文化財に指定されています。

樋木酒造は地元向けが大半で、本醸造や普通酒が主力。少し純米酒も造っています。

しかし、特定名称酒の枠に縛られない酒造り。


今回のお酒は 別撰(本醸造)です。

ラベルデザインも昔ながらのもの。

しかし!!

まず、フルーティーな立ち香!!

雑味は無く、淡麗だけどしっかりとした旨味と飲み口。
辛口のキレ。

ライチ、マスカットのような上質な旨味、甘み、吟醸酒のような飲み口。

なんなんだ、これは!!

燗にしてみる。

意外にさっぱり、すっきり。

ライトな印象の燗酒。

んん?このお酒は意外にも冷やが旨い。

と、言うか。

予想外にレベル高し。

こ、これは。

こう言う出会いが楽しいです。

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-11 14:40 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_00085837.jpg

醸造元:DHC酒造株式会社
URL:http://www.bairi.net/
住所:新潟県新潟市北区嘉山1-6-1
電話:025-387-2025
創業:明治41年(1908)

使用米:越淡麗
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度
購入価格:720ml:1,495円(税込み)

「通話料無料0120-333-906」のCMでお馴染み、化粧品、健康食品で知られる株式会社DHC。

最近ではアパレル、リゾート事業、出版事業など手広く事業展開しているようですが、なんと!!
日本酒醸造にも進出したようです。

新潟市の中心部から阿賀野川を越えた東の北区は平成の大合併で2005年に新潟市に編入合併した旧・豊栄市(とよさかし)。江戸時代に旧新発田街道(木崎街道)の通る宿場町、木崎宿を中心に発達した町です。

DHCはここでゼロから酒蔵を立ち上げた訳ではなく、明治41年(1908)に小黒粂治によって創業した小黒酒造を平成26年で買収して参入しました。

当初は「DHC小黒酒造」でしたが、平成28年にはDHC酒造と社名変更をして「小黒」を取ってしまいました。

DHC酒造の製造割合は特定名称酒が90%で普通酒が10%。

普通酒は小黒酒造から引き継いだ地元向けの『朝日晴』だけとなっています。

主力銘柄は『越乃梅里』ですが、新ブランド『悠天』も展開。

さらに、東京多摩市の「小山商店」や神奈川県の「長谷川越後屋酒店」からの要望で生まれた『嘉山』シリーズが今回のお酒です。

この『嘉山』とは蔵のある地名です。

あと、ちなみに「DHC」とは「大学翻訳センター」の略で創業者の吉田嘉明氏が大学の研究室を相手に洋書の翻訳委託業を行ったことに始まります。



香りは控えめですが、飲み口はパンチがあります。

無濾過生酒らしい、シュワシュワ感。

とても清冽感のある飲み口。

幾何学的に整った感。
モノリスのように平面構成な整った旨さ。

そしてキレイ。

生酒なので若さもありますが、超進学校的な整った感。

なんか、良く分からない表現が続きますが、それだけ感動。

後から感じる華やかな香り。
嗅覚ではなく味覚で感じる華やかさは、フルーティーを通り越して花のよう。

化粧水のような、は先入観か?

原酒なのに重くない。ライト。

とにかく、バランスが良く、飲みやすく、キレイでうまい。

うまいよ!!

やばいよ!!

的な。

お気に入り度:5




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-09 00:09 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_23330912.jpg

醸造元:朝妻酒造株式会社
URL:http://www.yukinomaboroshi.jp/
住所:新潟市西蒲区曽根251-2
電話:0256-88-7895
創業:明治42年(1909)

使用米:-
精米歩合:65%
日本酒度:+
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
アルコール度:14度
購入価格:720ml:1,480円(税込み)

新潟市の南西郊外。

信濃川の支流である西川の川辺に、朝妻酒造はあります。

JR越後線の越後曽根駅が最寄りです。

西川に平行して古い家並みが残る街村の曽根地区は江戸時代には長岡藩の支配地として代官所が置かれ、西川右岸の自然堤防上に形成された町は西川水運の河港町としても発展しました。

この曽根で朝妻酒造は明治42年(1909)に創業。

(新)生もと造りにこだわりを持ち、現在は特定名称酒が60%、普通酒40%の比率で醸造。さらに主力商品は大吟醸ですが、大手酒造メーカー並みの低価格で晩酌向けの酒を目指しているようです。

雪の幻 純米酒。

色は無色透明、よりはほんのり薄いコハク色。

醤油、味噌のような香ばしい乳酸香。

さらには、塩っ辛さを感じる飲み口。

酸はおっとりしていますが渋味、苦味が強くややくせがあるお酒です。

芳醇淡麗辛口。

なるほど。

燗にしてみると、ふくよかな米の旨味。

やわらかい飲み口。

ふくらむ。

うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-06 23:33 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_00264814.jpg

醸造元:緑川酒造株式会社
URL:なし
住所:新潟県魚沼市青島4015-1
電話:025-792-2117
創業:明治17年(1884)

使用米:-
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15.5度
購入価格:720ml:2,160円(税込み)

ホームページを持たず、ネット通販もしない。
特約店にのみ卸し、特約店にもネット販売の自粛をお願いしている。

ゆえに入手困難な銘柄の一つに数えられる緑川酒造。

人と人の繋がりを大切にし、顔が見える販売を行いたいというポリシーのこの蔵には外回りの営業もいないそうです。

信濃川最大の支流である魚野川が近くを流れる、魚沼産コシヒカリの水田に囲まれた近代的な建物の緑川酒造は、明治17年(1884)に旧小出町の中心市街で初代大平桂作により創業しました。

昭和34年(1934)に大平酒造から緑川酒造に社名変更。

その後小出町の市街地区画整理事業の為に現在地に移転しました。
この場所を選んだのは、ひとえに水のため。

周囲を魚沼産コシヒカリの水田に囲まれてはいますが、緑川酒造が使用している米は「北陸12号」。

古い歴史を持つ品種でしたが、しばらく途絶えていたその酒米を、先代の蔵元が地域の農家と復活させたもの。

今回の『緑』は夏季限定酒らしいです。

厳冬にしぼりたての新酒を瓶詰してから火入してスグに急冷.。
それを気温0度の雪洞で半年間貯蔵。
半年後に瓶を1本1本手作業で開栓してタンクへ戻し酒質を均一にさせる。
(なぜにわざわざ瓶詰めする?)
更にもう一度瓶詰してから火入してスグに急冷させて出荷させるそうです。

まあ、そんな手間を掛けて作られた限定酒です。


ほんのり、ヨーグルトのような乳酸香。
そしてバニラのような甘さ。

やさしい旨味に包み込まれた淡麗辛口。

清流のような澄んだ甘み、爽快感。

酸がおどろくほど無く、やさしくもスッキリとしたキレ。

当たり障りのない、上質な新潟酒。

うまい。

うまいです!!

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-06 00:33 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_20242200.jpg

醸造元:越つかの酒造株式会社
URL:https://www.osakenet.jp/
住所:新潟県阿賀野市分田1328
電話:0250-62-2011
創業:天明元年間(1781)

使用米:-
精米歩合:48%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,540円(税込み)

『新潟大吟醸』ダイレクトな酒銘です。
だって『新潟』ですから。

一応は地域限定酒。

このお酒を造る「越つかの酒造」は新潟市の中心部から南東へ直線で約19km。

阿賀野川と支流早出川が合流する分田地区に蔵を構えます。

実はこの「越つかの酒造」は平成8年(1996)に「塚野酒造」(旧水原町)と「越酒造」(旧豊栄市)とが合併して生まれた酒蔵です。

塚野酒造は江戸時代中期の天明元年(1781)に初代塚野丈左衛門義照が「河内屋」の屋号で酒造りを始めた老舗蔵。

もう一方の越酒造は昭和62年(1987)と歴史は浅いですが、豊栄市内で大吟醸酒・吟醸酒・純米酒といった特定名称酒のみを醸造する蔵としてスタートしました。

合併後の蔵は「蔵つき酵母」の住む旧水原町の塚野酒造の蔵を使って酒造りを行っています。

ちなみに主力銘柄は『代々泉』のほか、最近では『越乃あじわい』や創業者の名『河内屋義照』などのブランドも展開しています。

そんなに大規模な生産設備を擁している蔵でも無さそうなのに、大吟醸でこの価格。

量販店向けのブランドでしょうか?

香りは甘い米の旨みが立ち上がります。

飲み口は華やかで透明。

そしてほんのりとした、やさしいひかえめの酸。

水々しい。

ほかのにフルーティーで飲みやすい。

甘すぎず、さわやかなキレ。

うまい。

新潟の酒。レベルたかい。

うまいな〜。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-04 20:26 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_02034397.jpg

醸造元:福顔酒造株式会社
URL:http://www.fukugao.jp/
住所:新潟県三条市林町1-5-38
電話:0256-33-0123
創業:明治30年(1897)

使用米:五百万石
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,674円(税込み)

新潟市と長岡市のちょうど中間に上越新幹線の駅は「燕三条駅」、関越自動車道では「三条燕IC」とある三条市と燕市があります。

ともに金属加工製品の町ですが、これは江戸時代初期に、五十嵐川の度重なる水害に苦しむ農民救済のために、当時の代官が江戸から釘職人を招いて、農家の副業として釘の製造を指導・奨励したことに始まります。

福顔酒造のある三条市は古くからの城下町で、江戸時代には北国街道・三国街道の枝宿として、また信濃川、五十嵐川の河港町として繁栄した町です。

三条市の中心商店街に蔵を構える福顔酒造は明治30年(1897)に初代小林正次によって「宇寿屋」の屋号で創業しました。

創業当時の銘柄は『松風』でしたが、蔵のコンセプトである「飲んだ人が福の顔になる旨い酒を造る」思いが後の主力銘柄及び社名となっていきます。
そして七福神の一人である「恵比寿」を福顔酒造のシンボルマークとしました。

今も福顔酒造の社内に飾られている恵比寿様のロゴマークは地元・三条の職人によって鍛造されたものだそうです。

今回の銘柄である『越後五十嵐川』の「五十嵐」は「いがらし」ではなく「いからし」と読み、三条を流れる五十嵐川に由来しますが、この読みはこの地域を開拓した垂仁天皇の第八皇子・五十日足彦命(いかたらしひこのみこと)に由来するそうです。

三条には近年まで数軒の酒蔵がありましたが、現在はこの福顔酒造一軒のみとなってしまいました。


香りはひかえめですが、すっきりとしたフルーティーな甘み。

う〜ん、キレイな飲み心地。

やや酸が立ちますが...。
素直にうまい。

燗にすると、うまい!!

やばい!!

とてもやさしい旨味と透明感。

ああ、ふわっと心地よい。

きれいだ。

うまい。

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-02-02 02:05 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_01303105.jpg

醸造元:株式会社越後鶴亀
URL:http://echigotsurukame.com/
住所:新潟県新潟市西蒲区竹野町2580
電話:0256-72-2039
創業:明治23年(1890)

使用米:山田錦・五百万石・こいしぶき
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:1.7
アミノ酸度:1.0
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,270円(税込み)

新潟市の中心部から南へ車で約1時間。
日本海に臨む角田山の東麓に広がる田園風景の中に越後鶴亀の蔵はあります。

この越後鶴亀がある竹野町はかつて旧西蒲原郡巻町でしたが、平成の大合併で巻町は2005年に新潟市へ編入合併します。

越後鶴亀はかつては上原酒造といい、明治23年(1890)に初代上原武七によって創業します。

さらにこの蔵元の5代目上原誠一郎氏は、地ビールの解禁に合わせて全国最初の地ビール醸造許可を取得し て地ビール蔵を立ち上げました。

これが「エチゴビール」です。

しかしその後上原酒造はビール部門を分社化して日本酒に専念します。

そんな上原酒造が、な、なんと!!
2010年に民事再生法を申請する事になります。

そして2011年に経営を一新して、社名を「越後鶴亀」に変更しました。
子会社の「エチゴビール」はブルボンに譲渡されました。

現在、越後鶴亀は淡麗辛口の新潟県の蔵元の中で、敢えて米の味を生かした旨味のある純米酒造りを目指しています。

ラベルデザインも鶴と亀の象形文字をモチーフにした新しいロゴマークで一新します。


今回のお酒は冬限定のお酒。

まずは米の旨味に包まれながら、ほんのりヨーグルトのような甘い香り。

渋味、苦味が強く、酸も負けない。

そんな勢力に囲まれながらもガツンとしたパワーとフレッシュで旨味のある飲み口。

甘く、辛く。

バランスが良く、しっかりとした日本酒。的な。

食中酒としても杯がすすむ。

原酒だけど度数は普通に17度くらい。
醸造設計の技術力の高さでしょうか。

うまい。

うまいな〜。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-01-31 01:31 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_00141201.jpg

醸造元:越後桜酒造株式会社
URL:http://www.nihonsakura.co.jp/
住所:新潟県阿賀野市山口町1-7-13
電話:0250-62-2033
創業:明治23年(1890)

使用米:-
精米歩合:45%
日本酒度:+2.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,330円(税込み)

越後桜酒造は以前は越の日本桜酒造といいました。

2009年に埼玉県さいたま市に本拠を置く東日本最大の酒造メーカー「世界鷹小山家グループ」の傘下に入り、社名変更しました。

明治初期築の蔵を大規模に手を加え、新しく大吟醸約1000石の製造可能な「白鳥蔵」とし、ハイコストパフォーマンスな吟醸酒・大吟醸酒を醸造する蔵として知られています。

蔵は新潟市の東に接する阿賀野市にあります。

阿賀野市は平成の大合併で2004年に新潟県北蒲原郡安田町、水原町、京ヶ瀬村、笹神村の4町村が合併して生まれた市で、その中心部が江戸時代に代官所も置かれた旧水原町です。

白鳥の渡来で有名な瓢湖(ひょうこ)があり、10月〜3月まで、多くの人が訪れる町です。

この旧水原町を東西に走る若松街道こと国道49号線沿いに越後桜酒造はあります。



フルーティーな吟醸香。

優等生だな〜。

ライチ、マスカット、スイカのようなみずみずしく甘くすてきな飲み口。

だけれども、中盤から意外にも旨味が少なく、淡麗でスッキリ。

スッキリやさしい、ほんのり華やか。
うまい!

ただ淡麗なだけでなく、
ただ辛い酒もなく。

キレイで上品でうまい酒。

さすがコスパ高し。
ていうか大吟醸でこの価格?

さすが吟醸酒専門蔵の実力。的な。


お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-01-30 00:15 | 新潟 | Comments(0)