人気ブログランキング |

f0138598_00110464.jpg


醸造元:大嶺酒造株式会社
URL:http://www.ohmine.jp/
住所:山口県美祢市秋芳町別府2585-2
電話:0837-64-0700
創業:文政5年(1822)

使用米:山田錦
精米歩合:58%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:14.5度
購入価格:720ml:2,268円(税込み)

大嶺酒造もまた50年ぶりに復活した酒蔵です。

日本最大のカルスト台地「秋吉台」の西側に位置する美祢市の秋芳町別府地区に蔵を構える大嶺酒造は江戸時代後期の文政5年(1822)に創業した歴史を持つ酒蔵です。

かつての主力銘柄は『防長圀盛』(ぼうちょうくにざかり)。

町の玄関口はJR美祢線の於福駅(おふくえき)。

しかし、大嶺酒造は受託醸造(桶売り)の蔵に転身して酒造りを続けるものの、やがて昭和30年(1955)には休蔵状態になってしまいます。

平成22年(2010)そんな休眠状態だった大嶺酒造を復活させるのが、ニューヨークの広告会社に勤めていた秋山剛士氏です。

「農業と地域資源を軸に地域の未来へ繋がる産業をめざす」

最初は萩市に蔵を構える『東洋美人』の澄川酒造の設備を間借りしてスタート。

戦略的なブランド作り。

「AGAINST SAKE WORLD」”日本酒の世界に逆らう”を堂々と宣言。

とにかくラベルデザインやブランド名、そして平成30年(2018)に竣工した、最新鋭の設備を持ち、新たな観光スポットとしても賑わいを見せているデザイナーズ建築の酒蔵など「斬新」さをとにかく打ち出し、地酒復活の思いは国内マーケットを越えて世界を見据えています。

2013年にスイスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)では、日本政府主催の晩餐会で『Ohmine』は国際デビューしました。

今や山口県を代表する地酒『獺祭』や『東洋美人』を目指して大嶺酒造の『Ohmine』は話題急上昇中のブランドになっています。



香りは控えめながらも、ほのかにクリーミーでメロン・ライチのような吟醸香。

飲み口はスッキリとした、深いコクのある甘み。

フルーティというよりも和三盆のような上品な甘み。

高い次元でバランスのとれた余韻。

吟醸酒レベルの純米酒。

ああ、うまい。

これはうまい。

復活おめでとうございます。

そして、新たに山口の地酒を牽引していくであろう、この小さな酒蔵を応援します。

そんな事よりも、

まあ、うまい酒です。


お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-10-20 01:01 | 山口 | Comments(0)

f0138598_20281759.jpg

醸造元:阿武の鶴酒造合資会社
URL:http://abunotsuru.jp/
住所:山口県阿武郡阿武町奈古2796
電話:08388-2-2003
創業:大正4年(1915)

使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:1,800ml:3,240円(税込み)

阿武の鶴酒造。

長く休蔵状態にありながら、平成29年(2017)に復活した酒蔵です。

阿武の鶴酒造のある阿武郡阿武町は、山口県北東部の日本海側にある人口約3,400人が暮らす小さな町です。

その阿武町の中心部、奈古地区は萩から益田へ通じる石州街道沿いの市場町として古くから開かれた港町でした。

それゆえか2軒の酒蔵がありましたが、うち河野酒造は廃業(休蔵?)、そして阿武の鶴酒造もまた自醸をやめていました。

阿武の鶴酒造は大正4年(1915)に創業。

しかし、昭和58年(1983)に自社醸造をやめ他の蔵から桶を購入し瓶詰めをして細々と販売を続けていました。


f0138598_20281185.jpg


そんな阿武の鶴酒造を復活させたのが6代目にあたる三好隆太郎氏です。

隆太郎氏は東京の大学へと進学。建築を学んだ後大手アパレル会社に就職して、内装デザイナーとして新規出店の仕事に携わっていました。

しかし、実家の酒蔵を復活を決意。

アパレル会社を退職して、千葉県の酒蔵を機に埼玉県、岐阜県、青森県の蔵元を渡り歩いて酒造りの修行を行います。

実際の醸造には隣の萩市に蔵を構える山口県を代表する銘柄『東洋美人』の澄川酒造場が協力。

荒廃していた蔵の醸造設備を再建しながら、澄川酒造場でタンクを借りて初年度の酒を仕込むところからスタートしました。

ラベルデザインはデザイナー時代の人脈を生かして、東京のデザイン会社に制作を依頼。

新ブランドの『三好』は蔵元の姓。

さらに麹・米・水の「三」、売り手・買い手・世間の「三」の意味を持たせました。

今回の酒は『阿武の鶴』のシリーズ。


「点と線」は山田錦を50%精米の無濾過生詰(一回火入れ)の純米吟醸酒。

真珠(模造)をあしらった、これまたデザイナーズラベル。

期待がふくらみます。

栓を開けると...ほんのり生臭い老ね香。

口に含むと濃い、甘い。

無濾過酒らしいパンチのある、フルーティーな旨さ。


しかし、日を置いても、やっぱり生臭い老ね香は変わらず。

でも、やっぱり飲み口から中盤、ラストに至る余韻。

苦、渋、辛の余韻のバランスはいいです。

うまいです。香りが...

しかし!!燗にすると、生臭い香りが消えました。

と、いうかほのかに乳酸香に吸収された感じかな。

飲み口はフルーティーさも消え、ほんのり甘い淡麗な辛口のお酒になりました。

透明感ましてます。

すっきりうまい、ほっとする燗。

うまい。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-10-13 21:13 | 山口 | Comments(0)

f0138598_22092748.jpg

醸造元:山城屋酒造株式会社
URL:https://sugihime.jp/
住所:山口県山口市道場門前2-1-7
電話:083-922-5757
創業:慶長16年(1611)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+1.5
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:14.5度
購入価格:720ml:1,394円(税込み)

山口県の県都、山口市の中心部に唯一構える酒蔵が山城屋酒造です。

山城屋の歴史は古く、というか家の歴史が古いです。

なんと鎌倉時代の建仁元年(1201)にまで遡ります。

安部光包が平清水八幡宮の惣貫首職に補任された最古の記録にあります。

京都に石清水八幡宮がありますが、山口の平清水八幡宮は九州の宇佐八幡宮の流れで、境内に湧く泉「平清水」に由来します。

時は流れて江戸時代の慶長16年(1611)になると、安部平左衛門浄香が山口市道場門前に移住して武士から町人になります。

阿部家は以後、様々な業種に商売を広げていき、本家安部(本陣、両替商)、醤油安部(醤油醸造)、山城安部(酒造業、茶製造業)、大阪安部、隠居安部と五家に分かれて財閥のような豪商となります。

その後酒造業の山城阿部を明治27年に仁保の船山八幡宮(船山神社)の神職、宮﨑家が引き継ぎ、現在の山城屋の前身となります。

f0138598_22092158.jpg



そんな歴史のある酒蔵ですが、現在は商店街の一角にたたずむコンビニっぽい酒屋さんです。

実は酒造業としては昭和50年に休止し、以後自社の酒は委託醸造として小売業に転換しました。

しかし、平成26年に酒造りを復活させます。

主力銘柄の『杉姫』は酒造りに欠かせない杉(杉樽や杉桶、濾過には杉の葉を使用し、また新酒ができたことを知らせる店先の杉玉、などなど)の「杉の妖精(姫)」に酒造りを見守ってほしいとの願いを込めたもの。


香りは控えめで、吟醸香は感じません。

飲み口は独特の酸味とスッキリ感、アッサリとした淡麗辛口。

酸味だけでなく渋味、苦味も控えめ。

後味もスッキリ淡麗。

う〜ん。

で、燗にしてみました。

ほのかな甘みと、やわらかい苦味、渋味の口当たり。

透明感があってキレイですが、男の酒って感じ。

やさしい辛口。

常温かぬる燗あたりが一番旨味と安定感を感じます。

このあたりがうまいです。

うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-10-07 22:57 | 山口 | Comments(0)

f0138598_06373331.jpg

醸造元:浜嶋酒造合資会社
URL:http://www.takakiya.co.jp/
住所:大分県豊後大野市緒方町下自在381
電話:0974-42-2216
創業:明治22年(1889)

使用米:山田錦・ヒノヒカリ
精米歩合:55%
日本酒度:+5.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,404円(税込み)

浜嶋酒造は10年くらい前に大分県の酒蔵めぐりで最初に訪れた蔵で、最初に買って飲んだ銘柄です。

豊後大野市は大分県の南部に位置する人口約3万4000人の市で、九州のナイアガラと称される「原尻の滝」で有名。
市域のほぼ全域が祖母傾国定公園内にある農村地帯です。

江戸時代には岡藩の穀倉地帯として開発され、「緒方井路」と呼ばれる水路が張り巡らされています。

2005年に合併した旧大野郡大野町に蔵を構える浜嶋酒造は明治22年(1889)に初代浜嶋百太郎が創業。

f0138598_06361862.jpg


当時鷹が浜嶋家によく飛来してきていたことから、屋号を『鷹来屋』としました。

創業当時の銘柄『金鷹』は、当時、酒造りの業界では神様といわれていた『野白金一』の金と屋号の鷹を合わせたもの。

しかし時代の流れで、昭和54年に休蔵。

それを平成9年に復活させたのが、五代目浜嶋弘文氏。

創業当時の屋号を主力銘柄にして、こだわりの酒造りを行っています。

また築100年の母屋を改造した併設の「茶房ささら」では、仕込み水で入れたコーヒーだけでなく、鷹来屋のお酒も味わえます。


香りはなく、色は無色透明です。

酸と苦味が最初に出てくる、すっきりとした辛口のお酒。

以前飲んだときはもう少しフルーティーだった印象でしたが。 
 
旨味も控えめな淡麗辛口なお酒です。

燗にしてみました。

やさしくまろやかで透明でふわっとした飲み口。

酸も落ち着き、でもほのなか旨味と淡麗なキレ。

ふわっとした甘み。

良い感じになりました。

うまい。

うん、うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-10-05 13:42 | 大分 | Comments(0)

f0138598_06191747.jpg

醸造元:大地酒造株式会社
URL:http://www.saiki.tv/~ochi-s/
住所:大分県佐伯市船頭町 14-14
電話:0972-22-0074
創業:明治18年(1885)

使用米:山田錦
精米歩合: 50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,836円(税込み)

江戸時代は毛利家佐伯藩2万石の城下町として栄え、今も城下町の面影を残す佐伯市は大分県の南端に位置する人口約6万8000人が暮らす町です。

その佐伯市の中心部に蔵を構える大地酒造は明治18年(1885)に創業した佐伯を代表する酒蔵でした。

最盛期には年間560石もの製造石高で竹田方面まで販路を持っていましたが、平成に入ると蔵元の大地氏が杜氏を兼ねながら年間約10石程度まで落ち込んでいました。

さらに後継者難によって廃業を覚悟。

f0138598_06190185.jpg


そこへ現れたのが、同佐伯市で酒販店を営む池田敬氏でした。

池田氏は自ら酒米山田錦も栽培をはじめます。
また他の蔵で働いていた弟の池田司氏も参加した事で、大地酒造の新体制が出来上がりました。

そうして2015年に生まれたのが純米吟醸酒『龍爽香』(さちかぜ)です。

2018年には合資会社から株式会社に改組し、新銘柄『花笑み』がスタートしました。

花が咲くこと。転じて、花が咲いたようにぱっと明るくなるような笑顔のこと。
「笑う」には「蕾(つぼみ)が開く」という意味があるそうです。

大地酒造の『花笑み』が目指すのは、食中酒を目指した淡麗辛口のお酒とのこと。


香りは控えめです。

しかし、飲んだ印象はとても華やかでした。

花酵母?的な華やかさです。

旨味、甘みもしっかりとあって、酸、苦、渋は控えめ。

うまい。

華やかでキレイなお酒。

飲みやすい今風のお酒です。

うまい!!

うまいな。


お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-09-30 08:07 | 大分 | Comments(0)

f0138598_04230802.jpg



醸造元:株式会社中村亀吉
URL:なし
住所:青森県黒石市中町12
電話:0172-52-3361
創業:大正2年(1913)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,337円(税込み)


靑森市の南、弘前市との間に挟まれた黒石市は人口約3万2000人が暮らす町。

江戸時代に津軽藩から分知した黒石藩1万石の陣屋町として発展した小さな城下町で、現在も町割り、道路の升型などにその面影が残り、また「こみせ」と呼ばれる雪国独特のアーケードの古い町並みとして知られています。

この黒石のねぶた祭は靑森3大ねぶた祭の一つとして有名ですが、これは江戸時代に経済基盤の小さかった黒石藩が経済政策として進めた集客イベントであり、これによって黒石はこの地域のおける在郷町としても発展し、多くの商人が集まってくるようになります。

黒石のねぶたは青森や弘前を凌ぐ規模を誇るのはこういった歴史があるからです。

そんな黒石には近年まで鳴海醸造店、中村亀吉、佐藤酒造の3軒の酒蔵がありましたが、元町に蔵を構える明治27年創業の佐藤酒造は、2008年に廃業してしまいました。

f0138598_04233233.jpg
メインストリートに面して蔵を構える、江戸時代後期の文化3年(1806)創業の鳴海醸造点の裏手にあるのが中村亀吉です。

黒石の酒蔵では一番若く、大正2年(1913)に初代中村亀吉によって創業されました。

主力銘柄は『玉垂』(たまだれ)といい、弘前市にある本行寺の住職が、洞窟の中で座禅を組み修行に励んでいた際に、したたり落ちた(垂れた)岩雫(玉)が住職の唇をぬらし、それが余りにも美味だったという故事に因んだもの。

現在は特定名称酒に創業者の名『亀吉』ブランドが主力となっています。


色は無色透明。
香りも控えめ。

ガツンとした辛口の酒をイメージしましたが、
飲み口は意外にもまず華やかです。

口に花びらのような香りが広がります。

透き通った上品な旨味のある、すっきりとした淡麗辛口。

予想外のうまさ、

うまい!

燗にすると、やっぱり辛口です。

苦味、渋味も強いけど、ふくよかで濃醇な飲み口。

後味は苦味と渋味が伴った厚みのあるキレ。

クセになるうまさ。

これはうまいな〜。

お気に入り度: 3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-09-22 02:28 | 青森 | Comments(0)

f0138598_04232076.jpg


醸造元:株式会社鳴海醸造店
URL:http://narumijozoten.com/
住所:青森県黒石市大字中町1-1
電話:0172-52-3321
創業:文化3年(1806)

使用米:華吹雪
精米歩合:65%
日本酒度:+7.0
酸度:1.2
アミノ酸度:1.3
アルコール度:14度
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

靑森市の南、弘前市との間に挟まれた黒石市は人口約3万2000人が暮らす町。

江戸時代に津軽藩から分知した黒石藩1万石の陣屋町として発展した小さな城下町で、現在も町割り、道路の升型などにその面影が残り、また「こみせ」と呼ばれる雪国独特のアーケードの古い町並みとして知られています。

この黒石のねぶた祭は靑森3大ねぶた祭の一つとして有名ですが、これは江戸時代に経済基盤の小さかった黒石藩が経済政策として進めた集客イベントであり、これによって黒石はこの地域のおける在郷町としても発展し、多くの商人が集まってくるようになります。

黒石のねぶたは青森や弘前を凌ぐ規模を誇るのはこういった歴史があるからです。

そんな黒石には近年まで鳴海醸造店、中村亀吉、佐藤酒造の3軒の酒蔵がありました。

ただ、その中で元町に蔵を構え明治27年創業の佐藤酒造は、後継者難から2008年に廃業してしまいました。歴史的建造物の酒蔵は保存され、町のコミュニティスペースとして活用されています。

f0138598_04233814.jpg



メインストリートに蔵を構える鳴海醸造店は江戸時代後期の文化3年(1806)創業の黒石市の中で最も古い歴史を有する蔵です。

平成10年に「鳴海家住宅」は、黒石市の文化財として指定されました。

凶作にあっても収穫をもたらした土地の名、「稲村」に由来する『稲村屋』を屋号としていました。

代表銘柄の『菊乃井』は二代目文四郎が菊の花を愛し、この芳香を酒に取り入れれば酒の楽しみもまた一段と増すのでは、と吟醸酒の搾りの際に槽口に菊の枝を置いた事に由来するとか。



夏っぽいブルーのボトルとラベルです。

夏限定酒。

『涼颯冷爽』と書いて(かぜれいそう)と読みます。
涼颯を当て字で「かぜ」と読ませています。



栓をあけると、ほのかにスッキリとした吟醸香。

飲み口は、やや酸が全面に出てきますが、クリアな旨味もあって、雑味もなくスッキリとしたのど越し。

良く見るとアルコール度数14度。

飲み頃の温度は5℃~10℃で冷蔵庫で冷やした状態か、氷水にどぶずけして冷やして飲むのがいいらしい。

夏らしい飲み方だ。

キンキンに冷やすとひたすら淡麗の辛口。

うん、確かに。

もう少し旨味がほしいところですが。

燗にしてみる。

これまた辛口。旨味の少ない淡麗な辛口の酒になります。

しかし、ぬる燗から常温になってくると、やさしい旨味が出てきて飲み口も優しくなります。香ばしさも顔を出します。

う〜ん。

このお酒は常温が一番おいしいかも。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-09-15 04:34 | 青森 | Comments(0)

f0138598_23300707.jpg


醸造元:株式会社カネタ玉田酒造店
URL:なし
住所:青森県弘前市茂森町81
電話:0172-34-7506
創業:年(1685)

使用米:華吹雪・まっしぐら
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,590円(税込み)

弘前市は人口約31万人が暮らす青森県第3位の都市で、江戸時代の津軽家10万石弘前藩の城下町として発展し、明治以降は陸軍第8師団の軍都として栄えた町です。

弘前市の中心部、弘前城公園の南に位置する茂森町に蔵を構えるカネタ玉田酒造店は江戸時代前期の享2年(1685)の創業。

通りに面した白壁の土蔵には主力銘柄の『津軽じょんから』と、近年生まれた新ブランド『華一風』の文字が目立ちます。

もともと津軽藩の藩士であった玉田善兵衛が酒造業を任され、藩御用達の酒造となったのが始まりとされています。

近年まで玉田家の当主は代々、善兵衛を襲名していました。

やがて大正時代に本家である屋号カネ玉の『玉千鳥』から、分家の屋号カネタの『玉川』が分かれますが、その後昭和36年に本家のカネ玉は廃業。分家の8代目蔵元玉田秀造氏が分家をたたんで、本家の酒蔵を継承しカネタ玉田酒造店して現在に至ります。

銘柄『玉川』は無くなり、現在は主力銘柄の本醸造『津軽じょんから』、特別純米酒『華一風』、純米吟醸 『斬』の3ブランドを展開しています。

2018年に生まれた新ブランド『華一風』シリーズは現在一番ラインナップが豊富な蔵の主力銘柄になっています。


香りは華やか。

飲み口はみずみずしく、キリリとした辛口。

やや酸が強いかな。

でもフレッシュ&フルーティー。

雑味が無く、すっきり透明感のあるお酒です。

うまい。

辛さとほのかな苦味が最後まで続きますが、全体的にふわっとフルーティーな旨さ。

もう少し寝かすと落ち着いたお酒になるかな?

うん、うまいです。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-09-11 23:31 | 青森 | Comments(0)

f0138598_18562921.jpg

醸造元:株式会社盛田庄兵衛酒造店
URL:http://www.morishou.co.jp/
住所:青森県上北郡七戸町字七戸230
電話:0176-62-2010
創業:安永6年(1777)

使用米:華吹雪
精米歩合:60%
日本酒度:+5.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:18度以上19度未満
購入価格:720ml:1,502円(税込み)

七戸町は青森県の中東部に位置する人口約1万4000人が暮らす町。

この七戸は江戸時代、南部藩の七戸通(しちのへどおり)の中心地として代官所がおかれ、奥州街道の宿場町、商業の町として発展し、明治維新後は一時期七戸藩の陣屋町となります。

七戸町の中心部には武家屋敷の遺構と2軒の酒蔵が軒を連ねていました。

うち1軒の十和田正宗盛喜は廃業してしまい、現在残るのは盛田庄兵衛酒造店のみ。

江戸時代の南部藩の経済を支えたのは近江商人。

七戸もまた近江商人の町です。

f0138598_18564701.jpg


盛田庄兵衛酒造店の前身は初代盛田平次兵衛に始まる呉服商でしたが、江戸時代中期の安永6年(1777)に六代目の盛田庄兵衛が屋敷内に湧く水の良さに気づき、『角屋』の屋号で酒造りを始めました。

盛田家は江戸期を通して豪商で、七戸近郊には盛田牧場もあり、また七戸町の議員や農業会長、産馬畜産組合長などもつとめた家柄です。

蔵元は代々盛田庄兵衛を襲名し、近年までは「盛庄商店」として、酒造業の他にガソリンスタンドやLPガス事業も行っていました。

しかし、「盛庄商店」は平成21年(2009)年に石油関連事業の悪化によって倒産してしまいます。

そんな中、酒造部門は好調だった為に、盛田庄兵衛酒造店を分社独立させ今に至ります。


「夏の吟醸酒」は夏らしいブルーボトルに青の銘柄のラベル。

生酒では無く火入れの吟醸酒。

このお酒のコンセプトは「ロックで飲んでもダレないお酒」だとか。

なんか、いろいろ挑戦して頑張っている酒蔵です。


香りからして、米の旨いがガツン。

力強い!!

香りも華やか。

ガツンだけれども、飲み口はキレイで淡麗さも。

吟醸酒の原酒らしい、パンチのあるお酒。

うまい。

パンチがあるのに飲み飽きしません。

ああ、うまいな〜。

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-09-08 18:58 | 青森 | Comments(0)

f0138598_20042555.jpg


醸造元:有限会社関乃井酒造
URL:http://www.sekinoi.co.jp/
住所:青森県むつ市柳町1-5-15
電話:0175-22-3261
創業:明治24年(1872)

使用米:まっしぐら
精米歩合:60%
日本酒度:+4.5
酸度:1.2
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,134円(税込み)

青森県最北端、いや本州最北端に位置する酒蔵、関乃井酒造。

下北半島の北端、霊山「恐山」の麓に位置する人口約5万4000人が暮らす、むつ市の中心市街の少し外れに蔵を構えます。

創業は明治24年(1872)で、以来地元で愛され、下北半島以外にはほとんど出荷されていない、THE・地酒です。

酒銘であり屋号でもある『関乃井』は、心にかかる関情の関と井泉水(せいせんすい) 井戸の水に由来。

てっきり、蔵元である関家の井戸水の意味かと思いました。

『北勇』(きたいさみ)はまさに北端の地酒らしいネーミング。

最近は下北郡東通村産の酒米「駒の舞」と村に湧く約1億5千万年前のジュラ紀の地層からの湧水「ジュラ紀湧水」で造った『祈水』(きすい)シリーズが注目を集めています。

今回の北勇・純米酒に使われている酒米「まっしぐら」は始めて聞く品種ですが、秋田のあきたこまち系と山形のはなの舞系を掛け合わせて、平成18年に生まれた青森県の看板品種との事。


香りはほのかに牧歌的な乳酸香。

う〜ん、地酒っぽい印象。

飲み口はスッキリ、旨味はそこそこに透明感のある淡麗辛口です。

雑味が無く、あっさりとして後味もさわやか。

まあ、いわゆる軽快な喉ごしのさっぱり系の純米酒。

燗にすると、苦味、渋味、酸味の強いキリリとした辛口ながらも、マイルドでやさしいお酒に少し変身。

雑味もなく、べた付かず。

すっきりとして、ほっこりする感じの飲み心地。

あ〜、うまい。

燗はいいな〜。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


# by tztom | 2019-09-06 20:34 | 青森 | Comments(0)