人気ブログランキング |

カテゴリ:茨城( 36 )

醸造元:石岡酒造株式会社
URL:http://www.ishiokashuzo.co.jp/
住所:茨城県石岡市東大橋2972
電話:0299-26-3331
使用米:山田錦・五百万石
精米歩合:58%
日本酒度:+3.0
酸度:1.1
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

「府中」とは古代律令時代に国府が置かれた場所をいいます。遙か古代の石岡市は常陸国の国府が置かれ、関東一栄えた都市でした。中世から城下町となり、江戸時代になると六郷政乗が1万石を与えられて府中藩を立藩。その後は皆川氏・松平氏・幕府領と領主の変遷を経て、元禄13年に水戸徳川頼房の五男松平頼隆が幕府より府中2万石を与えられ10代続いて明治を向かえます。ちなみに明治に入って府中藩は石岡藩と改称します。石岡は城下町であると共に水戸街道の宿場町としても栄えます。
石岡には「府中六井」という酒造りに適した中軟質の良質な井戸があり、かつては市街地に、11もの酒造蔵がありました。現在、石岡市中心部に蔵を構えるのは2軒のみ。

町の中心部から少し離れた場所に工場を構える石岡酒造は、江戸の昔より続く蔵元が合同で昭和34年に設立した共同瓶詰め販売会社「石岡銘醸株式会社」がその前進です。やがて昭和47年に販売数量の増大に対応するため各蔵が合併して石岡酒造となりました。主力銘柄は『白鹿』ですが、『筑波』は特定名称酒用の新ブランドです。また特約店向けの限定ブランド『酔鶴』もあります。

吟醸酒なみに米を研いていて、香りはほのかに酸味があり、茨城酒らしい酸が強めなドライな淡麗辛口のお酒ですが、飲み口にやさしさがあり、しっかりとした旨みもあります。苦味と渋みが伴ったキレで終わりますが、後味は悪くありません。甘っ辛い濃い料理と合わせると杯がすすみます。
燗にすると、コク、旨み、まるくやさしい飲み口で、標準的なバランスの良い晩酌に適した飲みやすいお酒になります。しっかりとした辛さもあります。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_13535813.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-11-15 13:53 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:株式会社 西岡本店
URL:http://www.hananoi.jp/
住所:茨城県桜川市真壁町田6-1
電話:0296-55-1171
使用米:ひたち錦
精米歩合:55%
日本酒度:+4.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,200円(税込み)

筑波山の北麓に位置する(旧)真壁郡真壁町は伝統的な白壁商家の古い町並みが残る町。茨城県下最大の100以上もの登録有形文化財数を誇る町です。古くは真壁氏の城下町に始まり、江戸時代は浅野氏5万石、それ以降も真壁陣屋町として地域の政治経済の中心地として発展。幕末から明治にかけては「真岡木綿」の産地として定期市が開かれ、真壁・筑波郡一帯の縞木綿の集散地として賑わいました。江戸時代に酒造りと鋳物が盛んでしたが、2014年現在も二軒の酒蔵や鋳物工場が残ります。

真壁町の中心部から少し離れた町田地区には江戸時代から続く酒蔵や鋳物工場が残ります。西岡本店は江戸時代中期の天明二年(1782年)創業で、近江日野商人である初代西岡半右衛門がこの地で酒屋と質蔵の「近江屋」を創業したのが始まりです。酒銘『花の井』は蔵の近くに湧水の井戸があった事と、その側に大きな桜の木があった事に由来します。また今回飲んだお酒の『桜川』は、利根川水系の一級河川で真壁地区を流れ霞ヶ浦に注ぐ桜川に由来します。

特別純米酒ですが純米酒レベルに米を研いています。香りはひかえめですが野趣的な乳酸香。飲み口は角が無くてまるく飲みやすいですが、やはり茨城らしい辛口のお酒です。熟成された安定感と芳醇さがあります。

燗にすると、うまい。米の旨みが膨らみ、苦味、渋みも控えめのバランス。飲みやすくて杯と料理が進みますね。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_10301515.jpg




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-11-09 10:31 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:村井醸造株式会社
URL:なし
住所:茨城県桜川市真壁町真壁72
電話:0296-55-0005
使用米:ひたち錦
精米歩合:55%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,400円(税込み)

筑波山の北麓に位置する(旧)真壁郡真壁町は伝統的な白壁商家の古い町並みが残る町です。茨城最大で100以上の登録有形文化財数を誇る町です。古くは真壁氏の城下町に始まり、江戸時代は浅野氏5万石、それ以降も真壁陣屋町として地域の政治経済の中心地として発展。幕末から明治にかけては「真岡木綿」の産地として定期市が開かれ、真壁・筑波郡一帯の縞木綿の集散地として賑わいました。江戸時代に酒造りと鋳物が盛んでしたが、2014年現在も二軒の酒蔵や鋳物工場が残ります。

真壁町の中心部に建つ、江戸時代初期の延宝元年(1673)創業の村井醸造もまた、国の登録文化財に指定されています。村井家は江戸時代からこの地で醸造業を営んでいますが、そのルーツはやはり近江日野商人でした。近江日野商人の初代村井重助がこの地で醤油・味噌販売の出店を構えたのが、日野商人における関東出店の最も古い記録と言われ、それから現在に至るまで、頑固に米と水による「辛口」の味を追求し続けた蔵でもあります。酒銘である『公明』は、つつましく清廉潔白に生きたいという願いを込めた「公明正大」からの引用したものに、「米」(コメ)の語呂を掛けたものだとか。

茨城県産ひたち錦とひたち酵母を使って醸した「ピュア茨城」プロジェクト版特別純米酒で、一度火入れした生酒を低温貯蔵して、再度火入れしたもの。特別純米酒ですが純米酒レベルに米を研いています。

香りは素朴な乳酸香をほのかに感じますが、米の旨みからくる厚みが伴った、結構鋭角な印象の茨城酒らしい辛口のお酒です。米焼酎のようなインパクト。個人的にはもう少し旨みが欲しいところ。

燗にするとさっぱりと透明でみずみずしい飲み口。旨み、渋み、苦味のバランスが良く酒と料理が進みます。やや後味にざらつきが残りますが、燗にするとおいしいです。

お気に入り度:2・(燗)3

f0138598_100482.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-11-08 10:02 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:明利酒類株式会社
URL:http://www.meirishurui.com/
住所:茨城県水戸市元吉田町338
電話:029-247-6111
使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.2
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,340円(税込み)

水戸市の中心部南郊外に蔵を構える明利酒類は県下有数の大手蔵で、協会10号酵母の故郷としても知られています。明利酒類の前身は幕末の安政年間に創業した加藤酒造店ですが、昭和25年に茨城県及び栃木県の酒造家の資本参加を得て設立された、醸造用アルコール・清酒・焼酎・発酵調味料等を製造する総合酒類メーカーです。茨城県及び栃木県の酒蔵が使っている醸造アルコールはほぼこの明利酒類のものだとか。またその歴史的なつながりから、茨城県だけでなく栃木県内の自醸をやめた酒蔵の集約的醸造も行っています。酒銘の『副将軍』はご存じ水戸徳川家2代藩主、"水戸黄門2こと水戸光圀に由来。『別春』とは、、徳川光圀が「盃の中には別に春が置かれている」と、飲酒のことを別春会と呼んだことに由来します。
日本酒と梅酒の資料館「別春館」が工場の裏手にあり、ここで明利酒類のお酒を買うことができます。
営業時間はAM9:30~PM4:30 月曜休館

ほんのりチーズのような乳酸香がありましたが、やや濃醇でありながらシャープな甘さ、スッキリ爽快な飲み口。雑味の無い透明感。さすが茨城最大手の安定感。春を感じさせるようなフルーティーさと、苦味のキレ。ややアルコール感を強く感じますが、飲みやすいお酒です。うまいですね。

お気に入り度:3

f0138598_20442234.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-11-03 20:50 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:磯蔵酒造有限会社
URL:http://www.isokura.jp/index.html
住所:茨城県笠間市稲田2281-1
電話:0296-74-2002
使用米:日本晴
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

笠間市中心部の西に接する稲田地区は古くから稲作が盛んで、地名は「クシナダヒメ」を祀る稲田神社に由来します。一方でこの稲田地区は日本最大の稲田御影石の産地でもあり、現在のJR水戸線・稲田駅は稲田御影石の積み出し駅として開設されました。この稲田駅のすぐ裏手に大きな敷地と蔵を有する稲蔵酒造があります。明治元年(1872)の創業。蔵元の磯家は、「石」の産地である事から「磯」と名乗り長年農業を営んでいましたが、その良質の水と米に着目した初代「磯 良右衛門」が江戸末期より酒造りを始め、ようやく明治に入って「磯酒造店」を開業しました。広大な敷地内の数々の酒蔵、米蔵に因んで屋号「磯蔵」と名乗り、酒銘は”稲の里”から『稲里』としました。

香りは控えめ、酸が強く苦味、渋みも競い合うように主張し合います。フルーティーな旨みもあって、木の香のような風味も感じ、茨城酒らしいドライな辛口でもあり。
燗にしても酒質はあまりかわらず、透明でいてシャープな飲み応え。食中酒として料理を邪魔しない感じのお酒ですが、もう少し旨みがあったほうが好みですね。

お気に入り度:3

f0138598_20254135.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-10-27 20:25 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:根本酒造株式会社
URL:http://www.kujinoyama.com/
住所:茨城県常陸大宮市山方630
電話:0295-57-2211
使用米:ひたち錦
精米歩合:55%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,250円(税込み)

常陸大宮市の中心部から久慈川に沿って少し北上すると、かつて南郷街道の宿場町として栄えた山方宿という町があります。古い町並みは残されていませんが、昭和初期の面影を残しています。
この山方宿に蔵を構える根本酒造の根本家は、古くは常陸国を支配した54万石の大大名佐竹氏の家老職で、関ヶ原の戦い後に佐竹氏が遠い秋田へと転封させられる際に、この地にとどまり帰農化して以後は代々この地域を治める大庄屋となった旧家です。家老職時代から味噌や醤油の醸造を手がける御用商人でもあった土佐守根本義昭は、関ヶ原の戦い後わずか3年の慶長8年(1603)に酒造業へも進出しました。
当時から今に至る根本家の屋号は『上丸』(かみまる)と言うそうで、根本酒造の主力銘柄は長年『久慈の山』でしたが、近年は都市部に打って出るための現代的な酒の新ブランド『上丸』(かみまる)を発売しました。
まだ現在は試験的な醸造で、地域特約店限定の流通です。

香りは控えめですが、口に含むと米のパワーを感じる濃醇な旨み、そして適度な苦みと酸味の後にスッキリとした爽快なキレ。やや後味に渋みと苦みが残りますが、根本酒造が新しくチャレンジした都会的な嗜好のお酒だけあって、今風のお酒に仕上がっています。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_1122282.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-10-25 11:23 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:酔富酒造株式会社
URL:http://www.suifu.co.jp/index.htm
住所:茨城県常陸大宮市中富町965-2
電話:0295-52-0010
使用米:美山錦・五百万石
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,321円(税込み)

常陸大宮市の中心部でこの市の前身である(旧)那珂郡大宮町は那珂川と久慈川に挟まれた立地から両水運の中継拠点として栄え、また南郷街道の宿場町としても発展しました。地名の由来は甲神社(かぶとじんじゃ)に由来します。市の玄関口でもあるJR水郡線常陸大宮駅前に広い敷地の酒蔵を構えるのが酔富銘醸で、創業は大正6年ですが、戦時中の企業統合令によって規模を大きくし、最盛期には9,000石、東京横浜方面まで販路があったそうです。しかし現在は500石から1,000石ほど生産するの中堅規模の蔵に。敷地内にあるかつての酒蔵も3年前の東日本大震災の影響を受け半壊。今は余剰な設備という事もあって酒造りには影響が無いそうですが…。

少量生産、低温長期醗酵で仕込んだ純米酒だそうです。酒銘の『垂涎乃的』 (スイエンノマト)とは何としてでも手に入れたいと思うほどの貴重なものを指す意味で、本来は垂涎の的(すいぜんのまと)と読みます。

特別純米酒ですが、純米吟醸酒レベルです。香りはほとんど感じませんが、若干ながら少々酸が強くシャキッとしたキレがあり、しかも米の旨みを消し去らない余韻も良いです。端麗辛口ながら芯のあるうまみもしっかりっとある、スッキリ透明な都会的な嗜好の面もあるバランスの取れたお酒です。
燗にすると、正直「うめ〜」重厚な米の旨みに続いて、ほどよい控えめな酸味と苦みの絶妙なバランス。すっきりとした後味とキレ。このお酒は常温かぬる燗が良いですね。うまい。

お気に入り度:4

f0138598_22305772.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-10-21 22:31 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:来福酒造株式会社
URL:http://www.raifuku.co.jp/
住所:茨城県筑西市村田1626
電話:0296-52-2448
使用米:吟風
精米歩合:60%
日本酒度:+4.0
酸度:1.7
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,350円(税込み)

『来福』を醸す来福酒造は、(旧)真壁郡明野町の最北端、小貝川の河岸段丘上に細長く形成された村田集落にある小さな酒蔵ですが、ここ最近注目を集め始めてい蔵でもあります。小さなタンクで多種多様な酒米、花酵母の組み合わせて、いくつものブランドと幅広いラインナップの酒を造る新鋭気質の蔵。蔵元はターゲットを県外に定めています。
この蔵の初代も近江日野出身の商人で、江戸幕府にお酒を治めるべく醸造地を探し歩き、この筑波山麓の地を見つけて、江戸時代中期の享保元年(1716)にこの蔵を創業。来福酒造の最初の屋号もまた「近江屋」でした。酒銘の『来福』は創業当時からの銘で、「福や来む 笑う上戸の 門の松」の詩に由来するものだそうです。

ほんのりと牧歌的な乳酸香。結構ライトで酸が強いドライな印象の端麗辛口のお酒。苦味、渋み、辛味が交互に舌の上を刺激しながら引いていくキレ。後味の余韻に透明な辛さだけでない、奥行きのある米の旨みも感じます。「ひやおろし」なのにチョイ悪な感じのお酒で、料理と合うのかな〜、チーズやサラミなどをつまみながら、単体で楽しむのに向いている感じのお酒です。

燗にすると….どうした事でしょう〜!!甘酒のような麹の香りが立ち上がり、やさしい飲み口と旨みが、苦味、渋み、辛味が交互に勢力を主張し合うチョイ悪な印象を包み込み、勢力が逆転します。冷やと違って燗にするといろんな料理に合いますね。このお酒は燗でしょう。もしくは常温?いや〜うまい!

お気に入り度:(冷)3(燗)4

f0138598_23618100.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-10-20 23:05 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:合資会社浦里酒造店
URL:http://www.kiritsukuba.co.jp/
住所:茨城県つくば市吉沼982
電話:029-865-0032
使用米:五百万石
精米歩合:55%
日本酒度:+3.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,440円(税込み)

筑波山の南西麓郊外、小貝川の左岸に広がる田園地帯に、明治期にあった(旧)筑波郡吉沼村の中心地である吉沼地区があります。
浦里酒造店の創業は明治10年(1877)ですが、現在の結城市で江戸時代が始まる以前から酒造りを行っていた結城酒造の蔵元・浦里家の分家にあたります。独立当初の酒銘は『福笑』でしたが、地元つくばで愛される新ブランドとして『霧筑波』に変更。この酒銘は、純米酒のラベルにも使われている芸術院会員の洋画家 服部正一郎氏(故人)の作品『霧筑波』に由来します。地元流通、地域限定少量生産の小さな酒蔵です。

香りは控えめ、口に含むと華やかな香り高さ、その後強い酸で後半のキレへとつながる端麗辛口のお酒です。
燗にすると、どうしたことでしょう!!丸みがあって厚みのある飲みやすい、いや!杯が進む風合いに大変化。
酸味は控えめに、旨み、渋み、苦みのバランスが良い、自然で後引くうまさ。これは常温から燗酒が良いですね。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_8324626.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-10-15 08:33 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:酒造株式会社
URL:http://www.yuki-sake.com/
住所:茨城県結城市結城1589
電話:0296-33-3371
使用米:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度以上18度未満
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

結城市は鎌倉時代に結城氏の城下町として発展し、江戸時代には結城紬で栄えた町です。今も町の中心部付近には、明治初期から大正期にかけて建てられた重厚な商家の古い町並みが残されています。
茨城や栃木など北関東の酒蔵は近江出身の商人が始めた蔵が多いのですが、この結城酒造もまた、関ヶ原の戦いが行われる6年前の文禄3年(1594)に近江出身の商人によって創業されました。当時の屋号は「近江屋」で、結城藩の御用商人を務めています。
現在の蔵は幕末の安政年間に建てられたもので、明治期築である高さ10mの煉瓦煙突と共に重要文化財に指定されています。代表銘柄は『富久福(ふくふく)』ですが、最近は徐々に『結(ゆい)』というブランドにシフトを始めているとか。結城市にはこの結城酒造の近くに首都圏でも知られる酒蔵『武勇』がありますが、こちらの結城酒造も近年新ブランド『結』でその知名度を高め始めています。

一度火入れ。生詰め酒でしょうか? メロンのようなフルーティーな香り。無濾過らしい米の旨みが詰まったフルーティーでフレッシュ、フルボディな飲み口。五百万石らしいさっぱり感とキレのバランスも良いですね。
ほどよい苦み、渋み、酸味の落ち着いた余韻を楽しめるお酒です。うまいです。

お気に入り度:4

f0138598_21383676.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-10-13 21:39 | 茨城 | Comments(0)