カテゴリ:千葉( 33 )

醸造元:東灘酒造株式会社
URL:http://azumanada.jp/
住所:千葉県勝浦市串浜1033
電話:0470-73-5221
精米歩合:60%(総の舞)
日本酒度:+2.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:14~15度
購入価格:720ml:1,050円(税込み)

古くから漁師町として栄えた南房総の勝浦は、今も県下二位の漁獲量を誇る港町。東灘(あずまなだ)酒造は外房線が蔵の門の前を走る、勝浦湾を望む小高い山の麓にあります。創業は慶応三年(1867)で、蔵へのアクセスは本当に狭い路地を入っていきますが、敷地内は広く、旧家の佇まいが残ります。全量手造りの蔵で、最近は生酒系に力をいれています。今回は旅の途中だったので火入れした酒を購入。

香りは控えめですが、ほのかに上品な香りを感じます。旨口。やや酸が強いキリリとした辛口ですが、飲み口は丸く旨みを感じます。燗にすると味に厚みが増してうまいです。

お気に入り度:3

f0138598_835419.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-11-04 08:35 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:守屋酒造株式会社
URL:http://moriya.moo.jp/
住所:千葉県山武市蓮沼ハ2929
電話:0475-86-2016
精米歩合:65%(-)
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:815円(税込み)

太平洋を望む広大な九十九里平野に位置する旧松尾町を南北に走る蓮沼街道沿いに建ち、海岸線に最も近い酒蔵でもある守屋酒造。創業は明治26年(1893)で、部杜氏が醸す清酒の他、焼酎やリキュールも醸す蔵です。
広い店舗は観光バスで訪れる観光客にも対応。オリジナルラベル酒の製造など、おおよそ小さな蔵とは思えない積極的な営業活動を行っています。今回購入した本醸造酒は、ふつうのラベルもありましたが、あえてオリジナルのキャラクターラベルをチョイス。

米の香りが凝縮されたような、これはまさに流行の”無濾過原酒系吟醸酒”のような芳醇な香りと華やかな飲み口。厚みのある旨味とそのあとにタイミング良く来る酸味とキレ。うまいです。ラベルからは予想だにしなかった想定外のうまさ。
燗にすると...こりゃ〜うまい!!これは燗にするとより一層バランスの良い飲み口になります。やばいくらいに杯が止まりませんよこれ。うまいな〜。しかも安い!!

お気に入り度:5

f0138598_2263494.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-29 22:14 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:株式会社宮崎本家
URL:http://www.miyazaki-honke.com/
住所:千葉県匝瑳市野手1699
電話:0479-67-2005
精米歩合:60%(-)
日本酒度:+1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:14~15度
購入価格:720ml:1,050円(税込み)

太平洋を臨む広大な九十九里平野の田園地帯に構える宮崎本家は幕末の慶応年間(1865~1868)〜明治元年ごろに創業。広大な敷地をもった農村型の酒蔵で、清酒だけでなく焼酎も醸しています。酒銘は”無二の親友”という意味の「不二の友」に霊峰「富士」の字をあてたもの。

色はうすいコハク色。芳ばしい熟成香が立ち上がり、飲み口も紹興酒のような芳醇で熟成された味。酸は少なくやや苦見と渋味が最後のキレをつないで、意外に上品。辛口の白ワインを飲んでいる爽やかさを感じます。

お気に入り度:3

f0138598_17325342.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-27 17:32 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:梅一輪酒造株式会社
URL:http://www.umeichirin.com/
住所:千葉県山武市松ヶ谷イ2902
電話:0475-84-2221
精米歩合:50%(九十九里産ふさこがね)
日本酒度:+6.0
酸度:1.2
アミノ酸度:0.7
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:819円(税込み)

蔵元の「梅一輪酒造」は九十九里を代表する中堅蔵の一つで、昭和60年(1985)に「中田商店」と「若林酒造店」が合併し設立。「梅一輪」という酒銘は、松尾芭蕉の弟子・服部嵐雪の「梅一輪、一輪ほどの暖かさ」にちなんだもの。この蔵のお酒を飲んだのは、数年前に外房線のキヨスクで買ったカップ酒でした。これがまた旨かった。

で、このお酒も非常にバランスの良いお酒です。ひやおろしという事で熟れている面もありますが、やや渋味と酸味がありつつも、旨みがそれを覆って大手蔵のようなちょっと都会的でやさしいストレートな飲み口。続くおだやかなキレですが、後味に若干の渋味が残りますね。

お気に入り度:3

f0138598_2115423.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-25 21:01 | 千葉 | Comments(1)

醸造元:合資会社 寒菊銘醸
URL:http://www.kankiku.com/
住所:千葉県山武市松尾町武野里 11
電話:0479-86-3050
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:999円(税込み)

九十九里海岸を臨む田園地帯の中にひっそりと構える寒菊酒造の創業は明治16年(1883)。日本酒だけでなく焼酎や地ビール「九十九里オーシャンビール」なども醸し、敷地内では同蔵の酒が楽しめるレストランも併設しています。日本酒はモンドセレクションで三年連続金賞受賞。酒名は初代当主が小花ながら香り高く咲く寒菊になぞらえ「小粒ながら一徹さを持ち末長く良酒を造る」という思いを込めて命名。しかし「寒梅」ブームに対抗したのではないかと勝手に邪推。

当たり障りのない、ふつうに美味しいお酒です。冷やしすぎると苦味と渋味が強調されますが、燗にすると、そりゃもう雑味が無い中に旨みが広がり、そしてキレもいい、晩酌にはもってこいのお酒です。飲み過ぎに注意。地酒らしい野趣味はないものの、非常に完成度の高いお酒でした。ある意味、残念ながら旨い。うまいお酒です。

お気に入り度:3

f0138598_18512580.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-23 18:51 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:石上酒造株式会社
URL:http://www.isbc.co.jp/
住所:千葉県銚子市田中町7-1
電話:0479-22-0655
精米歩合:65%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,000円(税込み)

全国屈指の漁獲量を誇る漁港の町・銚子市は古くから醤油醸造の町でもありましたが、入り口が狭く、中に入るとより広い地形から酒器の銚子が地名の由来でした。その銚子市に残る3軒の酒蔵のうちの1軒がこの石上酒造で、蔵は中心部の東郊外の商店街にあり、関東最東端の蔵を売りにしています。創業は江戸時代末期の弘化元年(1844)。関東大震災や太平洋戦争時の大空襲などの危機に耐えてきた明治蔵、大正蔵など大谷石造りの石蔵や土蔵が現役で残されています。

ほんのりと上品な米の旨みを感じる香りに期待。そしてその期待を裏切らないやさしく、しっかりとした旨みの芯をもった飲み口。
燗にすると、やや線が細くなるも、口の中でやさしく包み込むような旨みとおしとやかなキレは後味が上品でちょっと都会的な洒落っ気をもった旨さ。うまいです。いや〜うまい。

お気に入り度:4

f0138598_22292118.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-22 22:29 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:小林酒造場
URL:なし
住所:千葉県銚子市松岸町2-78
電話:0479-22-0543
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18~19度
購入価格:720ml:900円(税込み)

全国屈指の漁獲量を誇る漁港の町・銚子市は古くから醤油醸造の町でもありましたが、入り口が狭く、中に入るとより広い地形から酒器の銚子が地名の由来でした。その銚子市に残る3軒の酒蔵のうちの1軒がこの小林酒造場で、町の西側、利根川に沿った旧街道筋に蔵は建ちます。蔵の創業は明治7年(1874)で、酒銘の「祥兆」は幸運の兆しを意味して銚子の「銚」と「兆」をかけたもの。 酒蔵のある千葉県銚子地域は太平洋の黒潮の影響を受けた温暖な気候であるため、酒造りは気温が低くなる2月ごろから仕込み、3月下旬に販売しています。

香りは低く、ほのかに乳酸の香り。アルコール度数の高い原酒ですが、飲み口はやさしくソフトな甘口で、原酒特有のロックでないと厳しいような強さはなく、ストレートで自然に飲める原酒です。原酒なのでぐいぐい飲むと酔いは早いですが、とにかく旨いです。おどろき。

お気に入り度:4

f0138598_750032.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-19 07:50 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:株式会社 飯田本家
URL:なし
住所:千葉県香取市小見川178
電話:0478-82-2037
精米歩合:55%(-)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

小江戸「佐原」と銚子の中間にある旧・小見川町は、利根川水運の中継港にして、街道が交差する要衝に発展した宿場町。そして小見川藩1万石の陣屋町として栄えた町でした。
江戸時代から酒や醤油の醸造が盛んだったこの町で、飯田本家が酒造りを始めたのは明治10年(1877)。現在は町で唯一の酒蔵です。酒銘の「大姫」とは、地元の大宮神社と姫宮神社から頭文字を取ったもの。て命名。杜氏を置かずに蔵元と社員で酒造りをしている小さな酒蔵です。

香りは控えめ、辛口をうたっていますが、米の旨みが十分に感じられる深みを持っています。雑味のない透明感とキレがあり、ちょっと都会的な洗練された印象のお酒です。かなり意外でした。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_7244451.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-18 07:24 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:株式会社 滝沢本店
URL:http://www.nctv.co.jp/~takizawa/
住所:千葉県成田市上町513
電話:0476-22-0017
精米歩合:55%(山田錦・日本晴)
日本酒度:+5.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,160円(税込み)

千葉県最大、関東でも明治神宮に次ぐ初詣客数を誇る成田山新勝寺。古くからの信仰を集める古刹ですが、門前町が本格的に形成されるのは江戸時代に入ってから。成田駅から新勝寺に至る参道筋の上町に蔵を構える滝沢本店の創業は明治5年(1872)。仕込みに使用している井戸水が名水の評判を得、この井戸水のおかげで病気が治ったなどの話が各地から寄せられたことにより、長生きの水の意を込めて命名された「長命泉」のブランド。
以前は戦時色の強かった成田山新勝寺に合わせて「富国一」という酒銘でした。

香りはひかえめ。ややシャープな印象ですが、やさしい米の旨みもバランス良く感じて、都会的な飲みやすいお酒でした。地酒らしさは無い、ふつうに洗練されたうまい酒。でした。

お気に入り度:3

f0138598_19435034.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-16 19:43 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:株式会社 旭鶴
URL:http://www.asahiduru.jp/
住所:千葉県佐倉市馬渡918
電話:043-498-0002
精米歩合:60%(-)
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:16~17度
購入価格:720ml:976円(税込み)

佐倉市の郊外、四街道市と接する馬渡地区を抜ける佐倉街道の旧道筋に重厚な旧家の佇まいで蔵を構える旭鶴は天保元年(1830)創業の小さな蔵です。この蔵はほぼ全ての清酒を60%以上に磨いているこだわりで、地元密着ながらも精力的な商品展開を行っています。

最初に感じる香りは少々アルコール臭を強く感じますが、それに続く芳醇な乳酸の香りと吟醸香の様なほんのりバナナのような香りが重なっていきます。飲み口はやさしく、そして丸く、一瞬口に広がる旨みの後には、すべてをリセットするかのようなキレ。ただしキレ味に鋭さはなく、滑らかで透明な力で引いていきます。ガッチリ両脇を固められたしっかりとした旨さを奥に秘めたお酒。蔵が奨める飲み方は冷やよりも常温。どの飲み方でもうまい。うまい酒でこの価格です。

お気に入り度:4

f0138598_22121733.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-10-10 22:12 | 千葉 | Comments(0)