人気ブログランキング |

カテゴリ:京都( 38 )

豊祝 純米吟醸 五百万石[豊澤本店]_f0138598_00032191.jpg


醸造元:株式会社豊澤本店
URL:なし
住所:京都市京都市伏見区南寝小屋町59
電話:075-601-5341
創業:明治24年(1891)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+4.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,760円(税込み)

豊澤本店は「伏見銘酒協同組合」に参画する集約醸造蔵の一つ。

伏見の西側、第二京阪道路を越えた工業団地の一角に蔵を構える豊澤本店。

集約醸造によって製造設備と販売を分離しているので、酒蔵の姿は無く、ビル型の住宅兼本社の建物。

この豊澤本店の創業者、豊澤儀助は九州の出身で、大阪の天王寺に出て来て酒の小売業を営んだのが始まり。

やがて、自社製造をめざし、明治初年に酒造業に進出。

当初は奈良と岡山で酒造りを行っていたということから、それなりの資本力・販売力があったのでしょう。

昭和28年により良い製造環境を求めて伏見に蔵を移転しました。

平成元年(1989)に、伏見の酒蔵5社と協同で、近代設備を有する伏見銘酒協同組合を設立。

(平和酒造(合)、鶴正酒造(株)、(株)山本本家、向島酒造(株)、(株)豊澤本店。)

現在もPRブランドなど生産量は多く、年間販売量は約1000石です。

主力銘柄の『豊祝』の名は、「いね美のり 國も豊よ 祝ひ酒」という創業者儀助の句に由来します。



香りは控えめ。

ほのかに酸味を感じる乳酸香。

一瞬、線の細い水っぽさを感じながら、ふくよかな甘みが包みます。

やさしい。

そしてうまい。


燗にすると、パワーというかこのお酒もつ潜在能力が本領発揮。

ふくよかで、しっかりとした旨味も。

まさに晩酌向けの熱燗て感じ。

純米吟醸ですが、燗が冴えます。

うまい!

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2019-12-26 00:05 | 京都 | Comments(0)

慶長小判 純米吟醸[平和酒造]_f0138598_14570500.jpg


醸造元:平和酒造合資会社
URL:なし
住所:京都市伏見区東組町698
電話:075-601-0012
創業:延享元年(1744)

使用米:-
精米歩合:-
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,650円(税込み)

伏見区役所の裏手に蔵を構える平和酒造は「伏見銘酒協同組合」に参画する集約醸造蔵の一つ。

現在の酒蔵はマンションに建て替え、その1、2階部分に蔵を残しています。

もっとも集約醸造によって製造設備と販売を分離しているので平和酒造の本社機能だけとなります。

平和酒造の前身は「河内屋」といい、大阪の河内出身の商人で京橋で米問屋を営んでいました。

延享元年(1744)から京都の伏見で酒造りと販売を始めました。

明治の初頭にはこの「河内屋」が伏見でトップクラスの酒造数量を誇ることになります。

昭和23年に平和酒造合資会社を設立。

しかし時代の流れとともに、やがて他社への桶売りが専業となり、永く自社ブランドを休止していました。

そして平成元年(1989)に、同じく伏見の老舗酒蔵5社と協同で、近代設備を有する伏見銘酒協同組合を設立して参画。この時から自社ブランド『慶長』が復活しました。

ちなみに組合5蔵は以下の通り。
平和酒造(合)、鶴正酒造(株)、(株)山本本家、向島酒造(株)、(株)豊澤本店。

集約醸造ですが、同じタンクでラベルだけ違う訳ではなく、各蔵それぞれ別のタンクで使用する米から全て別々に醸造を行っています。



香りは控えめ。

ほのかに酸味を感じる乳酸香。

ほのかに旨味を感じ、酸は控えめ。

飲み口から線が細く、なんとなく水っぽい印象。

なんとなく淡麗辛口を主張。

う〜ん。

結構いい値段はするのだが…。


燗にしてみる。

すると、思った通り。

これがけっこう行けます。

厚みも増して、のみやすい。

ふくよかで、杯が進む。

冷やで感じた線の細さは、すっきりとした後味のキレに継承されてはいます。

純米吟醸ですが、燗が冴えます。
うまい。


お気に入り度:冷2/燗3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2019-12-24 14:57 | 京都 | Comments(0)

鶴正宗 純米大吟醸 古都の雫[鶴正酒造]_f0138598_22313615.jpg

醸造元:鶴正酒造株式会社
URL:なし
住所:京都府京都市伏見区東堺町474
電話:075-611-0221
創業:明治24年(1891)

使用米:-
精米歩合:49%
日本酒度:+2.0
酸度:-1.2
アミノ酸度:1.0
アルコール度:14.5度
購入価格:720ml:1,120円(税込み)

伏見エリアの北側。薩摩藩邸跡近くに蔵を構える鶴正酒造は「伏見銘酒協同組合」に参画する集約醸造蔵の一つ。

鶴正酒造の前身は明治24年(1891)に創業した谷酒造本店ですが、昭和44年(1969)に鶴正酒造(株)として酒造権と商標権を継承し、翌年に日本酒類販売株式会社全額出資の会社として発足しました。

さらに平成元年(1989)に、同じく伏見の老舗酒蔵5社と協同で、三季醸造可能な近代設備を有する伏見銘酒協同組合を設立して参画しています。

5社は以下の通り。鶴正酒造(株)・(株)山本本家・向島酒造(株)・(株)豊澤本店・平和酒造(合)。

集約醸造ですが、同じタンクでラベルだけ違う訳ではなく、各蔵それぞれ別のタンクで使用する米から全て別々に醸造を行っています。

国内第2位の酒販流通グループが親会社だけあり、大吟醸酒で非常にコスパの高いお酒です。


香りは控えめ。

ほのかに酸味を感じる乳酸香。

ハイスペックな分、線が細い印象も。

しかし、栓をあけて数日置くと、これが不思議だ。

日本酒マジック。

スッキリとした上品なフルーティーさ。

やさしい飲み口。

吟醸酒って感じ。

そして、燗にすると、ますます良い。

よりこのお酒のうまさを引き出すなら、冷酒よりも常温かぬる燗がオススメ。

最初の印象のお気に入り度は2でしたが...

うまいですよ。これ。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-12-22 22:32 | 京都 | Comments(0)


この花桜 本醸造原酒[関酒造]_f0138598_16311770.jpg

醸造元:関酒造有限会社
URL:なし
住所:京都府亀岡市紺屋町26
電話:0771-22-0056
創業:明治2年(1869)

使用米:-
精米歩合:69.8%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度
購入価格:720ml:1,540円(税込み)

京都市の北東に接する亀岡市は古くからの宿場町・城下町として栄えた京都府第3の都市。

かつては旧丹波国の最南端に位置する都市で、古くは「亀山」と呼ばれた山陰道の要衝で江戸時代からは形原松平家5万石の城下町として発展しました。

丹波亀山は明治2年の版籍奉還で伊勢の亀山との混乱を避けるために「亀岡」と改められ今にいたります。

城下町の街割りや面影が今も残る亀岡市の中心部、紺屋町に蔵を構える関酒造は明治2年(1869)の創業。

この花桜 本醸造原酒[関酒造]_f0138598_16310704.jpg


屋号は「井づ源」で、元々は豪農で大地主だった関家が江戸末期ごろから副業で酒造りを始めました。

よって、関酒造は現在でも不動産事業が主だったりして、酒造りは銘柄を絞って細々と行っています。

今も残る伝統的な佇まいの商家建築は江戸時代末期のものとか。

主力銘柄は『この花桜』

このお酒の精米歩合は69.8%と微妙な数値。

7割を切りたいのでしょうか、共同精米施設で精米しているような歩合数ですね。

さて、

色は薄いコハク色です。

香りは控えめながらも、ほのかに芳ばしい乳酸香。

飲み口はとにかく、辛い。

辛い。ガツンとした辛さ。

甘さは控えめで、ウイスキーのように芳ばしく、刺激がある辛さ。

でも、味わえば味わうほど、味わい深いお酒です。

うまい。

燗にすると、意外にスッキリライトな感覚。

でも、ガツンと辛い。

ふくよかな透明感。

旨味は控えめ。

スッキリとしたキレ。

味わい深いお酒ですね。

うまい。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-11-24 17:01 | 京都 | Comments(0)

美山 てんごり 生もと本醸造[大石酒造]_f0138598_22391822.jpg


醸造元:大石酒造株式会社
URL:https://www.okinazuru.co.jp/
住所:京都府亀岡市薭田野町佐伯垣内亦13
電話:0771-22-0632
創業:元禄年間(1688-1704)

使用米:五百万石
精米歩合:70%
日本酒度:-1.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,298円(税込み)


亀山市の西郊外へ約4km、田園地帯が広がる稗田野町一画に大石酒造はあります。

国道372号線と併走する旧道が旧篠山街道。

平安期にはこの篠山街道が山陰道だった時期もあります。

この歴史ある旧道沿いに蔵を構える大石酒造は江戸時代中期の元禄年間の創業。

初代大石太郎兵衛が本家の庄屋より分家して「太郎兵衛酒屋」を起こしたのが始まりです。

明治5年に「酒喜屋」に改称。
さらに大正から昭和の時代にかけて「東酒屋」に改称し、戦後になって今に続く大石酒造と名を変えます。

昭和30年ごろに生まれた銘柄『翁鶴』は近畿一円を始め、東京、九州、名古屋方面にまで販路を拡大していきます。

現在は石数を抑えながら、伝統的な生配仕込み、寒仕込の酒造りを行い、一方で直営店や居酒屋などアンテナショップなどを展開。

東京の新橋新橋駅前ビルにも京の酒蔵『翁鶴』があります。

蔵でも資料館と食事処を併設した「酒の館」を運営しています。

美山 てんごり 生もと本醸造[大石酒造]_f0138598_22390714.jpg


今回のお酒「てんごり」は京都を代表する茅葺きの里「美山」をラベルに使った、一見観光酒にも見えますが、平成26年に大石酒造がより良い酒造りの環境を求めて新設した「美山蔵」で醸したお酒です。

酒銘の「てんごり」とは茅葺き屋根の葺き替えを皆で協力しあって行う美山の方言の事です。

大石酒造「美山蔵」美山路酒の館
住所:京都府南丹市美山町南新高瀬13
電話:0771-77-0007
営業時間:9:00~17:00


香りは控えめですが、
飲み口には群れた湿度のなる干し草のような牧歌的な香りを感じます。

ああ、昔の地酒っぽい。

生もと特有の乳酸香かな。

飲み口は芳醇な甘口の、干し草のような乳酸香がやっぱり口に広がります。
キンキンに冷やすとそれほどでもありませんが。

パンチのある辛さ。

辛いけど芳醇旨口。

辛いけど、うまい。

燗にすると、香りは控えめながら、甘酒のようなコクのある香りと甘み。

奥行きと深みのある余韻。

ほのかな酸味が生もとぽッい。

ああ、美山に来たらこの酒かも。

うまいです。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-11-19 23:06 | 京都 | Comments(0)

花清水 山田錦 純米吟醸[山本本家/花清水]_f0138598_21383712.jpg

醸造元:株式会社山本本家/花清水株式会社
URL:http://www.yamamotohonke.jp/
住所:(株式会社山本本家)京都市伏見区上油掛町36-1
 (花清水株式会社)京都府伏見区島津町26
電話:075-611-0211
創業:延宝5年(1677)

使用米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0〜5.0
酸度:1.2〜1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,325円(税込み)

花清水は昭和16年(1941)に創業したまだ若い伏見の酒蔵です。
販売は「神聖」を醸す山本本家で、この山本本家は延宝5年(1677)創業の老舗でです。

しかし、この山本本家もまた、この日本酒不況の中で平成元年に山本本家・鶴正酒造・向島酒造・豊澤本店・平和酒造の5社で「伏見銘酒協同組合」を設立して集約醸造。

そして使わなくなった酒蔵を改造して開店した「鳥せい本店」を皮切りに同店をフランチャイズ展開しています。

日本酒度・酸度の数値に幅があるのはどの段階での計測でしょうか...?

さて、そんな「花清水」純米吟醸ですが、ほんのり山田錦らしい華やかな骨のあるクリーミーな吟醸香。

乳酸香かな?で、スッキリしていながらも華やかな旨みがあり、フレッシュ。後味にやや渋味と苦味でまとめるキレ。

清冽な飲み口な優等生的な淡麗辛口酒です。

とりあえず燗にしてみると、これは透明感のある旨さ、美味さ。

これは驚きです。

純米吟醸酒ですが燗にしたほうが(好みですが)抜群に旨いですよ。

お気に入り度:3

↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2013-01-18 21:38 | 京都 | Comments(0)

都鶴 純米吟醸 [都鶴酒造]_f0138598_21195049.jpg


醸造元:都鶴酒造株式会社
URL:http://www.miyakotsuru.co.jp/
住所:京都府京都市伏見区下鳥羽西芹川町14
電話: 075-601-4243
創業:昭和45年(1970)

使用米:祝(京都産)
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:2.2
アミノ酸度:-
アルコール度:15.5度
購入価格:720ml:1,575円(税込み)

都鶴酒造の創業は昭和45年(1970)と新しいですが、「都鶴」のブランドの歴史は意外に古く、天保11年(1840)にはその商標はあったそうです。

それから現在までに幾人かの銘醸家に引き継がれて、そして現在の都鶴酒造がそれを引き継ぎました。

今回の純米吟醸。

都鶴酒造のHPでは日本酒度+1、酸度1.8となっていますが、今年のお酒はややスペックが違うようです。

瓶詰めで熟成させたお酒とか。

香りは低いですが、薄いコハク色です。

雑味がなく、熟成させた安定感は熟成の成果。

ほんのり酸味があって、果実のような甘みに続くクリアーなキレ。

甘みのある淡麗辛口なお酒です。

うまい。

お気に入り度:3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!



タグ:
by tztom | 2013-01-17 21:21 | 京都 | Comments(0)

醸造元:キンシ正宗株式会社
URL:http://www.kinshimasamune.com/
住所:京都府京都市伏見区新町11-337-1
電話:075-611-5201
精米歩合:55%(五百万石)
日本酒度:+1.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:14〜15度
購入価格:720ml:1,260円(税込み)

キンシ正宗は伏見の酒蔵ですが、観光ガイドブックなどでは中京区にある堀野記念館が紹介されその名が知られています。若狭出身の初代松屋久兵衛が江戸時代中期の天明元年(1781)にこの地で酒造りを始めました。明治13年(1880)に名水を求めて現在の伏見に移転しました。酒銘のキンシ正宗とは大日本帝国陸軍・海軍の軍人軍属に授与される勲章「金鵄勲章」に由来します。

吟醸純米酒とうたっていますが、精米歩合が吟醸レベルの純米酒という事でしょう、メーカーのHPでも純米酒に分類されています。特別純米酒のさらに上のランクという事で良くこのネーミングが使われています。さて。
香りは控えめながら、ほのかにクリーミーな乳酸香を感じます。カドが無い丸く透明な飲み口で、途中から辛口の切れで締めまとめます。京都の酒らしい上品で飲み飽きしない都会的なお酒でした。うまかったです。

さて、燗にしてみました...念のため。うっ旨い!!透明な甘さが口いっぱいに広がります。透明でベタつきの無い甘さ、旨さ、美味さ。これは美味しいです。

お気に入り度:4

平安のしらべ 吟醸純米酒 [キンシ正宗]_f0138598_21265475.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
タグ:
by tztom | 2013-01-16 21:28 | 京都 | Comments(0)

醸造元:羽田酒造有限会社
URL:http://www.hanedashuzo.co.jp/
住所:京都市右京区京北周山町小字下台20
電話:0771-52-0080
精米歩合:65%(-)
日本酒度:+4.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:1,800ml:2,140円(税込み)

主力の銘柄「初日の出」を醸す羽田酒造は、京都市の郊外、北西端に位置する京北周山町の町に構える酒蔵で創業は明治26年(1893)。この山間の小さな町は、2005年に京都府に編入された旧北桑田郡京北町です。古くより京の木材供給地であると共に、古来より若狭と京を結ぶ鯖街道の一つ周山街道が通り、周山はその宿場町としても発展しました。
山間部の小さな酒蔵ですが平成9年から地ビール「周山街道」の醸造を始め、蔵ではビアハウスも併設しています。

立ち香はふくよかで甘美さを持っていますが、飲み口は都会的な洗練された淡麗辛口のお酒です。燗にすると、まず鼻につく香りは一切ありませんが、極めて淡麗でやや苦味・渋味が顔を出しますが、全体的にスッキリとした飽きの来ないお酒でした。このお酒は冷やで飲んだほうが舌にやさしい甘みが乗ってうまいです。

お気に入り度:3

京北山 本醸造 [羽田酒造]_f0138598_9433020.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
タグ:
by tztom | 2012-12-23 09:44 | 京都 | Comments(0)

醸造元:宝酒造株式会社
URL:http://www.takarashuzo.co.jp/
住所: 京都市伏見区竹中町609
電話: 075-241-5120
精米歩合:60%(-)
日本酒度:+2.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:1,800ml:2,229円(税込み)

言わずと知れた宝酒造は清酒「松竹梅」や「寶本みりん」、焼酎「純」などで知られる大手の総合酒造メーカです。ちなみに焼酎はトップシェア。このブログは小さな地酒蔵をメインにしていますが、大手も避けては通れません。と、いうか一応飲んでおかないと。
宝酒造は江戸末期の天保13年(1842)に京都伏見で四方家が興した個人商店「四方合名会社」がその前身で、関東大震災後の1925年に現在の「宝酒造」に改称。今や日本各地に醸造工場を持ちますが、なかでも清酒部門の「白壁蔵」は神戸・灘に構える醸造所で「手造りの清酒」をテーマに、生もと造りや山廃造りを用いて吟醸酒や純米酒などの高品質酒を専門にしています。酒銘にもなっているこの蔵の杜氏・三谷藤夫は国による「現代の名工」に選ばれた人物です。

山廃仕込みの純米酒ですが、山廃独特のクセや香りは一切ありません。淡麗で旨みのある辛口酒で大変飲みやすい。雑味が無く透明感のある飲み口ですが、燗にすると旨さが大いに増して酒も料理も止まりません。うまいお酒です。さすが、うまい。

お気に入り度:4

三谷藤夫 白壁蔵山廃純米 [宝酒造]_f0138598_23421032.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2012-12-20 23:43 | 京都 | Comments(0)